中古のレクサスIS350を購入した理由

car1

低年式のレクサスISが今お買い得です。特に、レクサスCPOで扱えない年式(8年落ち以降)で程度の良いものがおすすめです。

レクサス車を購入する方は、ディーラーでしっかりメンテナンスを受けることが多く、低年式の車でも状態の良い車がたくさんあります。

特に、前オーナーが車を大切に扱っていたことがわかる(定期的なメンテナンス、屋内管理など)と尚良いです。
 

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=MzSU9S_0x0Q

 上記は、前期型レクサスIS350のレビューです。IS350を購入する際に参考にした動画のひとつです。

 

私が購入したのは、以下の車です。

レクサスIS350 version L (色:ブルーイッシュパールクリスタルシャイン)

車両重量1610kg, 最高出力318ps/6400rpm, 最大トルク 38.7kg・m/4800rpm, 0-100km/h加速 5.9秒
IMG_0697

コーティングをかければ、ツヤツヤで輪郭がよりはっきりして、さらに見栄えがよくなります。

お値段は車両価格200万円ほどで、2006年式、走行距離1万2千キロ、オプション多数(プリクラッシュセーフ、レーダークルーズコントロール、ムーン ルーフ、HIDフォグなど)でヘッドランプもほとんど劣化しておらず、ホイールに少し傷がある程度でした。

オプションを含めると、新車価格は600万近いです。

レクサスIS350は、直線での加速力は相当あるのですが、時速100キロで走行していても普通のセダンで60キロで走っている感じで落ち着いて運転できます。

しかも、コーナリングでの限界はとても高く、普通に運転していると先行車にうっかり近づきすぎてしまいます。

普通のセダンであれば、コーナリングを飛ばし気味で曲がると浮いた感じがしますが、レクサスISは地面に張り付いた感じで曲がれます。ロードノイズはしっかり入ってきますが、気にならないように上手く抑えられています。

ちなみにレクサスIS350の走行性能は、Motor Trendのテストデータを参考にすると、前期型であればS2000や86などの本格スポーツカーよりもコーナリングでは劣るものの、直線では勝ります。

新型のレクサスIS350は、前期型よりもボディ剛性が高まっていて、コーナリング性能とブレーキング性能が1~2ランク高くなっています。加速性能については、トランスミッションが8速ATになって加速フィールが滑らかになったものの、同じエンジンを搭載しているためほとんど同じです。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=FHJEzt3eSSI

 アクセス解析をしていると、『レクサスIS350 加速』などのキーワードでなぜかこのページがヒットするようです。そこで、せっかくですので、IS350の街乗り加速シーンを公開いたします。

 

レクサスIS350 version Lの良さは、アクセルを踏み込んだときの加速感とエンジン音、スタイリッシュかつ上品な外観、落ち着いた感じの内装など、挙げればきりがないほどです。

レクサスISの購入を検討されている方のために、私のレクサスIS350の詳細レビュー動画をご用意しました。ぜひ動画をご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=WZVHWv4EA5I

 

Pocket
LINEで送る

レクサスとの出会い

 

私がレクサスの車を初めて認識したのは、今から2年ほど前になります。それまでは車について特に興味が無く、将来フェラーリのオーナーになりたいなー、ぐ らいの漠然とした気持ちでした。

横断歩道を歩いていたときなのですが、ふと上品そうな高級車(たぶん白のLS)が目に留まり、高級セダンについて興味を抱くようになりました。

それまでは高級車を見ても何とも思わなかったのに、不思議なものです。

まずは実車を見に行く

 

時がすぎ、『レクサスの車を買いたい!』という気持ちが高まりました。そして、ちょうど嫁さん(当時は彼女)が通勤で車が必要かもしれなくなり、もう一台車を買うことを検討しました。絶好のチャンス到来です。

しかしながら、予算が厳しく制限されており、100万前後の車であればOKと言われていました。そもそも嫁さんは当時は車に興味が無く、乗れれば何でも良いと考えていました。

さっそくインターネットで100万円前後の中古のレクサス車を検索しましたが、当時は程度の良さそうなレクサス車は売っておりませんでした。

とはいっても、『ここで妥協してはいけない、まずは行動あるのみだ』と自分に言い聞かせて、さっそくレクサスの中古車の 購入に向けて行動しました。

まずレクサスCPO(認定中古車)が車初心者向きとのことで、さっそくCPOの車を扱っているディーラーの元に嫁さんと一緒に向かいました。

当初は燃費の良いレクサスHSの購入を考えていましたが、レクサスHSの近くに並んでいたレクサスISに私と嫁の両者とも一目ぼれしました。

以前からISの写真は見ていましたが、実車を見るとまた印象が違い、流鏑馬のイメージを取り入れた、とてもスタイリッシュで品のある外観が印象的でした

嫁さんはレクサスISならOKと言ってくれましたが、レクサスISの方が燃費がかかるんですよね。。。

とりあえずのことは伏せておき、嫁さんとの気合の商談により、200万円まではOKとなりました。ちなみにレクサスISの認定中古車は200万円からとなっており、車両価格が200万円であっても諸経費込みで230~240万ぐらいになります。

また、冬に備えてスタッドレスタイヤを購入する必要がありました。ディーラーでスタッドレスタイヤを購入すると、20万円以上かかることがわかりました。

さらに嫁さんが通勤で車が必要ではなくなったため、レクサスISは趣味代から出費するという極めて不利な状況になりましたが、それでもあきらめませんでした。

 

レクサスIS350の購入

 

さっそく、ディーラーでワインレッドのIS250 version Sの見積もりを取っていただきました。ですが、試乗をしたところ、通勤用としてはversion Sは足回りが固すぎるような感じがしました。

通勤路は路面が荒れているところが数ヵ所あるので、落ち着いて運転するにはもう少し柔らかめが良いなと思いました。また、アップダウンの多い道を通るので、もう少しパワーが欲しいところです。

そうすると、IS350のversion Lが良いかなと思いましたが、CPOで扱っていて予算内で購入できるIS350を探していただきました。

幸い同じワインレッドのIS350 version Lが210万円ほどで見つかり、『これだ!』と思い購入まで一歩手前のところまで行きました。しかし、嫁さんとの商談において、オーバーは許可するけれど、ワインレッドは駄目でシルバーならOKという難題が。。。

シルバーも悪くはないんですけれど、いまのカローラもシルバーだから、違う色にしたいんですよね。

その他いろいろありまして、結局のところ嫁さんの強大な権力に負けてしまい、レクサスCPOで認定中古車を購入することは断念しました。

そこで、カーセンサーでレクサスIS350の中古車を検索したところ、レクサスCPOと比べると、手ごろな価格で欲しい個体が選べる程度に数がそろっていました。

問題は、万が一故障したときにどうするかですよね。当時は車のメンテナンスことはさっぱりわからなかったので、なおさら不安でした。ですが、故障の場合はディーラーに持っていけばCPOの車 と同じく修理の対応をしてもらえるとのことで、いまのレクサスIS350を購入するに至りました。

念のため、レクサスの中古車を購入する前に、中古車の購入先の販売店に故障の際の対応について聞いておくと安心です。一昔前は、レクサスディーラーでは認定車両以外は対応を断るところもあったようです。

その方は、トヨタディーラーで対応してもらうことで、事なきを得たそうです。そもそもレクサスディーラーとはいっても、整備工場は確か大元のトヨタとなります。

嫁さんは当時、車のことなど無関心でしたが、最近では私の車にかける情熱を理解してもらえるようになりました。>何事も忍耐強く続けることが大事だと思います。

 

レクサス認定中古車のあまり知られていない情報については、以下をご覧ください。

レクサスの中古車は、CPO(認定中古車)一択ではない理由

また、レクサスIS350の維持費については、以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

レクサスIS250 or IS350の意外な維持費をご参照ください。

 

本記事が皆様の参考になりましたら幸いです。

 


この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

Pocket
LINEで送る


車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、こちら(本ブログ記事)をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆関連記事☆

トップページに移動

最新記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.11.1 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ