スポーツカーと一般車の限界性能を比較!その差はどれぐらい?

XE S

スポーツカーといえば、「加速する」・「曲がる」・「止まる」の性能が優れている車種ですが、今回は最近のスポーツカーが実際にどれぐらい凄いのかをまとめることにしました。

上記3項目に対応する指標として、海外メディアでは以下のデータがよく利用されています。

  • 0-100 km/h: 停止状態からフル加速で時速100キロまで到達するまでの時間
  • 最大横加速度(G):高速旋回性能を示す指標(数値が高いほど良い)
  • 100-0 km/h: 時速100キロからのフルブレーキで完全停止するまでの距離
  • 112-0 km/h: 時速112キロからのフルブレーキで完全停止するまでの距離

0-100 km/hと100-0 km/hは「PDriveTV」、最大横加速度と112-0 km/hは「Car and Driver」のデータを参照元としました。

各テストでは、さまざまな設定のもと複数回テストが実施され、そのうちのベストの値が採用されています。

0-100 km/hは10秒を切れば速い方です。最大横加速度は0.8以上あれば優秀です。また100-0 km/hについては、自動車アセスメントのデータを見る限りでは、おおよそ40メートル未満であれば優秀であるといえます。

まずは一般的なクルマとして、2016年にフルモデルチェンジされたプリウスのデータについて見ていきたいと思います。

プリウスの性能データ

  • テスト車: FF, 1375 kg
  • 0-100 km/h: 11.42秒
  • 最大横加速度: 0.82 g
  • 100-0 km/h: 40.97メートル
  • 112-0 km/h: 54.86メートル

新型のプリウスは、TNGAと呼ばれる新設計の骨格が採用され、旋回性能が向上しています。

加速性能は速くはないものの、出足から徐々にパワーダウンしている感じで、街中でも扱いやすい特性ですね。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=zKNd2uaGCZo&t=140s

 

続いて、走りの良さに定評のあるマツダ アテンザ 2.5S(336万円)のデータについて見てみましょう。

アテンザ 2.5Sの性能データ

  • テスト車: FF, 1425 kg
  • 0-100 km/h: 8.34秒
  • 最大横加速度: 0.87 g
  • 100-0 km/h: 39.35メートル
  • 112-0 km/h: 52.46メートル

2.5リッターのNAエンジンを搭載した、マツダのフラグシップセダンです。

大きめのセダンですので、街中をキビキビと走るクルマではありませんが、一般車の中では上位の限界性能を持っているといえます。

カーブの連続した高速道路などでは、とても安定した走行性能を発揮します。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=CWOAvnpgDkQ

 

ここからスポーツカーの性能データを確認していきましょう!まずはトヨタのスポーツカー「86」(262万円~)からです。

86(MT)の性能データ

  • テスト車: FR, 1216 kg
  • 0-100 km/h: 7.46秒
  • 最大横加速度: 0.89 g
  • 100-0 km/h: 38.17メートル
  • 112-0 km/h: 49.07メートル

ライトウェイトなスポーツカーとしては、全体的に限界性能が高いですね。

高回転時に最高200馬力(AT)を発揮するこの2リッターNAのエンジンをどう扱うのかがミソですね。

もう少し低回転時からパワーがあっても、シャシー性能としては余裕で耐えられそうです。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=OSKfcezW_1Y

 

続いて、スバルのフラグシップスポーツカーであるWRX STI(379~411万円)はどうでしょうか?

WRI STI(6速MT)の性能データ

  • テスト車: AWD, 1497 kg
  • 0-100 km/h: 5.20秒
  • 最大横加速度: 0.93 g
  • 100-0 km/h: N/A (未公開)
  • 112-0 km/h: 46.63メートル
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=U33peFmTx44

 

性能バランスがとても良いですね。このあたりから、街中では性能を持て余すようになります。

ちなみに国産車ではランサーエボリューションXが同じぐらいの性能を持っています。


もうひとつ、ラグジュアリー・スポーツセダンのレクサスGS Fの性能も挙がっていましたので、チェックしてみました。

GS F(8速AT)の性能データ

  • テスト車: FR, 1825 kg
  • 0-100 km/h: 5.08秒
  • 最大横加速度: 0.93 g
  • 100-0 km/h: 37.49メートル
  • 112-0 km/h: 48.76メートル

ラグジュアリーカーでもありますので、車両重量が1825キロとヘビーであるハンディキャップを持っていますが、基本性能はWRX STIやランエボ10と同じぐらいで優秀です。

0-160 km/hなどのデータを見ると、最高477馬力を出力する5リッター・V8のパワフルなエンジンを積んでいる分、時速100キロを超えたあたりからの高速域ではGS Fはかなり速いようです。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=6dZ_vbf6r1s

 

続いて、ジャガーの最新技術が詰め込まれた、エントリーセダンであるXEのハイパワーモデル「S」の性能も公開されていましたので、チェックしてみました。

ジャガーXE S(8速AT)の性能データ

  • テスト車: FR, 1597 kg
  • 0-100 km/h: 5.26秒
  • 最大横加速度: 0.96 g
  • 100-0 km/h: 36.75メートル
  • 112-0 km/h: 46.02メートル

FRとしてのアドバンテージもあり、最大横加速度が1G近くまでに達しています。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=ic_yh30N1q4

 

次に、スポーツカートップレベルの性能を持つクルマをチェックしてみましょう。

国産スポーツカー最速候補といえば、まずはGT-Rが挙げられるかと思います。

GT-R ニスモ(2015年モデル)の性能データ

  • テスト車: AWD, 1720 kg
  • 0-96 km/h: 2.9秒
  • 最大横加速度: 1.02 g
  • 100-0 km/h: N/A
  • 112-0 km/h: 46.32メートル

GT-Rの強みと言えば、トラクションコントロールが抜群であり、0-96 km/hでは2秒台に達しています。

2017年式のニスモモデルは、これよりも性能が向上しているはずですので、今後のテストデータが気になるところです。

ご参考:日産 R35 GT-Rのレビュー:日本が世界に誇るピュア・スポーツカーの実力に迫る!


また新型NSXの性能はどうでしょうか?

NSX(2017年モデル)の性能データ
NSX

  • テスト車: AWD, 1754 kg
  • 0-96 km/h: 3.1秒
  • 最大横加速度: 1.06 g
  • 100-0 km/h: N/A
  • 112-0 km/h: 43.28メートル

革新的なハイブリッドシステムを搭載したスポーツカー、ということで発売前から注目を集めていましたが、GT-Rと比べても、負けず劣らずの基本性能を有していることがわかります。

重いクルマの割には、ブレーキング性能が強力であることがわかります。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=dwD-WeY6Ivs

続いて、GT-Rとしのぎを削り続けている高性能アメリカン・スポーツカー「コルベットZ06」の性能データをチェックしてみました。

コルベット Z06の性能データ
コルベット

  • テスト車: FR, 1641 kg
  • 0-96 km/h: 3.3秒
  • 最大横加速度: 1.14 g
  • 100-0 km/h: N/A
  • 112-0 km/h: 42.06メートル

FRゆえにスタートダッシュではGT-RやNSXに遅れを取りますが、高速旋回性能やブレーキング性能はスポーツカートップクラスです。


ここまではNSXを除いて1000万円台のスポーツカーでしたが、続いて2500万円以降のスポーツカー(一般にスーパーカー)の性能も見ていきましょう。

スポーツカーといえばポルシェ!まずは公道最速のポルシェであるターボSの性能をチェックしてみましょう。

911 ターボS(2017年モデル)の性能データ

  • テスト車: AWD, 1616 kg
  • 0-96 km/h: 2.6秒
  • 最大横加速度: 1.06 g
  • 100-0 km/h: N/A
  • 112-0 km/h: 42.36メートル

ターボ車最速クラスのダッシュ力に、強力なブレーキング性能を有していることがわかります。


911 ターボSのライバル的な存在といえば、同価格帯のマクラーレン570SとアウディR8(V10 Plus)が挙げられます。

マクラーレン570S(2016年モデル)の性能データ

  • テスト車: FR, 1446 kg
  • 0-96 km/h: 2.9秒
  • 最大横加速度: 1.06 g
  • 100-0 km/h: N/A
  • 112-0 km/h: 43.89メートル

北米を代表する有力自動車メディア「Motor Trend」のコンテストにおいて、2016年度のベスト・ドライバーズカーとして1位に輝いているスポーツカーです。

非常に軽量なボディを持ち、FRのスポーツカーとしては最速クラスの加速性能があります。高速旋回性能とブレーキング性能ともに優秀で、総合的なバランスが良いですね。

ライバルに比べて100キロ以上軽い、というのは大きなアドバンテージになっているようです。


そしてアウディR8はどうでしょうか?

アウディR8(2017年モデル)の性能データ
アウディR8公式

  • テスト車: AWD, 1671 kg
  • 0-96 km/h: 2.9秒
  • 最大横加速度: 1.00 g
  • 100-0 km/h: N/A
  • 112-0 km/h: 46.63メートル

2016年度のワールド・パフォーマンス・カー部門で1位に輝いたスポーツカーです。同賞に3度も受賞している、世界的に評価されているクルマです。

Motor Trendの0-96 km/hテストでは2.6秒を記録しています。

アイドリング中の騒音レベルが、マクラーレン570Sが63 dBA、ポルシェ911 ターボSが61 dBAなのに対して、アウディR8は48 dBAで静かなのも特徴的です。


アウディR8とくれば、各種パーツを共有しているランボルギーニ ウラカンの性能も気になるところです。

ウラカン LP610-4の性能データ

  • テスト車: AWD, 1552 kg
  • 0-96 km/h: 2.5秒
  • 最大横加速度: 1.01
  • 100-0 km/h: N/A
  • 112-0 km/h: 43.89メートル

「Car and Driver」の0-96 km/h テストでは、NA最速の2.5秒を記録しています。


そして公道で走れる最速のクルマとして、1億円オーバーのプラグイン・ハイブリッドカーであるポルシェ 918 スパイダー、マクラーレン P1、フェラーリ ラ・フェラーリがあります。

1億円オーバーの超高級スーパーカー ランキング 2017

まとめ

一般車の性能から、最速クラスのスポーツカーまでの性能を一挙にまとめてみました。

加速・コーナリング・ブレーキ性能のランキングにつきましては、以下の記事も参考にしていただけるかと思います。

本記事が皆さまの参考になりましたら幸いです。

以下の記事も人気があります。

Pocket
LINEで送る

☆関連記事☆

トップページに移動

最新記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。また、研究で培ったデータ分析ノウハウを活用して、なるべく偏りがなく、信頼できるデータを利用しています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです

現在は過去記事をブラッシュアップしつつ、今後に向けて準備を進めているところです。



2016.1.9 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ