おすすめ人気ハイブリッド車 2016 ~ 価格帯別 ~

グレイス_フロント

本記事では、2016年度のおすすめ人気ハイブリッドカーを価格帯別にご紹介します。国産車や輸入車の最新モデルだけでなく、前モデルのお買い得な中古ハイブリッドカー(100万円~)もご紹介します

ご存じのとおりハイブリッドカーは燃費の良さが強みですが、最近のハイブリッドカーは走りも良く、運転も楽しめる車が増えてきています

環境への配慮をアピールできる点も、ハイブリッドカーならではのものですね。

燃費の良いハイブリッドカーは、たくさん運転してこそ本当の価値があると思いますので、なるべく快適かつ楽しく運転できる車がおすすめです。

本記事でご紹介するハイブリッドカーにつきましても、この点を重視して車を厳選しました。

 
ここでは、ハイブリッドカーを以下の3つのカテゴリーに分けてご紹介します。


ファミリータイプ

居住スペース、積載量、燃費などが重視されます。軽快に走る車も好まれます。


スポーツタイプ

ファミリータイプの実用性を極力維持しつつ、スポーツ性能を高めたモデルです。


ラグジュアリータイプ

実用性に加えて、高級感や貫録などのステータス性が求められます。


また、一つの自動車メーカー・車種にこだわらず、なるべくいろんなタイプのハイブリッドカーを選出できるように工夫しました。

ボリュームのある記事ですので、目次を利用していただくと便利かと思います。
 
2016年9月27日更新

本記事に記載しているカタログデータは、日本有数の掲載在庫台数を誇るカーセンサーを参照しております。

また中古車のリンクにつきましては、最新モデルを『安い順』に表示するように設定しております。バーゲンプライスの中古車も見つかりますよ☆

Pocket
LINEで送る


ファミリータイプ

150万円~250万円

【ホンダ】 グレイス ハイブリッド

Honda_GRACE_HYBRID_EX_(GM4)_front

(出典: ja.wikipedia.org)

新車価格:195万円~238万円

JC08モード燃費:29.4~34.4 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


グレイスハイブリッドは、ファミリーセダンとしての要望をほとんど満たす非常に優秀なハイブリッドカーです。

優れた燃費(最大リッター34.4キロ)はもちろんのこと、5ナンバーのコンパクトなボディで小回りが効きくため車庫入れも楽々です。

足回りもしっかりしていますので、ワインディングでもスポーティに気持ちよく走ることができます。

またコンパクトなボディの車は迫力に欠ける傾向があるのですが、グレイスはスポーティで存在感があり、一回り大きな感じがするのも良ポイントです。

室内空間・トランクスペースについても、コンパクトなファミリーカーとしてはかなり広めです。特に後部座席の足元が広く、成人男性でもゆったり座れます。

内装のクオリティについても、クラス相応以上の質感があります。さらにこだわる方向けに、EXグレード+オプションの本革シートもおすすめです。

それと、ファミリー向けのハイブリッドカーは、燃費を重視しすぎる傾向があり、運転が退屈になりがちなのですが、グレイスに限っては心配ご無用です。

というのも、走り好きも納得のDCT(デュアルクラッチ・トランスミッション)により、テンポの良い走りを楽しめるからです。

エンジンを高回転まで回すと、さすがに4気筒の1.5リッターなだけあって音は大きいのですが、音自体はさりげなく良いです。EXグレードにはパドルシフトも付いています。

このようにスポーツタイプとしての要素もあり、『ワンランク上の価格帯のハイブリッドカーに勝っているのでは?』と感じるぐらい出来が良いです。

以下の記事では、グレイスハイブリッドのレンタル経験を踏まえて、詳しくレビューしています。

ホンダ グレイスの魅力: コンパクトなファミリーセダン

ちなみに同価格帯では、4人乗りコンパクトカーの『フィット ハイブリッド』や、走りの良いステーションワゴンの『フィット シャトル ハイブリッド』もおすすめです。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=Zei5JOzf2Zc

目次に戻る

 

【トヨタ】シエンタ ハイブリッド

シエンタ_X_ホワイトパール_外観(3)

(出典: ja.wikipedia.org)

新車価格:169万円~250万円

JC08モード燃費:15.4~27.2 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


6~7人乗りのコンパクトな人気ミニバンです。個性的なルックスが特徴的であり、遠目でもシエンタだとわかります。

5ナンバーで小回りも効くため、ミニバンとしては車庫入れもスムーズにできます。

またコンパクトサイズのミニバンでは、3列目は緊急用であることが多いのですが、シエンタの3列目は成人男性が座れるスペースがきちんとあります。

ファミリー向けに作られているだけあって、スライドドアを開けたときには入口が広く、地上高も低いため、荷物の出し入れや乗り降りが楽です。

高速道路よりも街乗りメインでお出かけするのにピッタリの車です。

以上より、この価格帯のハイブリッドカーとしては、最大4人乗りとしてはホンダグレイスがおすすめで、たまに5~6人が乗車する場合はシエンタがおすすめです。

また、迫力のあるSUVがお好みであれば、ヴェゼル ハイブリッドも良いですね。ただファミリータイプとしては足回りが固いので、後部座席に乗ってみて、路面の荒れたところを試乗されたほうがよろしいかと思います。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=cHi6t6oT73w


目次に戻る

 

250万円~320万円

【ホンダ】ジェイド ハイブリッド

Honda_JADE_HYBRID_X_(FR4)_front

(出典: ja.wikipedia.org)

新車価格:272万円~292万円

JC08モード燃費:24.2~25.0 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


上品なエクステリアが人気のハイブリッド・ミニバンです。

ミニバンの中ではスタイルが抜群によく、流れるようなデザインで落ち着いているところが特に良いですね。

リアサスペンションにはダブルウィッシュボーン式が採用されており、旋回性が良く、凹凸を乗り越えたときの衝撃を上手くいなすため、乗り心地はとても良いです。

また静粛性にもこだわってつくられているため、高級車のようなおもてなし感のある車に仕上がっています。

直進安定性も良いため、余程飛ばさない限り、高速道路でも快適に走ることができます。ミニバンで足回りが良いのはかなり大きな利点ですね。

欠点としては、収納スペースが不足気味なのと、スタイルを優先している分、3列目の頭上スペースがあまりなく、成人男性が長時間座るスペースとしては不向きなことが挙げられます。

トランスミッションは7速DCTでテンポよくシフト変速しますし、ミドルクラスのミニバンとしては軽量(約1500キロ)で足回りの作りが抜群に良いため、ハンドリングも楽しめます。

いざというときに3列目を使用する方で、ドライブが快適な車をお求めの方に特におすすめの一台です。


目次に戻る

 

【スバル】XV ハイブリッド

1280px-スバル・XV_日本仕様フロント

(出典: ja.wikipedia.org)

新車価格:257万円~286万円

JC08モード燃費:20.4 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


安全性と走り、そしてスタイルの優れたSUVです。おすすめはアイサイト付きのモデルであり、安全性の向上に加えて、自動追従機能により渋滞も苦になりません。

ガソリンモデルは2リッターのボクサーエンジンらしいパワフル感があり、モーターのアシストもあるためエンジン音は静かです。

以前のモデルは乗り心地が良くない(荒れた路面で揺さぶられる)という欠点がありましたが、現行タイプ(D型)では大幅改善され、車全体の動きがフラットになっています。また静粛性も改善されています。

快適性を重視される方や比較的長時間運転される方は、C型以前の中古車は避けたほうが良さそうです。

逆に路面がフラットなところを運転される方であれば、値下がりしたC型以前を狙うという手もありますね。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=FSJtbj4F3aw

 


目次に戻る

 

【トヨタ】ノア ハイブリッド

Toyota_NOAH_HYBRID_G_(ZWR80G)_front

(出典: ja.wikipedia.org)

新車価格:299万円~323万円

JC08モード燃費:23.8 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


ファミリー向けの人気ハイブリッド・ミニバンです。5ナンバーギリギリのコンパクトサイズでありながら、7~8人乗ることができ、落ち着いたデザイン・走りが魅力的な車です。

シエンタと車幅は同じ1.69メートルとなっていますが、全長が約46センチ長くなっており、取り回しの面ではシエンタよりも劣るものの、より快適性を重視した作りになっています。

街乗りをメインに走る方で、5人以上乗ることがよくあり、かつシエンタよりも大きなミニバンが良い、という方におすすめです。


目次に戻る

 

320万円~450万円

【トヨタ】SAI
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=-_6UsM11VFU


新車価格:321万円~437万円

年式:2013年8月~の現行モデル

JC08モード燃費:22.4 km/l

カタログデータ / 中古車一覧


トヨタのハイブリッド・ラグジュアリーセダンです。プリウスの上位モデルとして位置づけられており、一回りパワフルな2.4リッターのエンジンを搭載していて、より快適性や高級感を重視した仕上がりになっています。

2013年8月のモデルチェンジに伴い、ひと目でSAIであることがわかる横一線の照明系のデザインとなり、特に夜間の点灯時にはひときわ目立つようになりました。

落ち着いて走るのが似合っている車ではあるものの、フル加速時には0-100km/hで7秒台に到達するほどの俊足を備えています。

ミドルクラスの車としてはホイールベースが短く抑えられており、最小回転半径が5.2メートルで小回りが効きますので、街乗りも楽にこなせます。

プリウスがたくさん売れている中、人とは一味ちがったプレミアム感のある国産ファミリーカーを、という方におすすめです。

 

【ホンダ】オデッセイ ハイブリッド

Honda_ODYSSEY_HYBRID・EX_Package_(DAA-RC4)_front

(出典: ja.wikipedia.org)

新車価格:356万円~405万円

JC08モード燃費:24.4~26.0 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


力強く、高級感あふれるエクステリアが魅力的なハイブリッド・ミニバンです。

ファミリー向けのミニバンとしての実用性を備えつつ、走りや乗り心地にもこだわって作られています。

最高145馬力を出力する2リッターエンジンとモーターのアシストにより、1800キロオーバーの車体を力強く引っ張ります。

ガソリンモデルと比べると、車両重量が重くなった分、軽快感は薄れていますが、それでもワインディングは安定していますし、高速走行性能も抜群です。

5人以上が乗ることがあり、走りに余裕のある車をお求めの方におすすめです。


目次に戻る

 

【三菱】 アウトランダーPHEV

Mitsubishi_Outlander_24G_Navi_Package_1464-1

(出典: ja.wikipedia.org)

新車価格:360万円~459万円

JC08モード燃費:20.2 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


迫力満点のエクステリアが魅力的なSUVです。ミドルクラスのSUVでありながら、燃費だけでなく走りもこだわって作られています。

4WDで安定感が抜群にあり、悪天候にも強いという点も魅力的ですね。

2トン以上の車ですが、パワフルなモーターを搭載しているため、EV走行のみでも即座に力強く加速します。

オーナーの実燃費をチェックすると、リッター25キロを超える人も結構いるようですので、ガソリン代をかなり節約できそうです。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=6z9cP_uVHn0
 


目次に戻る

 

スポーツタイプ

250万円~300万円

【ホンダ】 CR-Z

2011_Honda_CR-Z_front_--_2010_DC

(出典: ja.wikipedia.org)

新車価格:226万~449万円

中古車価格: 54万円~

JC08モード燃費:19.4~23.0 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


クーペのようにスタイリッシュで走りの良い、ハイブリッド・スポーツカーです。エクステリアだけでなく、内装も未来的であるのも良いですね。

ハイブリッド車でありながらMTのモデルも用意されており、しっかりスポーツカー好きのツボを押さえてあるあたりはさすがですね。

スポーツモードに切り替えると、ワインディングをキビキビと走るスポーツカーに早変わりします。

ハッチバックタイプとなっていますので、二人乗りのときには後部座席を倒すことで、ラゲッジルームから荷物を簡単に取り出せます。

一応4人乗りではありますが、後部座席の頭上がかなり下に位置していますので、子供が座るスペースもしくは緊急用だと割り切ったほうが良いかもしれません。

この価格帯の車で、後部座席も大人が乗れるスポーツ・ハイブリッドカーとしては、インプレッサスポーツ(ハイブリッド)がおすすめです。アイサイトを付ければ、安全性もバッチリです。

Honda_CRZ_Hybrid_WAS_2010_9011

(出典: ja.wikipedia.org)

 

この価格帯の競合SUV

スタイリッシュなデザインと一体感のある走りが魅力的なアクセラ(ハイブリッド)


目次に戻る

 

450万円~650万円

【日産】 スカイライン 350GT ハイブリッド
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=4GZeUdI3tW8

 
※本ブログのオリジナル動画です。

新車価格:462万円~570万円

JC08モード燃費:16.8~18.4 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


世界最速クラスのハイブリッド・スポーツセダンです。3.5リッターのV6エンジンとモーターを搭載しており、2トン超えの重量にもかかわらず、0-100km/hは4.9秒(公式)とかなりの俊足力を誇ります。

インフィニティのエンブレムを付けており、フロントのデザインも迫力満点です。

スポーツタイプの車ではありますが、ふつうに走る分には高級車らしく静かで上品です。

ハンドリングには世界初のダイレクトアダプティブステアリングと呼ばれる電子制御システムが搭載されていて、わずかなハンドル操作でねらったラインどおりに曲がることができます。

また凹凸を乗り越えたときにもまっすぐ進むように電子制御されるため、特に高速道路ではレールの上を走っているような感覚があります。

3つのモデルが用意されているのですが、おすすすめは、最先端の安全システムを備えたタイプPです。

スカイライン 350GT ハイブリッドの試乗&徹底レビュー 2015

 

【レクサス】 RC ハイブリッド
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=DJC_Hsxmnrk


新車価格:565万円~629万円

JC08モード燃費:23.2 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


トヨタの高級車ブランド『レクサス』のハイブリッド・スポーツクーペです。

レクサスISよりも更に目立つ、スタイリッシュで躍動的なデザインが特徴的です。

レクサスのスポーツシリーズは年々改良が重ねられ、ボディ剛性や旋回性能は欧州車に負けないほどになっています。

ハイブリッドカーらしく2.5リッターの4気筒エンジン+モータで燃費重視なので、エンジンパワーを求める方は素直に6気筒の350を選択した方が良いです。

とはいっても、0-100km/hは8秒台ですので、街乗りでは必要十分な加速力があります。

レクサス車のオーナーになると、レクサス流のおもてなしや手厚いサービスを受けることができます。またブラックカード・ルックスのレクサスカードを所有することができます。

>> レクサス車の価格はなぜ高いのか?その理由を説明いたします。
 

【アウディ】A3 スポーツバック e-tron
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=ndH6bd3550Y


新車価格:564万円

JC08モード燃費:23.3 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


2014年のワールド カー オブ ザ イヤーを受賞した『アウディ A3 スポーツバック』のプラグイン・ハイブリッドモデルです。

アウディらしい洗練された内外装のデザインや、上品な最先端LEDライト、抜群の安定した走り、6速Sトロニックのテンポの良い変速などが魅力的です。

全幅1.78メートル、全長4.33メートルのコンパクトサイズであり、最小回転半径は5.1メートルで小回りも効きますので、街乗りが非常に快適な車です。

フルチャージ時にはガソリンを消費しないEV走行のみでも35~40キロ程度走ります。

ちなみに、A3 スポーツバックの高性能スポーツモデルであるS3(599万円)もとても人気が高いです。

 

この価格帯の競合SUV

実用性と優れた走行性能を兼ね備えたゴルフ GTE


目次に戻る

 

1000万円~2000万円

【テスラ】 モデルS(※EV(電気自動車))
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=1vwJ-12xOfU


新車価格:933万円~1203万円

中古車一覧


電気モーターのみで走るスポーツタイプのEV(電気自動車)です。全長5メートル、車幅1.96メートルのビッグボディであり、スポーツカーモデルの車としてはかなり大きくて貫録があります。

マセラティ風の高級感溢れるデザインも良いですね。

車両重量は2トンを軽く超えますが、それを物ともしない圧倒的な加速力があります。

北米自動車メディア『Motor Trend』のテストデータによると、P85Dの0-60 mph(0-100km/h)は3.1秒、アップグレードモデルのP90Dに至ってはわずか2.6秒で到達するモンスターマシンです。

コーナリングやブレーキング性能も高性能スポーツカーに引けをとりません。

充電時間は長めであるものの、フル充電の状態から最大528キロメートルほど走ることができます。

 

この価格帯の競合SUV

ポルシェのドライバーズSUVであるカイエン S ハイブリッド(1155万円)


目次に戻る

 

ラグジュアリータイプ

350万円~450万円

【レクサス】CT ハイブリッド
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=tsIkypI3Zc0


新車価格:366万円~460万円

中古車価格:159万円~

JC08モード燃費: 26.6~30.4 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


高級車ブランド『レクサス』のコンパクト・ハイブリッドカーです。小回りのきくコンパクトな高級車をお探しの方におすすめの車です。

レクサスCTはエントリーモデルではあるものの、上質な車内空間はレクサス車共通ですし、レクサスオーナーとしての『おもてなし』を受けたり、何かと便利なオーナーズディスクを利用できたりします。

燃費が良くて車の信頼性も世界トップクラス(※北米 Consumer Report 調べ)ですので、維持しやすいところも◎ですね。

街中での取り回しが良く、ハンドリングがシャープで運転しやすい車です。また静粛性の優れた車ですので、高速道路での走行も快適です。

エンジンパワーや後部座席のサイズ(ややタイト)を考慮すると、基本的に2人乗りで、街乗りメインの方向けの車といえます。
 

【トヨタ】ハリアー ハイブリッド
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=ogC1R9B6B2k


新車価格:371万円~469万円

JC08モード燃費:21.4~21.8 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


威風堂々としたたたずまいが魅力的なラグジュアリーSUVです。チョウヒ(タカの一種)のオリジナルエンブレムが付いており、プレミアム感が溢れ出ています。

内装の質感・センスが特に優れており、静粛性や乗り心地などの快適性の面も高クオリティです。

後部座席はリクライニングにできますので、長時間のドライブでも癒しのスペースとなります。

ラッゲージルームがかなり広いつくりとなっており、小物入れのスペースもありますので、アウトドア派の方にもよさそうですね。

エンジンパワーでぐいぐい走る車ではありませんので、ゆったりとしたドライブがお好みの方におすすめです。

詳しくは、「ハリアーの評判&試乗レビュー:ラグジュアリーSUVの魅力に迫る!」をご覧ください。


目次に戻る

 

450万円~600万円

【トヨタ】アルファード ハイブリッド
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=0DHNbAfTZGA


新車価格:411万円~1546万円

JC08モード燃費:18.4~19.4 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


ファミリータイプの最高級ミニバンです。ひときわ目立つ個性的なフロントグリルが特徴的で、ボディも大きいため存在感が抜群です。

車のつくりはとても上品に仕上がっていて、トヨタの高級ブランド『レクサス』にラインアップしても自然なぐらい丁寧に作り込まれています。

2列目のシートはフルリクライニングにでき、乗り心地や静粛性の良さもあって、同乗者の『おもてなしカー』と言えそうです。

ちなみにヴェルファイアとは姉妹車関係にあります。

 

600万円~1000万円

【レクサス】 GS ハイブリッド
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=AmS-UY1zayk


新車価格:580万円~847万円

JC08モード燃費: 18.2~23.2 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


レクサスGS(Grand Sport)は、スポーティな走りも楽しむことが出来る、レクサスの高級セダンです。

この価格帯の車の中では最高レベルの質感・高級感があり、ジェントルに走るのがとても似合います。

一方、3.5リッターのエンジンを搭載した450hは、0-100km/h加速で5秒台の俊足を誇ります。

最新モデルは2012年3月からとなりますが、中古車市場では半額近くで購入できるほど意外と値下がりしています。

ちなみにこの価格帯のハイブリッドカーを検討されている方であれば、セダンタイプではフーガハイブリッド、SUVではレクサスRX ハイブリッドが視野に入るかと思います。
 

1000万円~2000万円

【メルセデス・ベンツ】 Sクラス ハイブリッド
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=qBb3PvArMnY


新車価格:998万円~1340万円

JC08モード燃費: 15.4~20.7 km/L

カタログデータ


メルセデス・ベンツ Sクラスは、高級車市場のフラグシップ的な存在です。

最新モデルのクオリティも最高の仕上がりとなっていて、高級車ランキングでも常にトップクラスに位置しています。

最新モデルはクーペのように流れるような美しいデザインが特徴的であり、内装のデザインもさらに洗練されています。

また安全面ではドライバーを手厚く支援する『レーダー・セーフティパッケージ』があり、快適面では究極の乗り心地を目指した『マジックボディコントロール』をはじめとした極上の乗り心地を体感できます。

エコの面でもクリーンディーゼルエンジンを搭載した300hをラインアップするなど、妥協の無いチャレンジ精神が高く評価できます。

300hの車両価格は998万円からとなっており、最高級車としては手が届きやすい価格に抑えられています。

 

ハイブリッドカーの中古車

100万円~

【ホンダ】 CR-Z

2011_Honda_CR-Z_front_--_2010_DC

(出典: ja.wikipedia.org)

新車価格:226万~449万円

中古車価格: 54万円~

中古車平均価格:137万円

おすすめ年式:2010年2月~の現行モデル

JC08モード燃費:19.8~23.0 km/L

カタログデータ


スタイリッシュで未来的なスポーツ・ハイブリッドカーです。2010年から発売されており、まだまだ年式としても新しいのですが、中古車市場ではかなり値下がりしています。

4人乗りではありますが、後部座席が緊急用のようなもので2人乗りのスポーツクーペに近いので、この点が気にならなければ結構おすすめです。

ハッチバックタイプなので運転席や助手席から荷物を取り出しやすく、スポーツクーペタイプとしては実用性の面では良い方です。

ハイブリッド車でありながらMTのモデルも用意されていますので、初めてのMT車としても良さそうです。

中古車としては、国産で割と高年式、そして燃費も良いというかなりの好条件であり、しかも軽自動車の新車を購入するよりも安かったりしますので、バーゲンセールだと思います。

若い人にも維持しやすい車としておすすめできます。

<

CR-Zの中古車在庫をチェック!


 

【トヨタ】 SAI
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=UzPRhs9Z3og


新車価格:321万~437万円

中古車価格:74万円~388万円

中古車平均価格:196万円

お買い得な年式:2009年12月~2013年7月生産モデル

JC08モード燃費:19.4~21.0 km/L

カタログデータ


トヨタの上級・ハイブリッドセダンです。落ち着いたエクステリアや、独特で質感の優れた内装、先進的なリモートタッチが特徴的です。

プリウスよりも一回り大きな2.4リッターのエンジンを搭載しているので、加速面では余裕のドライブを楽しむことができます。

後部座席はゆったりとしていて乗り心地も良いので、3~4人が同乗することが多い方や、落ち着いて低燃費運転を楽しみたい方におすすめです。

リモートタッチの操作性については、パソコンのマウス操作と同じような感じですので、慣れていれば直感的に操作できて便利です。

SAIは、2013年8月に大幅モデルチェンジが実施され、それ以前のモデルが結構お値打ち価格になってきています。

2009年のモデルは中古車としてはまだまだ新しいのですが、中古車市場では車両価格が100万円を切るぐらいになってきています。

ちなみに、よりラグジュアリーなレクサスHSの中古車は、150万円程からとなっています。

SAIの中古車在庫をチェック!


Pocket
LINEで送る


 

総まとめ

 

世界中のハイブリッドカーを3カテゴリーに分類して、評判の良いおすすめハイブリッドカーをフルボリュームでご紹介しました。

最近のハイブリッドカーはファミリータイプが充実していますね。またハイブリッドーカーはラグジュアリータイプと相性が良く、快適性をより一層高められています。

一方でスポーツタイプのハイブリッドカーはまだまだ少ないので、今後に期待したいですね。

目次に戻る


本記事が参考になりましたら幸いです。

 


この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

Pocket
LINEで送る


車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、こちら(本ブログ記事)をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆関連記事☆

トップページに移動

最新記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.11.1 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ