中古のスポーツ高級セダン・クーペの魅力(メリット・デメリット)

中古車

まず、高級セダン・クーペ(以下、高級車)のデメリットは、何といっても維持費でしょう。車の維持費って、所持(購入)するだけでもけっこうなお値段なのに、高級車を維持するとなると何かとコストがかかりますよね。

しかし、中古車の場合には高級セダンは値落ちが大きく、購入コストを大幅に抑えることができますし、維持費も工夫次第では10万円以上抑えることができたりします。

本記事では、私が車の知識がほとんど無かった状態から、中古の程度の良いスポーツセダン・クーペを捜し求めて気がついたことを述べたいと思います。

ところで、私はレクサスIS350とカローラ1.8lを所持しているのですが、年間の維持費はおおむね100万円です。年間の走行距離は、街乗り7000キロ、高速道路を10000キロ以上です。いま気づいたのですが、かなり維持費がかかっていますね(汗)。

これは、レクサスIS350の維持費が高いというよりも、高速代で40万円(ガソリン代込み)を使うからです。レクサスIS350の維持費自体は、本ブログに記載しているように経費を節約すると、同排気量の国産車とほとんど変わらない費用になります。ちなみに、車が2台必要な理由は、嫁さんもたまに車に乗るからです。

それでは、レクサスIS350をFIT3ハイブリッドなどに切り替えた場合、年間の維持費をどのくらい抑えることができるでしょうか?簡単に計算したところ、20万円ぐらい節約できます。低燃費車が売れている理由がよ~くわかります(汗)それなりの距離を乗られるのであれば、ガソリン代を抑えることができるハイブリッド車を検討するのもありだと思います。

ただし、低年式で多走行の中古のハイブリッド車は、バッテリー関係の出費で結果的にコスト高になる可能性がありますので、注意が必要です

また、ハイブリッド車はガソリン車と比べて購入価格が高くなりますので、それなりに走行しないと元が取れなかったりします。ハイブリッド車を購入する場合には、年間の走行距離を計算しておき、お得かどうかを判断する必要がありますよね。

実は、私も年間走行距離は2万キロ近くありますので、燃費を考慮して、はじめて購入する車をレクサスHS(ハイブリッド車)にしようと思っていました。ですが、購入しなかった理由は、嫁の実家のガレージにHSと両親の車2台をとめておくことができず、嫁から反対されたからです(笑)。

しかし、ハイブリッド車と比べてガソリン代や自動車税のかかるレクサスIS350を購入して、むしろよかったと思います。なぜなら、スポーティセダンの良さを知ることができたからです。

コーナーを曲がっているときに地面に接着しているような感覚や、アクセルを踏み込んだときの加速感や安定感がとくに気に入っています。このような感覚は、私がたまに運転しているトヨタSAIやカローラにはありません。

特に、トヨタSAIについては、ゆっくり運転できるところではとても落ち着けるのですが、とっさの加速(追い越し等)でもっさりしているのが不便に思います。私がトヨタSAIを運転するところは、大阪の市街地で飛ばしている車が多いので、運転にはかなり神経を遣います。一方、レクサスIS350で同じ道を運転したときには、ささっと加速できるのでいざというときの安心感があります。

ハイブリッド車を購入される際には、試乗をしてみて運転フィーリングをじっくり確認することが大事だと思います。

個人的には、車の流れがゆったりしているところを落ち着いて運転するのにハイブリッド車は向いていると思います。

ハイブリッド車を選ぶかどうかは別にして、中古者を購入する際には、維持費だけでなく、車体価格も考慮することが重要です。

私が購入したレクサスIS350は、オプション込みでの新車価格が600万円相当ですが、購入時は200万円です。しかも、新車並に状態が良かったです。中古車市場では、程度の良い車がお得な値段で出回る時期は限られていますので、チャンスを逃さないことが重要です。

それでは、中古の高級車の主な利点を挙げてみましょう!

 

Pocket
LINEで送る

安全性が優れている

 

まず、私が何よりも重視するのが安全性です。車を運転する際に、どうしても避けられないのが疲れです。高級セダン・クーペは最先端の安全システムが付けられていることが多く、とても安心して運転することができます。

たとえば、私のIS350であれば、プリクラッシュセーフシステムで衝突を回避もしくは軽減できますし、ブレーキの効きが早く、100km/hからのブレーキも40.1メートルと優秀です。ものすごく飛ばさない限り、ブレーキを踏み込んでも車体を容易に安定させることができます。また、加速性能が優れているため、前の車との車間距離を長めに取れるため安全性がさらに高まります。高速道路での安定感も抜群です。風で車体がふらつくこともほとんどありません。

私はカローラ1.8lをたまに運転するのですが、車の運転時はある程度神経を使います。理由は、ブレーキの効きが遅いことや、車体が不安定になることがあるため、常に気が抜けないからだと思います。

また、高級セダンを運転していると、車間距離を詰められることが少なくなるというメリットがあります。私自身、レクサスISとカローラを運転している場合を比べると、カローラを運転しているときは車間距離を詰め寄られることが多いです。

しかし、カローラを運転していて遅いというわけではありません。カローラ1.8l(2004年式)は車体重量が1100kgと1800ccのセダンの割りには軽くて、最大トルクが17.9kg・m(132ps)あります。0-100km/hは7秒台なので、周りの車と比べると十分な加速力があます。煽って来る車よりも速いことが多いです。

一方、レクサスISを運転していると、先行車がノロノロ運転をしていて自車も低速で運転している場合にも、車間距離を詰め寄られることが少ないです。ちなみに、私は安全第一で運転しており、車の流れにあわせた速度で走っています。

安全を確保できるところで車の状態や性能限界を確認するために、スポーツ走行を試すことはあります。

このように、安全かつリラックスして運転できるのが高級セダン・クーペの強みであるといえます。中古の高級車の場合は安全装備が充実していることが多く、お買い得です。

優雅な運転を楽しむことができる

 

純粋なスポーツカーほどではないですが、最近のスポーティセダンはスポーツカーに勝るとも劣らない走行性能があります。たとえば、クラウンアスリートと国産スポーツセダンのレース場でのバトルでは、何とクラウンが勝ってしまいました。そもそもクラウンはラグジェリーカーでもあるので、レースには不要な装備が多くあり不利です。つまり、高級スポーツセダン・クーペは、高級セダンとスポーツカーの良さを備えているところが魅力ですね。優雅な運転とスポーツ走行を楽しめる車は、何といってもジャガーFタイプ クーペだと思います(詳細は、こちらのほうで熱く語っております)。

車内が快適である

 

高級セダン・クーペは、車内で快適に過ごせるような工夫がなされています。特に、静粛性の面では、防音剤・吸音材制振剤が室内やエンジン周りに大量に配置されています。ハイブリッドでなくてもアイドリング中の静粛性が高くなるように工夫されています。高速道路では、100キロで走っていても、普通のセダンの60キロ以下で走っているぐらいの感覚です。たとえば私が公開しているパドルシフトの基本操作に関する動画をご覧いただければ、走行中も車内が静かであることがおわかりいただけると思います。

抽象レベルが上がる

 

個人的な意見ではありますが、普段から本質的に良いものに触れていると、コンフォートゾーン(快適空間)のレベルを高く保てます。目的意識があれば、仕事や日常で良いアイデアを出しやすくなります。このサイトを立ち上げたきっかけは、中古のIS350を購入し、その良さを広めていきたいと思ったからです。それ以前は、車についての知識はほとんどなく、人の役に立つ記事を書くこともできませんでした(今でも、まだまだですが)

装備・機能が充実している

 

高級セダン・クーペは、そのメーカーのフラグシップ故に、先端的な装備・機能が充実しています。中古で高級セダン・クーペを買った場合でも、もともと上質な素材や機能が備わっているため、数年経っても十分に使えます。高級セダン・クーペに備わっている装備は、数年経ってもセグメントが下の車にオプションとして設定されていることが多いです。いろんな機能を使用していると、車に詳しくなるのも利点として挙げられます

 

ドアの重厚感がある

 

高級車に乗っていることを実感するのは、豪華な内装よりも、ドアを閉めたときの重厚感です。

レクサスのドアはかなり分厚く、重いです。ドア周りには衝撃を和らげるための素材がたくさん使われていますので、その効果で低い音を奏でます。このドアを閉めたときの音が癖になるほどです。

私はディーラーでレクサスISを試乗しに行ったときに、カローラと同じようにドアを閉めたらズドーンっていうとんでもない音がしました。かなり恥ずかしかったです。

最初この分厚いドアを見て思ったのが、「横から衝突されても比較的被害が少なくてすみそうだなぁ」です。

以下の動画は、私が普段運転している2006年式のレクサスIS350 version Lの詳細レビューです。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=WZVHWv4EA5I

私がお勧めしている中古のセダン・クーペとしては、レクサスIS以外には以下のものが挙げられます。

今がお買い得のおすすめ中古セダン・クーペ

 

高級車の中古車に興味がございましたら、以下の記事も参考になるかと思います。

中古の高級車(外車・輸入車)はお買い得なのか?

 

Pocket
LINEで送る

本記事を参考にしていただき、皆様が良い車にめぐり合えることを願っております。

 

 


この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

Pocket
LINEで送る


車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、こちら(本ブログ記事)をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆関連記事☆

トップページに移動

最新記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.12.3 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ