BMWのクルマはどれぐらい速い?全車種の加速ランキングを一挙公開!

BMW i8 オフィシャル

BMWといえば「駆け抜ける歓び」を掲げていることで有名ですよね。

BMWでは、オーバースペック気味のエンジンを積むことを良しとせず、前後重量配分やシャシー、足回りのバランスを重視してクルマが設計されています。

クルマの剛性感や直進安定性が高いと、アクセルを思い切って踏み込みやすく、カタログ数値以上のパワーを感じやすくなります。

BMWはエンジン開発に長けていることもあって、エンジンのラインアップが豊富なのも特徴的です。

本州仕様と異なり、日本向けにはエンジン排気量が小さめのグレードが用意されています。

今回は、BMWのクルマの中から、以下の条件に基づいて加速ランキングを作成しました。

  • 全車種の中から、最も速いグレードのクルマをピックアップ
  • 評価指標は0-60 mph(≒0-100 km/h)
  • 高性能Mモデルとアルピナは別枠扱い

データは「0-60 mph」を参照していますが、馴染みのない方が多いと思いますので、「0-100 (km/h)」と記載しています。

また「CAR and Driver」や「Motor Trend」などのテストメディアの中から、ベストの記録を参照しています。

0-100 km/h テストとは、停止状態からフル加速で時速100キロに到達するまでの加速テストを表します。目安につきましては、「【2016】国産車・輸入車の0-100km/h加速 etc.!」をご覧ください。

BMWの車種は、Xから始まるのがSUV、Zがオープン専用、iが次世代シリーズ、Mが高性能スポーツモデルです。アルピナにつきましては、複雑さを避けるため、一部のみを記載しました。

ちなみに、各車種について、ブログ管理人の個人的な見解も示しておきました。馬力はPS表記(仏馬力)です。

なお、国内版は4WDのxDriveが無いグレードもあります。極力配慮していますが、0-60 mphのデータに若干差が出るケースもございます。あらかじめご了承ください。

2016年12月2日更新
 

第24位:120i

BMW 120i Sport 正面から撮影

  • 0-100: 7秒台
  • 最高出力:177馬力
  • エンジン:1.6L・4気筒ターボ
  • 車両重量:1440 kg
  • カタログデータ

BMWのエントリーとなる、ハッチバックタイプのクルマです。

レンタカーで借りたことがありますが、数値に表れない加速の気持ちよさがあるクルマです。ハンドリングもスポーティです。

コンパクトカーといっても全幅は1765ミリあり、国産コンパクトカーと比べて幅広です。

ちなみに2リッター・ディーゼルの118dは0-96.6km/hで8.8秒ですので、0-100換算すると9秒を若干超えるぐらいになります。非ディーゼルの118iは9秒中盤といったところです。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=st1QH7o717g

 
 

第23位:i3

bmw i3

  • 0-100: 6.8秒
  • 最高出力:170馬力
  • エンジン:0.65L・2気筒バルブ+モーター
  • 車両重量:1260-1390 kg

BMWのラインアップで最もコンパクトなクルマです。

環境を考慮したプラグイン・ハイブリッドカーですが、ハンドリングが俊敏であり、0-60 mphでは6.8秒と中々の瞬足を誇ります。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=AIyw9peM3-U

 
 

第22位:225i アクティブツアラー Mスポーツ
  • 0-100: 6.5秒
  • 最高出力:231馬力
  • エンジン:2L・4気筒ターボ
  • 車両重量:1600 kg

BMWのコンパクトサイズかつ長距離移動も快適にこなせるクルマです。

225iの新車価格は519万円ですので、ふつうに高級車です。

トルクフルなエンジン、スポーティなハンドリング、広いトランクスペースなどが特徴的です。

2リッター・ディーゼルターボの218dは8.8秒です。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=09ExE0GIA7s

 
 

第21位:X1 xDrive25i xライン

BMW X1

  • 0-100: 6.5秒
  • 最高出力:231馬力
  • エンジン:2L・4気筒ターボ
  • 車両重量:1660 kg

BMWのエントリークラスのSUVです。28iが最速ですが、日本では発売されていませんので、次点の25iについて記載しています。

スポーティなハンドリングと、後部座席および積載スペースの広さが売りです。

全幅1820mm、全長4455mmのサイズは、日本の道路では程よいぐらいのサイズ感です。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=93oySDgshxY

 
 

第20位:X3 xDrive35i
  • 0-100: 5.3秒
  • 最高出力:306馬力
  • エンジン:3L・6気筒ツインターボ
  • 車両重量:1900 kg

BMWのコンパクトクラスのSUVです。ただ全幅1880mm、全長4665mm、全高1675mmなので結構大きいです。

パワフルなエンジンと機敏なハンドリングに加えて、積載スペースも広いです。

ちなみにx28iの0-60 mphは6.1-6.2秒を記録しています。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=PQODk8oULhA

 
 

第19位:340i Mスポーツ

BMW 3シリーズ

  • 0-100: 4.7秒
  • 最高出力:326馬力
  • エンジン:3L・6気筒ターボ
  • 車両重量:1660 kg

BMWの3シリーズのセダンです。全幅1811mm、全長4645mmのサイズは、日本ではちょうど良いサイズ感があります。

ライバルのアウディA4やメルセデス・ベンツCクラスと比べて、シャープなハンドリングや後部座席の広さが特徴的です。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=1iT4pfqjAYE

 
 

第18位:X4 M40i
  • 0-100: 4.7秒
  • 最高出力:365馬力
  • エンジン:3L・6気筒ツインターボ

BMW X4の高性能スポーツMモデルです。動画では時速260キロまでの加速シーンをご覧いただけます。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=fzc0epKm8NU

 
 

第17位:X6 xDrive50i
  • 0-100: 4.6秒
  • 最高出力:450馬力
  • 最大トルク:66.3kg・m/2000~4500rpm
  • エンジン:4.4L・8気筒ツインターボ
  • 車両重量:2270 kg

クーペスタイルの最高級SUVです。都会派のSUVとして、一目でX6だとわかるルックスが特徴的です。

2トンを軽く超える車両重量ではありますが、パワフルなエンジンを搭載していますので、グイグイは加速します。

このサイズのSUVの中では、機敏なハンドリング性能を有しています。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=ZcaEWfiMhDU

 
 

第15位:M135i
  • 0-100: 4.6秒
  • 最高出力:326馬力
  • エンジン:3L・6気筒ターボ
  • 車両重量:1560 kg

BMWのコンパクトカー(ハッチバック)の高性能モデルです。

全幅1765mm、全長4340mmのコンパクトボディに、326馬力を出力するパワフルなエンジンを積んでいます。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=Gsbq35yU1ks

 
 

第15位:X5 xDrive50i
  • 0-100: 4.6秒
  • 最高出力:450馬力
  • エンジン:4.4L・8気筒ツインターボ
  • 車両重量:2300-2350 kg

BMW X5は、ミドルサイズのラグジュアリーSUVです。

イキイキとしたハンドリング、パワフルなエンジン、包み込むようなフロントシートが評価されています。

欠点としては、ライバル車よりも少ない積載量が挙げられます。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=spkyCq0R5MI

 
 

第14位:Z4 sDrive35is

BMW Z4 サイドビュー

  • 0-100: 4.3秒
  • 最高出力:340馬力
  • エンジン:3L・6気筒ツインターボ
  • 車両重量:1600 kg

BMWの2シーター・オープンカーです。駆け抜ける歓びを風で直に体感できるクルマです。

加速性能を含めて、BMWのMシリーズと同等の走行パフォーマンスがあります。

これだけロングノーズのクルマは珍しく、街中で運転していると結構注目を集めます。

以下の動画では、メーター読みで時速262キロまで加速しています。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=fRVs1iCitzo

 
ちなみに初代のコンパクトなZ3(M ロードスター)は、0-60 mphで4.4秒を記録しています。

 

第11位:750i xDrive
  • 0-100: 4.2秒
  • システム最高出力:450馬力
  • エンジン:4.4L・8気筒ツインターボ
  • 車両重量:2070 kg

BMWの最高級セダンです。この7シリーズは、2016年度のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、ラグジュアリーカー部門で1位を獲得しています。

7シリーズの評価ポイントとしては、乗り心地とハンドリングのバランス、時代を先駆けた最先端技術、後部座席と収納スペースの広さ、などが挙げられます。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=OURnUbug9xk

 
 

第11位:650i
  • 0-100: 4.2秒
  • 最高出力:450馬力
  • エンジン:4.4L・8気筒ツインターボ
  • 車両重量:1920 kg

BMWの高級クーペです。2016年度のアルピナシリーズのB6 グランクーペは、0-60 mphにおいて3.5秒を記録しています。

この6シリーズは、パワフルで洗練されたエンジンと、使いやすいインフォメーションシステムが特に評価されています。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=XI-5xvriWX4

 
 

第11位:550i
  • 0-100: 4.2秒(est.)
  • 最高出力:450馬力
  • エンジン:4.4L・8気筒ツインターボ
  • 車両重量:1960 kg

BMWのミドルクラスとなる、5シリーズの高級セダンです。上位の7シリーズの750iと同じエンジンを搭載しています。

0-60 mphのデータは見つかりませんでしたが、車両重量が750iより軽い分、4.2秒以下になることが予想されます。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=GA6ctJOn-_4

 
 

第10位:アルピナ B3 Biturbo ツーリング
  • 0-100: 4.1秒
  • 最高出力:410馬力
  • エンジン:3L・6気筒ビ・ターボ
  • 車両重量:1650 kg

BMWの3シリーズをベースに開発された、アルピナシリーズの高性能セダンです。

性能の底上げだけでなく、快適性を含めたラグジュアリー感が大幅パワーアップしています(お値段も)。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=OPRpapwgAEQ

 
 

第9位:BMW M2

BMW M2 front
(出典: youtube.com/watch?v=wP5z2cJ5aqk)

  • 0-100: 4.0秒
  • 最高出力:370馬力
  • エンジン:3L・6気筒ターボ
  • 車両重量:1580 kg

BMWの高性能スペシャリティ・クーペです。上位のM3やM4と比べて、日本の街中でより運転しやすいサイズです。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=smJ9eNAdihs

 
ご参考:BMW M2 の完成度は、M4を上回るレベルなのか?
 

第7位:アルピナ B7
  • 0-100: 3.8秒
  • 最高出力:608馬力
  • エンジン:4.4L・V8気筒ビ・ターボ

BMW最高峰セダンの7シリーズをベースに、エレガントさに磨きをかけたクルマです。

0-60 mphにおいては、750iよりも0.4秒速い、3.8秒を記録しています。

加速シーンの動画はありませんでしたので、代わりにオフィシャル動画を張り付けておきます。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=ArgN0kZrECM

 

 

第7位:BMW X5 M
  • 0-100: 3.8秒
  • 最高出力:575馬力
  • エンジン:4.4L・8気筒ツインターボ
  • 車両重量:2360 kg

BMW X5の高性能スポーツモデルです。クーペスタイルのX6とは違い、実用性を重視したつくりになっています。

以下はオーボードカメラからの動画です。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=4Cd4YEAh_hE

 
 

第5位:X6 M

BMW X6

  • 0-100: 3.7秒
  • 最高出力:575馬力
  • エンジン:4.4L・8気筒ツインターボ
  • 車両重量:2330 kg

BMWの最高級SUVである「X6」の高性能Mモデルです。

大柄ボディながらも、クーペのようにスタイリッシュなエクステリアが特徴的です。

巨大なクーペという感じで、街中ではかなり目立ちます。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=g9S-xnboigI

 
ライバルのメルセデス・ベンツ GLE 63 AMG Sと性能面で拮抗しています。

最新SUV・クーペの限界性能はどれぐらい高いのか~BMW X6 M 対 Gメルセデス・ベンツGLE 63 AMG S
 

第5位:i8

BMW i8 オフィシャル

  • 0-100: 3.7秒
  • システム最高出力:362馬力
  • エンジン:1.5L・3気筒ターボ+モーター
  • 車両重量:1500 kg

未来のクルマを感じさる、BMWのプラグイン・スペシャルクーペです。

スーパーカーらしく、ガルウィングのように開くドアを備えています。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=rkQHqLTNsg4

 
 

第3位:M5
  • 0-100: 3.6秒
  • 最高出力:560馬力
  • エンジン:4.4L・8気筒ツインターボ
  • 車両重量:1980 kg

BMWのスペシャリティ・高性能セダンです。後輪駆動の4ドアセダンとしては、かなり速い部類に入ります。

下の動画は、チューニングにより745PSまで馬力アップされたM5のドライブシーンです。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=ZiOSaHy5JFg

 
 

第3位:BMW M3 GTS
  • 0-100: 3.6秒
  • 最高出力:450馬力
  • エンジン:4.4L・8気筒ツインターボ
  • 車両重量:1490 kg

BMWの高性能スペシャリティ・クーペです。このGTSは、ベースモデルから140キロも軽量化されています。

加速性能・旋回性能・ブレーキ性能のいずれも高性能かつバランスが取れたクルマです。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=Hq-q_tPJWTs

 
 

第1位:M6 セレブレーション エディションコンペティション
  • 0-100: 3.5秒
  • 最高出力:600馬力
  • エンジン:4.4L・8気筒ツインターボ
  • 車両重量:1910 kg

BMWのスペシャリティ・クーペの高性能Mモデルです。後輪駆動のクルマの中では、かなり速い部類に入ります。

下の動画は、560馬力のM6モデルの加速シーンです。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=X9oQ-wnZZ6w

 
ちなみに6シリーズをベースとした、アルピナ B6 グランクーペも 0-60 mphにおいて3.5秒を記録しています。

 

第1位:BMW M4 GTS
  • 0-100: 3.5秒
  • 最高出力:560馬力
  • エンジン:3L・6気筒ターボ
  • 車両重量:1640 kg

BMWの高性能スペシャリティ・クーペです。GTSはサーキット向けの仕様です。

ベースモデルのM4から69馬力アップとなる、500馬力を出力するハイパワーエンジンを積んでいます。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=rdNH-fmnzp4

 
ということで、今回のBMWシリーズでは、「M4 GTS」と「M6 セレブレーション エディションコンペティション」が同順位となりました。
 

Pocket
LINEで送る

まとめ

BMWのクルマの加速力について、ランキング形式でご紹介しました。BMW・アウディ・メルセデス・ベンツのドイツ御三家のラインアップは細かく分かれているため、ご紹介するクルマの数も多くなります。

BMWのクルマは、0-60 mphにおいては3秒中盤から4秒台にかけての層が分厚いことがわかりました。また、車種にかかわらず、スポーティなハンドリングが売りのクルマが多いです。

今後は、アウディR8やポルシェ 911 ターボSなど、0-60 mphで2秒台に達するようなスーパーカークラスのクルマが期待されるところですね!


参考動画:

https://www.youtube.com/watch?t=54&v=qJgui5bNaoY

 
 

本記事が参考になりましたら幸いです。

以下の記事も人気があります。

【2016】国産車・輸入車の0-100km/h加速 etc.!

【2016】0-100km/h 加速の世界ランキング TOP10

 

☆関連記事☆

トップページに移動

最新記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.11.1 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ