おすすめ人気オープンカー 2016 ~価格帯別 ~

S660_エクステリア斜め横

本記事では、2016年度のおすすめ人気オープンカーを価格帯別にご紹介します。また国産車・輸入車の最新モデルだけでなく、前モデルのお買い得な中古オープンカー(50万円~)についてもご紹介します。

オープンカーは『爽快なドライブ』が何よりも楽しい車種であり、スポーツタイプがほとんどを占めます

オープンカーはルーフ付きのモデルと比べて強度が不足する分、高価なボディ補強パーツが多用されています。このため、新車価格が400万円を超える車が大半を占めるため、高級車のような位置付けになっています。

趣味性が著しく高いことから、セカンドカー用途として、お金持ちのクルマとしてのステータス性もアピールできます。

国産のオープンカーといえばロードスターやコペン、S660などがとても有名で価格も庶民的なのですが、それらを除くと輸入車(外車)のラインアップが豊富になっています。

本記事では価格帯を考慮して、新車だけでなく中古車も含めて人気オープンカーをご紹介していきたいと思います。

個人的には、車両価格が650万円付近が分岐点となり、650万円までは中古車も考慮、650万円以降は新車(あるいは未使用車)をメインとして考慮するのがおすすめです。

また数年落ちの現行輸入車であれば、新車よりもかなりお値打ちになっていることがありますので、狙い目だと思います。

輸入車につきましては、北米自動車誌 Motor Trend や BEST CARS などの海外メディアの情報を積極的に取り入れています。

 
2016年10月3日更新

本記事に記載しているカタログデータは、日本有数の掲載在庫台数を誇るカーセンサーを参照しております。

Pocket
LINEで送る


50万円~350万円

【マツダ】ロードスター 
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=BUvW1R8seOI


新車価格: 220万円~325万円

カタログデータ


国産オープンカーといえば、まずはコレ!というほど人気の車です。日本では2年連続でカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

また日本のみならず、世界中でも『おすすめのオープンカー』として評判です。特に北米自動車メディア『Motor Trend』のベスト・スポーツカーコンテストでは、新車価格が1000万円クラスの車がほとんどの中、ベスト3にランクインしています。

2015年度のベスト・高級スポーツカー: パート1 ~ Motor Trend

人馬一体という意味ではMTの方がしっくりきますが、ハンドリングに専念でき、気軽にドライブを楽しめるATも良いですね。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=5lh6w6RaFYQ

 
※本ブログのオリジナル動画です。

エンジン音にもこだわりのチューニングが施されていますので、ついつい高回転まで回したくなるクルマです。

ご参考:意外!? 新型ロードスターの迫力スポーツサウンドはまさかの“アレ”が奏でていた!(カーセンサー.net)

中古車市場では、旧型モデルが50万円程度から手に入りますので、程度の良さそうな車を探してみるのも手ですね。

旧型モデルには、幌のタイプだけでなく、電動式ハードトップ(RHT)のモデルもあります。


チェックボックス旧型ロードスター(電動式モデル)の在庫車をチェック!


目次に戻る

 

【ダイハツ】 コペン
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=mI_pvalAHdQ


新車価格: 185万円~202万円

中古車価格:135万円~(現行)

カタログデータ


コペンはオシャレなオープン・軽スポーツカーです。

ルーフトップは電動式となっているため、手軽にルーフのオン・オフができます。

また高級なオープンカーが多い中、コペンは軽自動車として購入・維持がしやすいのも魅力ポイントです。

新型モデルは高速道路で普通に走れてしまうほど安定感があり、遠出もできてしまいます。

新型モデルには丸目モデル(コペン セロ)と、精悍な顔つきのコペン ローブ、エクスプレイがあります。

フェラーリ458とのツーショットでも、負けず劣らずの迫力があります。

コペン&フェラーリ

新型モデルの発売に伴い、旧型モデルのお値段が安くなっているようですね。今なら旧型モデルが50万円程度から手に入ります。


チェックボックスコペンの中古車をチェック!


 

【ホンダ】 S660
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=ZCDer6ZpBIw


新車価格: 198万円~238万円(2015年4月のモデル)

燃費: 21.2~24.2 km/l

カタログデータ


ホンダの軽スーパーカーです。ミッドシップエンジンを搭載していて、街中では思うように旋回できます。

スポーツカーとしてはしなやかな足回りとなっていますので、街中での乗り心地は結構良いです。

ルーフはソフトトップ(幌)になっていて、出し入れに20~30秒を要します。

6速MTのモデルに加えて、パドルシフトの操作が楽しい7速AT(CVT)のモデルもあります。

エクステリアも造形もかなり凝っていて、そのまま大きくすればスーパーカーですね。

S660_バック

レビュー記事:ホンダ S660の魅力: 究極の軽スーパーカー


チェックボックスS660の中古車をチェック!


350万円~650万円

【メルセデス・ベンツ】SLK
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=s5YhB47KYdc


新車価格: 495万円~665万円

中古車価格:278万円~598万円

カタログデータ / 中古車


メルセデス・ベンツのコンパクト・オープンカーです。ルーフトップは電動式となっています。

横幅は1.84メートと貫録のあるサイズですが、全長が4.15メートルと短く、最小回転半径が4.8メートルですので、かなり小回りが効きます。

エンジンには1.8リッターエンジン(スーパーチャージャー搭載)以外にも、3.5リッターNAや5.5リッター(AMG)の大排気量モデルがあります。

2004年モデルは100万円台~、1997年モデルは格安価格で購入できます。詳しくは、以下の記事が参考になるかと思います。

ちなみに高級感&存在感抜群の輸入車オープンカー(中古)であれば、BMW Z4もお買い得になっています。詳しくは、以下のページをご参照ください。


目次に戻る

【レクサス】IS コンパーチブル
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=yszQnn9C3MU


新車価格: 495万円~665万円

中古車価格:228万円~495万円

カタログデータ / 中古車


トヨタのラグジュアリーブランド『レクサス』のオープンカーです。スポーツセダン『IS』のコンバーチブルであり、電動式ハードトップになっています。

ISと同様に、4シータとなっていて、大人が4人乗ることもできます。トランスミッションはフロアMTモード付きAT(パドルシフト付き)となっています。

静粛性の優れた車ですので、高速道路での運転も静かで快適です。

普段はふつうの4人乗りスポーツセダンであり、オープンの時には特別な車に変わるというのも面白いですね。

中古車市場ではおおむね200万円台から購入することができ、耐久性も優れている車なので、実用性+快適性を重視する方におすすめです。


目次に戻る

 

【アウディ】TT ロードスター
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=niEZBzvvIgg


新車価格: 495万円~665万円

中古車価格:228万円~495万円

カタログデータ / 中古車


アウディのスタイリッシュなオープンカーです。エクステリアのデザイン性や内装のクオリティ、走行安定性などが特に優れています。

地面に張り付くような剛性感たっぷりの走りや、6速Sトロニックのクイックな変速も素晴らしいです。ルーフは電動式ソフトトップとなっています。

2015年8月にモデルチェンジがあり、ひとつ前のモデル(2007年6月~)であれば概ね100万円台から購入できます。

2001年9月以前のモデルには5速MTが搭載されていますので、MT好きの方であれば程度の良さそうな中古車を探してみるのも良さそうですね。


目次に戻る

 

650万円~1000万円

【アウディ】A5 ガブリオレ
https://www.youtube.com/watch?v=Eq8fHi_aqCk


新車価格: 648万円~784万円

中古車価格:300万円~598万円

カタログデータ / 中古車


エレガントで上品なプロポーションが魅力的な、アウディのラグジュアリー・オープンスポーツカーです。

アウディの重厚かつ軽快な走りはA5 ガブリオレでも健在であり、実用性や快適性、安全性も考慮された万能モデルとなっています。

1日レンタルで体感したところ、一番驚いたのが2リッター・ターボで車両重量が1860キロもあるのに、出足が羽のように軽いことです。

また4シーターで成人男性4人が十分に座れるスペースがあり、ルーフを閉じた状態でも約320リットルのトランク容量を確保していますので、スポーツタイプの車としては実用性があるところもポイントです。

ルーフは電動式ソフトトップであり、時速50キロ以下であれば走行中に開閉することができます。耐久性を考慮すると、基本は停止中にソフトを操作するのがベターですが、いざというときには頼もしいですね。

安全面においても、緊急時にはロールオーバーが乗員を保護するようになっています。


目次に戻る

 

【ポルシェ】ボクスター
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=R02G3zc7U5Y


新車価格: 584万円~1012万円

カタログデータ / 中古車

※動画のモデルは、2016年の最新モデル(718)です。


車好きから抜群の人気を誇るポルシェのライトウェイト・オープンカーです。

ドライバーの意図に素直に反応する、人馬一体感を体感できる車であり、走りをとことん楽しみたい方に一押しの車です。

一貫したスタイルを保ちながら、モデルチェンジごとに着実に改良を重ねていくところも高く評価されています。

またブレーキング性能・旋回安定性はスポーツカーの中でもトップクラスです。

ご参考:ポルシェ ボクスターの評判&レビュー


目次に戻る

 

【BMW】4シリーズ ガブリオレ

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=7YILNQu4UZM


新車価格: 826万円~895万円

カタログデータ / 中古車


BMWのプレミアム・ミドルクラスのオープンカーです。ルーフは電動式ハードトップです。

3リッター6気筒エンジンを搭載しており、0-100km/hは5秒台前半に達するほどエンジンパワーに余裕があります。

8速ATもスムーズですし、ブレーキ性能や旋回性能もスポーツカークラスの優れた性能があります。


目次に戻る

 

1000万円~2000万円

【ジャガー】Fタイプ
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=zCmsfhAvcyo


新車価格: 950万円~1250万円

カタログデータ / 中古車

※動画はクーペ(タイプR)モデルです。


エレガントでスタイリッシュなプロポーションが魅力的な、ジャガー待望のオープン・スポーツカーです。

欧州車とはまた一味違った刺激的なドライブを楽しむことができます。

ワイド&ローなボディで取り回しが良く、8速ATは機敏ですし、加減速は滑らかでターボラグもほとんどありません。

ディーラーが少ないのがやや難点ですが、スポーツカーとしての出来はかなり良いです。

495馬力を出力するV8エンジンを搭載したモデル(V8 S)のエンジンサウンドが素晴らしく、またバブリングと呼ばれる臨場感あふれるサウンドを奏でます(ワンボタンで強弱を切り替え可能です)。


目次に戻る

 

【シボレー】コルベット コンバーチブル
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=Yu9RU4G4KdY


新車価格: 989万円~1502万円

カタログデータ / 中古車


スポーツカー最速クラスのアメリカン・オープンカーです。

Z06は、日産GT-Rやポルシェ911 GT3 Rなどの市販車最速クラスのスポーツカーと凌ぎを削る走行性能を誇ります。

6.2リッターV8のスーパーチャージドエンジンが搭載されており、最高659馬力、最大トルク89.8 kg・mを出力するモンスターマシンです。

0-100km/hはFR最速クラスの約2.95秒(公式クーペのデータ)、ブレーキングパフォーマンスは世界最高レベルです。


目次に戻る

 

【ポルシェ】911 ガブリオレ
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=eaGwC4it9t8


新車価格: 1359万円~2787万円

カタログデータ / 中古車


ポルシェの最高峰スポーツカー911シリーズのオープンモデルです。電動式ソフトトップが採用されています。

スポーツカーとしての洗練された走りが世界的に評価されていて、ケイマンやボクスターとは一味違ったRRならではの独特のドライブ感覚があります。


目次に戻る

 

2000万円~3200万円

【メルセデス・ベンツ】SL AMG
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=FODyvNHoMY8


新車価格: 1980万円~3670万円

カタログデータ / 中古車


メルセデス・ベンツの最高峰オープン・スポーツカーです。ルーフには電動式ハードトップが採用されています。

Sクラスのゴージャスかつ最先端の装備に加えて、AMGチューンが施されており、スポーツカーとしても街中では持て余す性能があります。


目次に戻る

 

【アウディ】R8 スパイダー
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=yXGdVHgaGoY


新車価格: 2194万円~3064万円

カタログデータ


アウディの最高峰スーパースポーツカーです。ルーフには電動式ソフトトップが採用されています。

高級感漂う独特のデザインと、迫力のエンジンサウンド、最先端のLEDヘッドランプや流れるように光るテールランプなども魅力的です。

最高525馬力、最大トルク54 kg・mを出力する5.2リッターV10エンジンを搭載しています。


目次に戻る

 

【フェラーリ】カリフォルニア T
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=tDj3G2Yrpg0


新車価格: 2450万円

カタログデータ


数々の憧れのスーパーカーを生産している『フェラーリ』のオープン・スポーツカーです。ルーフには電動式ハードトップが採用されています。

3.9リッターV8のツインターボエンジンを搭載しており、最高出力560馬力(7500rpm)、最大トルク77kg・m(4750rpm)を出力します。


目次に戻る

 

3200万円~4000万円

【マクラーレン】650S スパイダー
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=EvsG0zXnLN4


新車価格: 3400万円

カタログデータ


世界トップクラスのオープン・ラグジュアリースポーツカーです。電動式ハードトップが採用されています。

3.8リッターV8のツインターボエンジンを搭載しており、北米メディア Motor Trendのテストでは0-60 mph(≒0-100km/h)で3.0秒、ゼロヨンで10.7秒を記録しています。

また旋回性能が非常に優れています。


目次に戻る

 

4000万円~

【ランボルギーニ】アヴェンタドール ロードスター
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=ql94IYUrwXY


新車価格: 4660万円~5759万円

カタログデータ

※動画のモデルは、ニュルブルクリンクで6分59秒73を記録した、アヴェンタドール LP 750-4 SVです。


ランボルギーニの最高級スポーツカーである『アヴェンタドール』のオープンモデルです。

数々のスーパーカーがターボを採用する中、6.5リッターV12気筒の自然吸気エンジンを搭載しています。


目次に戻る

 

【ポルシェ】918 スパイダー
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=3fnTZKvX5jg


新車価格: 約1億万円


マクラーレンP1やラ・フェラーリと並ぶ世界最高峰のプラグインハイブリッド・スーパーカーです。最高速度は345km/h、ゼロヨンは約10秒です。

またMotor Trendの加速テストにおいて、0-60 mph加速で2.4秒(世界2位)、旋回テストで22.2秒(世界トップ)を記録しています。


目次に戻る

 

Pocket
LINEで送る

まとめ


世界中のオープンカーの中から特に評判の良い車を厳選して、ご紹介しました。

最近のオープンカーはほとんど電動式のルーフトップになっていて、軽量なソフトトップと剛性や静粛性を重視したハードトップに分かれるようですね。

オープンカーの爽快感はほかの車種では味わえない独特のものですので、一生に一度はオーナーとして所有したいところですね!

目次に戻る


本記事が参考になりましたら幸いです。

以下の記事も人気があります。

100万円以下のおすすめ中古セダン・クーペ 2015

高級車の人気ランキング 2015

 


この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

Pocket
LINEで送る


車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、こちら(本ブログ記事)をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆関連記事☆

トップページに移動

最新記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.12.3 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ