アウディのクルマはどれぐらい速い?全車種の加速ランキングを一挙公開!

アウディの全車種についての0-100データを元に、加速ランキングをご紹介いたします。

audi r8公式

最近のアウディのエンジンといえば、ダウンサイジングターボで低燃費ながらも、低速からトルクの太く、出足から力強い加速を可能にしています。

アウディのクルマにはレンタカー&試乗でほぼ全車種に乗ったことがありますが、A5 カブリオレのように重量のある2リッター・ターボであっても、1速からのダッシュ力は体感的にスペック以上のものがあり、加速が心地良いです。

アウディA5カブリオレ 芦有ドライブウェイの駐車場
アウディ A5 カブリオレ@芦有ドライブウェイにて撮影

悪路に強いフルタイム4WDの「クワトロ」や、マニュアル感覚がありキビキビと変速する「Sトロニック」も魅力ポイントです。

アウディのクルマは、通常モデルのほかに、高性能スポーツグレード「S(スポーツ)」とクラス限界性能まで引き上げられたグレード「RS(レーシングスポーツ)」があります。

アウディのラインナップは、通常モデルがA1(コンパクトクラス)~A8(Lサイズ)まで分けられていて、SUVはアルファベットの「Q」で始まるように分けられています。

またハッチバックタイプには「スポーツバック」、ステーションワゴンには「アバント」という名称が付加されます。

今回は、アウディのクルマの中から、以下の条件に基づいて加速ランキングを作成しました。

  • 全車種の中から、最も速いグレードのクルマ24台をピックアップ
  • 評価指標は0-60 mph(≒0-100 km/h)
  • 現行モデルのデータを参照
  • 特殊グレードのS・RSは別枠として記載

データは「0-60 mph」を参照していますが、馴染みのない方が多いと思いますので、「0-96 (km/h)」と記載しています。


(補足)

0-100 km/h テストとは、停止状態からフル加速で時速100キロに到達するまでの加速テストを表します。

一般に、スポーツモード+トラクションコントロールOFFなど、極力速く走れるセッティングにしてから複数のGPSで計測します。詳しくは、「【2017】国産車・輸入車の0-100km/h加速 etc.!」をご一読いただくと宜しいかと思います。

ちなみにアウディA5につきましては、良いデータが見つからなかったため、省略いたしました。


2016年3月3日更新
 

第24位:A1 (1.4 TFSI)

a1

(出典:オフィシャルPV)

  • 0-100: 7.6秒 (est.)
  • システム最高出力:150馬力
  • 車両重量:1220 kg
  • 新車価格:329万円

アウディシリーズで最もコンパクトなハッチバックのクルマです。それでも車幅は1.74ミリあり、5ナンバーサイズを超えています。

トランスミッションは7速DCTでキビキビ変速します。レンタカーで1.4リッター・ターボの1.4 TFSIに乗ったことがありますが、走り出しでアクセルを少し強く踏むとタイヤが軽く滑るぐらいパワフルでした。

A1はFF(前輪駆動)ですので、クワトロであれば安定感があると思うんですけどね。ちなみに1リッターの1.0 TFSIの0-97 km/hは10.7秒です。このタイムはプリウスより若干遅いぐらいです。

以下の動画は、アウディA1 1.4 TFSIと同じ出力のエンジンを乗せたA3(約100キロ重い)の加速シーンです。

 
 

第23位:Q3 2.0 TFSI Quattro

q3

(出典:オフィシャルPV)

  • 0-100: 7.6秒
  • システム最高出力:180馬力
  • 車両重量:1620 kg
  • 新車価格:459万円

アウディのコンパクトサイズのSUVです。海外でコンパクトとはいっても、全幅1.83メートル、全長4.4メートル、全高約1.6メートルなので日本ではふつうに大きいです。

標準で4WDです。220馬力のグレード(539万円)もありますが、YouTubeでの動画データは公開されていない模様です。


 
ついでに1.4リッター・150馬力の1.4 TFSIの加速動画も以下に載せておきます。

 
 

第22位:A3 1.8

A3公式

(出典:オフィシャルPV)

  • 0-100: 7.1秒(公式7.2秒)
  • 最高出力:180 馬力
  • 車両重量:1460 kg (スポーツバック)
  • 新車価格:429万円 (スポーツバック)

アウディのコンパクトクラスのクルマです。セダンとハッチバックの2タイプがあります。

全幅1.785メートル、全長4.325メートルなので、日本ではミドルクラスに近いサイズに相当します。

最小回転半径が5.1メートルで、全幅も1.8メートル以下で全長も短めですので、日本でも扱いやすいクルマです。

主観ですが、これより大きくなると、小回りの面や駐車スペースなどでちょっと不便さを感じるシーンが出てきます。

1.4リッター・140馬力の1.4TFSIは、Automann-TVにおいて7.4秒を記録しています。


 
 

第21位:Q7 3.0 TFSI quattro

q7

(出典:オフィシャルPV)

  • 0-100: 6.0秒
  • 最高出力:333 馬力
  • 車両重量:2080 kg
  • 新車価格:929万円

アウディのLサイズのラグジュアリーSUVです。2016年にフルモデルチェンジされたばかりです。


 
 

第20位:A6 3.0 TFSI quattro

a6

(出典:オフィシャルPV)

  • 0-100: 5.7秒
  • 最高出力:333 馬力
  • 車両重量:1840 kg
  • 新車価格:888万円

アウディのミドルサイズのラグジュアリーカーです。

Q7と同じ馬力ですが、車両重量が軽く、加速性能もこちらの方が上です。


 
 

第19位:A4 2.0 TFSI quattro

a4

(出典:オフィシャルPV)

  • 0-100: 5.8秒
  • 最高出力:252 馬力
  • 車両重量:1610 kg
  • 新車価格:597万円

A3よりも一回り大きいクルマです。2016年にフルモデルチェンジされたばかりです。

A3が街中と高速走行を器用にこなすサイズなのに対して、A4では全幅が1.84メートル、全長が4.735メートル、最小回転半径が5.5メートルのゆったりサイズとなっています。

BEST CARSなどの海外レビューではA4の方が評価が高いのですが、日本での小回りや駐車スペースを考慮すると、A3の方がバランスが良いかもとか思ったりします。

2リッター・190馬力の2.0 TFSIは0-100で7.8秒、1.4リッター・150馬力の1.4TFSIは0-100で8.7秒です(Automann-TVより)。


 
 

第18位:S1
  • 0-100: 5.6秒
  • 最高出力:231 馬力
  • 車両重量:1360 kg
  • 新車価格:423万円

アウディの最もコンパクトなクルマA1の高性能モデルです。


 
 

第17位:A7 3.0 TFSI quattro

a7

  • 0-100: 5.5秒
  • 最高出力:333 馬力
  • 車両重量:1900 kg
  • 新車価格:933万円

アウディのLサイズのラグジュアリーカーです。ハッチバックタイプでスポーティなエクステリアが特徴的です。


 
 

第16位:TT 2.0 TFSI quattro

ttrs2

(出典:オフィシャルPV ※写真はTTSです.)

  • 0-100: 5.4秒
  • システム最高出力:230馬力
  • 車両重量:1370 kg
  • 新車価格:589万円

アウディの2シーター・クーペです。2015年にフルモデルチェンジが実施されました。

全長が4.18メートルと短く、横から見ると丸みがあります。


 
 

第15位:S5
  • 0-100: 5.3秒
  • 最高出力:333 馬力
  • 車両重量:1750 kg
  • 新車価格:938万円

アウディA5の高性能スポーツモデルです。2008年発売モデルですので、そろそろフルモデルチェンジ版の日本での発売が期待されます。


 
 

第14位:SQ5
  • 0-100: 5.2秒
  • 最高出力:354 馬力
  • 車両重量:2000 kg
  • 新車価格:799万円

SUVであるQ5の高性能スポーツモデルです。2トンのクルマとしては相当速いですね。

ちなみに日本でも導入されることが予想される、LサイズSUVのSQ7の0-100も5.2秒を記録しています(sawomannより)。


 
 

第13位:A8 4.0 TFSI quattro

a8

(出典:オフィシャルPV)

  • 0-100: 4.9秒
  • 最高出力:435 馬力
  • 車両重量:2040 kg
  • 新車価格:1367万円

アウディのLサイズの最高級ラグジュアリーカーです。

2トンオーバーのクルマですが、61.2kg・mの最高トルクで力強く加速します。


 
 

第12位:S4
  • 0-100: 4.6秒
  • 最高出力:354 馬力
  • 車両重量:1680 kg
  • 新車価格:839万円

アウディA4の高性能スポーツモデルです。

欧州版のS3よりもパワフルですが、重量はこちらの方が重いため加速ではほんの少し劣ります。


 
 

第11位:S7
  • 0-100: 4.6秒
  • 最高出力:450 馬力
  • 車両重量:2050 kg
  • 新車価格:1353万円

Lサイズの5ドア・ハッチバックである、アウディA7の高性能スポーツモデルです。


 
 

第10位:S6
  • 0-100: 4.6秒
  • 最高出力:450 馬力
  • 車両重量:2010 kg
  • 新車価格:1308万円

ミドルサイズのラグジュアリーカーである、アウディA6の高性能スポーツモデルです。


 
 

第9位:S3

s3

(出典:”https://www.youtube.com/watch?v=3fJ-sc7-syM”)

  • 0-100: 4.5秒
  • 最高出力:310 馬力
  • 車両重量:1530 kg
  • 新車価格:599万円

日本の街中でも扱いやすいサイズの、アウディA3の高性能スポーツモデルです。

ちなみに日本仕様は285馬力のモデルが発売されていますので、0-100は約5秒ほどになります。


 
 

第8位:RS5
  • 0-100: 4.5秒(公式4.6秒)
  • 最高出力:450 馬力
  • 車両重量:1810 kg
  • 新車価格:1375万円

アウディのA5よりも若干コンパクトな、ハイパフォーマンスカーです。

最高450馬力を出力する4.2リッターのV8エンジンを搭載しています。


 
 

第7位:RS4 アバント
  • 0-100: 4.5-4.6秒
  • 最高出力:450 馬力
  • 車両重量:1860 kg
  • 新車価格:1317万円

アウディRS5と同じエンジンを搭載するクルマです。

アバントはステーションワゴンとほぼ同義であり、実用性を重視してロングボディとなっている分、RS4よりも重くなっています。

ちなみにセダンタイプの方は、2009年7月に生産が終了しています。


 
 

第6位:TTS

ttrs

(出典:オフィシャルPV)

  • 0-100: 4.1秒
  • 最高出力:310 馬力
  • 新車価格:768万円

2シータークーペ「TT」の高性能モデルです。日本発売のモデルは大人の事情により286馬力に抑えられています。

ちなみに日本では2015年に発売が終了しましたが、最高340馬力を出力する「TT RS クーペ」もあり、0-96 km/hでは3.5秒を記録しています。


 
 

第5位:RS6 アバント
  • 0-100: 4.1秒
  • 最高出力:560 馬力
  • 車両重量:2030 kg
  • 新車価格:1729万円

最高560馬力を出力するパワフルなクルマです。


 
 

第4位:RS7 スポーツバック
  • 0-100: 4.0秒
  • 最高出力:560 馬力
  • 車両重量:2050 kg
  • 新車価格:1857万円(公式シミュレーションより)

アウディのスタイリッシュな5ドアの高性能スポーツカーです。

0-100のデータは、AutoCentrum.plを参照しました。


 
 

第3位:RS3

RS3公式

(出典:オフィシャルPV)

  • 0-100: 3.9秒
  • 最高出力:367 馬力
  • 車両重量:1560 kg
  • 新車価格:756万円

アウディA3とは次元の違う、ハイパースポーツカーです。

全幅1.8メートルでアウディA3よりも若干ワイドになっています。


 
 

第2位:S8
  • 0-100: 3.5秒
  • 最高出力:605 馬力
  • 車両重量:2110 kg
  • 新車価格:2008万円

最高級ラグジュアリーセダンであるA8の高性能スポーツモデルです。

車両重量はさすがにヘヴィーですが、加速性能はかなりのものですね。


 
 

第1位:R8 V10 Plus

R8公式

(出典:オフィシャルPV)

  • 0-100: 2.9秒
  • 最高出力:610 馬力
  • 車両重量:1650 kg
  • 新車価格:2906万円

待望の第1位は、アウディ最強のスポーツカーの「R8」です。

最高610馬力を出力する5.2リッターのV10エンジンを搭載しており、0-96 km/hでは2.6秒を記録しているほど凄まじい加速力があります。

ポルシェ911 ターボ (or GT3)やランボルギーニ ウラカン、マクラーレンS570等のスーパーカークラスのクルマとレース場で競い合う存在でもあります。


 
 

LINEで送る
Pocket

まとめ

アウディのクルマの加速力について、ランキング形式でご紹介しました。

アウディのクルマは海外仕様と日本仕様でエンジン出力やグレードが違ったりしますので、他メーカーと比べて少しややこしく、今回はYouTubeの信頼できるソースを中心に、いろんなところからデータを引っ張りだしました。

以下は、アウディの最高峰RSシリーズのドライブシーンを1人称視点で見ることができるオススメの動画です。


 

本記事が皆さまの参考になりましたら幸いです。

以下の記事も人気があります。

☆関連記事☆

トップページに移動

最近のおすすめ記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。また、研究で培ったデータ分析ノウハウを活用して、なるべく偏りがなく、信頼できるデータを利用しています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.5.9 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ