【2016】0-100km/h 加速の世界ランキング TOP10+α

アヴェンタドール

2016年度の国産車・輸入車の0-100km/h (ゼロヒャク)加速ランキングを動画リンク付きでご紹介します。

今回は2013年~2016年の車のデータの中から、公道で走ることのできる市販モデルを選びました。同一車種のデータについては、なるべく最新のものを選びました。

ランキングについては、3秒台以降を含めると数が膨大になりますので、2秒台のスーパーカーの中から選びました。

 

記載しているデータは以下のとおりです。

0-100 km/h 加速

停止状態から発進して、時速100キロに達するまでの時間のことです。海外では0-60 mph (0-96 km/h)を使用していますので、0-100 km/hとは若干の差があります。

実際には、この誤差よりも路面状況や気温、車のコンディション、発進方法などの影響がかなり大きいです。

このため、大手メディアにおいては、誤差を考慮した走行データの測定方法が採用されています。

 

1/4 mile(ゼロヨン)

停止状態から発進して、400メートル地点に到達するまでの時間のことです。

 

60-0 mph

時速96キロからフルブレーキにより停止するまでの制動距離のことです。

 

※引用元のデータは、一部を除いて、北米自動車誌の『Motor Trend』もしくは公式データのうちベストな結果が得られた方にしました。

 

それでは0-100km/h 加速が2.9秒からのランキングTOP1~TOP11位までチェックしてみましょう!

※0-100加速が同数値の場合、同順位としました。

2016年11月29日更新
 

Pocket
LINEで送る

11位: 【日産】 R35 GT-R ニスモ (2015)

GT-R nismo

0-100: 2.9秒

1/4 mile (ゼロヨン):11.0秒

60-0: 29.6メートル


『ゴジラ』のニックネームで親しまれている、日本が世界に誇る超ハイパフォーマンス・スポーツカーです。数々のドラッグレースにおいて他のスーパーカーと圧倒的な差をつけて勝利しています。

お値段は約1500万円であり、スーパーカーと同等以上の性能を持ちながら、庶民が購入できる価格に抑えられているところが素晴らしいですね。GT-Rのピュアエディションに至っては、1千万以下で購入することができます。

ご参考:日産 R35 GT-Rのレビュー:日本が世界に誇るピュア・スポーツカーの実力に迫る!

ちなみに2013年度のニスモモデルは、Motor Trendのテストで2.6秒というデータを記録しています。他のスーパーカークラスと比べて、車両重量が概ね100キロ以上重いにもかかわらず、ブレーキ性能が優秀ですね。

https://www.youtube.com/watch?t=22&v=hM9p-2fIGi0



11位: 【シボレー】 コルベット Z06 (2015)

コルベット z06

0-100: 2.9秒 (公式)

1/4 mile (ゼロヨン):11.4秒

60-0: 27.7メートル


エンジン最高出力659ps、最大トルク89.8kg・mを出力するアメリカン・スポーツカーです。GT-Rと同価格帯であり、スペック上の性能面では上回っています。

Motor Trendのレース場での勝負ではGT-R ニスモが勝利したものの、これから楽しみな車です。ブレーキ性能が飛びぬけて優れている点も素晴らしいですね。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=GJ7LdZxyXh0



10位: 【ランボルギーニ】 ウラカン LP610-4 (2015)

ウラカン サイドビュー 縮小版

0-100: 2.8秒

1/4 mile (ゼロヨン):10.6秒

60-0: 31.7メートル


『ガヤルド』の後継車であり、純粋な速さだけでなく、芸術作品としての美しさにこだわった車です。ブリッピング時にバブリングと呼ばれる音の演出が入ります。

他の車と異なりターボ付きではなく、最大610psを出力する自然吸気エンジンを搭載しています。「CAR and DRIVER」の0-60 mphテストでは2.5秒を記録しています。

LP610-4のお値段は約3000万円です。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=-8nuXs3iWCw



この最新のスーパカー、何と大阪府の「グローバルオートレンタカー」でレンタルすることができ、クルマ好きの夢を叶えることができます。

ランボルギーニ ウラカンの試乗レビュー: 憧れのスーパーカーをレンタカーで体験!

6位: 【SSC】アルティメットエアロ (2015)

アルティメットエアロ

0-100: 2.78秒 (公式)

1/4 mile(ゼロヨン): 9.9秒

60-0: 31.4メートル


北米のシェルビー・スーパーカーズが生産しているスーパーカーです。2007年に時速412キロを記録して、世界最速記録を塗り替えたことのある車です。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=1x4d02uEZws



6位: 【ヘネシー】ヴェノム GT (2014)

venom gt

0-100: 2.7秒 (公式)

1/4 mile (ゼロヨン):10.29秒


時速435キロを達成したことがあるスーパーカーです。ヘネシーはチューニングを得意とするメーカーであり、このヴェノムの最上位モデルでは世界最速記録を目指しています。エンジン最高出力は驚異の1261psです。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=turV3v9RYeU



6位: 【ランボルギーニ】アヴェンタドール LP750-4 SV (2016)

アヴェンタドール

0-100: 2.7秒


ランボルギーニの最上級グレードのスポーツカーです。YouTube動画では、上の写真のようにラッピングを施している車をよく見かけますね。

ランボルギーニは闘牛をモチーフとして車を作っていて、アグレッシブかつ芸術的なスタイルを上手く融合させているのが素晴らしいですね。

Motor Trend の 0-60 mphテストでは2.6秒、ゼロヨンでは10.4秒を記録しています。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=CnTCo3H6mTw


6位:【テスラ】モデルS P100D (2017)

%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%a9p100d%ef%bc%88%e7%b8%ae%e5%b0%8f%e7%89%88%ef%bc%89

0-100: 2.7秒 (公式)

1/4 mile(ゼロヨン): 10.6秒


世界最速のEV(電気自動車)です。ゼロヨン動画で有名な「DragTimes」のテストでは、0-60 mphで驚異の2.54秒をマークしています。

ラグジュアリーカーとしても世界的に評価が高く、自動運転システムを筆頭に、さまざまな未来的な技術が導入されています。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=EBXH7KJlsPE


5位: 【マクラーレン】 P1 (2015)

マクラーレンP1

0-100: 2.6秒

1/4 mile (ゼロヨン):9.8秒


マクラーレンのハイブリッド・スーパーカーです。システム最高出力916psのパワーがあります。ちなみにサーキット専用のP1 GTRもあり、最高出力は84psアップの1000psに達します。

お値段は3億4千万円なのですが、その前にすでに約1億円のP1を購入している必要があります。

レース場での速さはGT-Rよりも上であり、ポルシェ918 スパイダーやラ・フェラーリと同等もしくはそれ以上の性能を誇ります。

スーパーカー ランキング 2016

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=RK0ZWXa–BA



4位:【ブガッティ】 ヴェイロン スーパースポーツ (2015)

ブガッティベイロン

0-100: 2.5秒

1/4 mile (ゼロヨン):9.95秒


最高出力1200psのエンジンを搭載しているスーパーカーです。2010年に最高速チャレンジが実施され、2007年のアルティメットエアロの記録を上回る時速431キロをマークしました。

1億円を軽く超える車であり、購入前に厳しい審査があります。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=LSFX9vrwJf8

 
ちなみに、ブガッティの最新スーパーカー「シロン」は、1500psを出力するモンスターマシンであり、0-100km/hで2.4秒、0-60 mph(0-96.6km/h)で2.3秒を記録しています。

%e3%83%96%e3%82%ac%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%83%ad%e3%83%b3
 
3位: 【フェラーリ】 ラ・フェラーリ (2015)

ラフェラーリ

0-100: 2.4秒

1/4 mile(ゼロヨン): 9.7秒

60-0: 29メートル


ポルシェ918スパイダーに匹敵する、世界最速の後輪駆動のプラグインハイブリッドカーです。V12気筒自然吸気エンジンとモータにより、最高出力963ps (最大トルク91.8kg・m)という驚異的なパワーを出力します。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=L2eraoIUCms


2位: 【アリエル】 アトムV8 (2015)

ariel atom v8

0-100: 2.3秒


世界最速の車は、どちらかといえばF1カーに近いルックスのアトムV8です。バイクとクルマの中間的な存在ですね。

将来、もしこの車を手に入れて飛ばすときには、くれぐれもヘルメットの着用をお忘れなく。

1位:【ポルシェ】 918 スパイダー (2015)

ポルシェ918

0-100: 2.2秒

1/4 mile (ゼロヨン):9.8秒


ポルシェのハイブリッド・スーパーカーです。V8気筒エンジンとモータにより、システム最高出力887psを発生します。最高速度は時速345キロに達します。

走行性能も抜群であり、2013年にドイツのニュルブルクリンクで市販車最速となる6分57秒を記録しています。

「CAR AND DRIVER」のテスト走行では、0-60 mph(0-96.6km/h)において2.2秒を記録しています。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=aI-DUULV1tE


おまけ 1:

現時点で世界最速の1人乗りのクルマは、0-100 km/h で何と1.5秒を記録している「AMZ Grimsel Electric Race Car」です。

https://www.youtube.com/watch?t=57&v=n2XiCYA3C9s&feature=youtu.be

 

おまけ 2:

フォーミュラーカーの加速シーンです。時速100キロ~200キロまでが驚異的ですね。

0-100: 3.25秒

0-200: 5.95秒

0-300: 12.1秒

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=Nwv2Dna7mSI#t=104



ちなみに、車以外であれば、リッターバイク(1000cc以上のバイク)の0-100加速も2秒台に到達します。フルアクセルは命がけですけどね。

 

おまけ 3:

ブガッティ・ヴェイロンと戦闘機の加速勝負です。片道1マイルを往復して、合計2マイルを走行した時点でどちらが速いのかを競い合っています。ただし、ジェット機はスタート地点から空を1マイル飛んでから戻ってきます。

それにしても、考えることが面白いですね。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=7NZ9X9A2efA

Pocket
LINEで送る

 

以下の記事も人気があります。

NEW:国産スポーツカーの加速性能をまとめてチェック!0-100 ランキング TOP17

【2016】国産車・輸入車の0-100km/h加速 etc.!

スーパーカーの人気ランキング 2016 ~ 輸入車&国産車 ~

 


この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

Pocket
LINEで送る


車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、こちら(本ブログ記事)をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆関連記事☆

トップページに移動

最新記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.11.1 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ