抜群に速いコンパクトカーを一挙公開!ホットハッチの底力とは?

jaguarFtypeRcoupeAWD

本記事では、コンパクトでそんなに速そうに見えないのに、ものすごく速いスポーツ・コンパクトカー(通称ホットハッチ)をご紹介します。

ホットハッチは実用性の優れたハイパフォーマンス・コンパクトカーのことであり、大衆向けコンパクトカーとは全く異なる高性能パーツやハイパワーエンジンが搭載されています。

迫力面では大きなスポーツカーには劣るものの、全長が短いため車庫入れが楽ですし、小回りが効く車がほとんどなので、日本の道路事情に適しているため気軽に運転できます

しかも大人4人がしっかり乗れる車が多く、実用面で優れているのもポイントです。

価格帯が高水準なのがネックですが、中古車市場では割と高年式でも値下がりしている車が見つかります。

ちなみにホットハッチ・コンパクトカーの明確な定義はありませんので、ここでは全幅1.8メートル+α、全長4.3メートル+αを上限とします。

海外と違って日本の道路は何かと狭いので、街中やタイトな峠などでは最速車種と言えそうですね。

※最高性能のホットハッチは車幅1.8メートル近くありますので、コンパクトと言えるのか微妙なところではあります。

2016年10月29日更新

本記事に記載しているカタログデータは、日本有数の掲載在庫台数を誇るカーセンサーを参照しております。

Pocket
LINEで送る


【アウディ】RS3 スポーツバック

Audi_RS3_Sportback_Daytonagrau

(出典: ja.wikipedia.org)

新車価格:756万円

中古車平均価格:335万円

年式:2015年10月~

カタログデータ


アウディ3シリーズの超高性能スポーツモデルです。コンパクトカー最速候補です。

クラスを超えたパフォーマンスを有しており、停止状態から時速100キロ(以降、0-100km/h)までわずか4.3秒で到達します。

(0-100km/hについては、「【2016】国産車・輸入車の0-100km/h加速 etc.!」をご参照ください。)

またライバルのAMG A45とのゼロヨン対決では、0-96.6 km/hにおいて3.6秒を記録しており、AMG A45とはコンマ0.3秒の差をつけています。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=97lNMnjJGAE

 
注目すべきは、車両重量が1560キロのボディに対して、47.4kg・mの最大トルクを1625~5550 rpmの広範囲で出力することです。

つまり街中でアクセルを踏み込むと、即座に低回転から怒涛の加速感を味わえます

クワトロAWDのお陰でホイールスピンによるパワーロスもあまりないですし、電光石火のごとく変速する7速Sトロニックが採用されていますので、とにかくキビキビ走ります。

ベースモデルのA3 スポーツバックと比べても、全幅が15センチ広い1.8メートルとなっているだけで、全長は変わらず4.34メートルのままです。

最小回転半径も相変わらず5.1メートルのままですので、小回りもバッチリと申し分なしです。

ちなみに、さらにコンパクトなアウディS1(423万円~、カタログデータ)もかなり速いクルマです。全幅1.74メートル、全長3.99メートルのコンパクトボディに、最高231馬力を出力する2リッター・ターボを搭載しています。0-100は5.8秒(公式)です。

(追記)

以下は、制限速度が無制限の区間が存在する高速道路「アウトバーン」での加速シーンです。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=TZPgl9yHoPs



(※私の再生環境では動画が音飛びして始まりますが、33秒からの加速シーンは問題なく再生されます。)

PV

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=wva5vz9jShM

 
ちなみにアウディの最小コンパクトカーであるA1の高性能モデル「S1」も結構オススメです。

5ナンバーに近いサイズながらも、最大231馬力を出力するクワトロ4WDとなっていて、0-96.6 km/hでは5.7秒の瞬足を誇ります。

新車価格は423万円~、中古車としてはカーセンサーのこちらのページによると、300万円前半となっています。

目次に戻る

 

【フィアット】アバルト695 ビポスト

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=ZXkHOUzOHBQ



新車価格:599万円~845万円

年式:2015年9月~

カタログデータ


ドイツ車のホットハッチが性能面で特化しているのに対して、この車は運転する楽しさをとことん追求した仕上がりになっています。

スポーツタイプのハイパフォーマンス・コンパクトカーは全幅1.8メートル近くある車がほとんどですが、この車は車幅1.64メートル、全長3.675メートルですから5ナンバーサイズで本当にコンパクトです

最高190馬力を出力する1.4リッターのチューンドエンジンを搭載しており、0-100km/hは5.9秒(公式データ)となっていますが、乾燥重量が997キロでグイグイ曲がるため、それ以上に速く、軽快に感じます。

いわゆるライトウェイト・コンパクトスポーツカーのような位置づけですね。狭い街中や峠では、大排気量の車をスルスルと抜いていくことができたりしますので、ある意味一番速いコンパクトカーかもしれません

フル仕様で845万円なので正直高いですが、走りをとことん楽しみたい方や、見た目とギャップが大きな車が好みの方にはたまらない一品です。

https://www.youtube.com/watch?v=SRmDGcgvJ4Q&nohtml5=False

 

目次に戻る

【BMW】M135i

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=q1tj286W9Aw


新車価格:578万円

中古車価格:123万円~519万円

年式:2011年10月~

カタログデータ


BMWのエントリーモデルである1シリーズの高性能モデルです。BMWには、クラスごとに高性能パフォーマンスモデルのMシリーズがラインアップしています。

このM135iには、BMWのミドルクラス以上の車種に搭載されている3リッター直6ターボエンジンが搭載されていて、0-100km/hまでわずか4.9秒で到達します。

FRで全幅1.76メートルのコンパクトなボディに、最高326馬力、最大トルク45.9kg・m/1300~4500rpmというオーバースペック気味のエンジンを積んでいます。

アウディRS3と同様に最小回転半径は5.1メートルで小回りも効きます。

カーセンサー.netのこちらのページをチェックすると、新車価格の半額程度で程度の良さそうな車が見つかりますね。

https://www.youtube.com/watch?v=XFpSi3u_JfA

この車の加速シーンです。0-100km/hだけでなく、日本ではなかなか試せない 0-160km/h や 0-200km/h も確認できます。

フラットに伸びるタイプですので、街中でも運転しやすそうですね。BMWの車はエンジンスペック以上に加速感があり、山道を走るのがとても楽しいのが特徴的です。

目次に戻る

 

【メルセデス・AMG】A45 4マチック

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=qhGjREyEUjA


新車価格:640万円~970万円

中古車価格:410万円~720万円

カタログデータ


メルセデス・ベンツの専用スポーツチューニング部門「AMG」で独自開発された車です。

Aクラスはメルセデス・ベンツのエントリーモデルではありますが、AMG部門ではコストのかかるパーツを惜しみなく使ってA45 AMGを作り上げています。

たとえばメルセデス・ベンツの最新技術が詰まった4気筒ターボエンジンが搭載されており、このエンジンは最高381馬力、最大トルク48.4kg・m/2250-5000rpmを出力します。アウディRS3よりもパワフルです。

また、トルクを可変配分する4WDシステムや、AMGの『Ride Control』と呼ばれるスポーツサスペンション、ドライバーの高揚感を高めるAMG独自のエキゾースト音・サウンドシステム、ダブルクラッチの7速ATなどが組み込まれています。

発進加速では、アウディRS3が2速で時速100キロ近くまで到達するセッティングなのに対して、A45 AMGは3速で時速100キロに達するように設定されていますね。

以下の動画では、0-100km/hで4.0秒を記録しています。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=Fnno7MpRKk4


最高速はアウトバーンで260~270キロぐらいまでは出るようです。


目次に戻る

 

【トヨタ】ブレイドマスター

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=qTwgz5EQ2fg



新車価格:277万円~342万円

中古車価格:100万円前後

年式:2006年12月~2012年4月生産モデル

カタログデータ


高価な車が続きましたが、ここで庶民よりのハイパワー・コンパクトカーのブレイドマスターをご紹介します。

この車には3.5リッターV6エンジンが搭載さてれおり、最高出力280ps/6200rpm、最大トルク35.1kg・m/4700rpmを出力します。

以下はブレイドマスターG(3.5リッターモデル)の加速シーンです。車両重量が1500キロ以下のFF車としては相当速いですね。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=9oOlDn8iMJY


最小回転半径が5.5メートルとなっていますので、コンパクトサイズの車としては取り回しはやや不得手ですが、全長が4.26メートルですので実用的には問題なさそうです。

ブレードマスターは、内装のクオリティと静粛性も優れていることから、ラグジュアリー・コンパクトカーのような位置づけとなっています。

この車は既に生産が終了していて、カーセンサーのこちらのページを検索してみると、3.5リッターのモデルは在庫がごくわずかとなっていますね。

 

目次に戻る

【フォルクスワーゲン】ゴルフ R

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=t9FnRvUoA9w



新車価格:539万円~549万円

年式:2013年4月~

カタログデータ


実用的で走りの良い人気コンパクトカー『ゴルフ』の最高峰スポーツモデルです。ゴルフシリーズは前輪駆動(FF)ですが、このRシリーズは4WDの特別仕様となっています。

トランスミッションには6速DSG、エンジンには最高280馬力を出力する2リッター4気筒のエンジンが搭載されています。

エンジンパフォーマンスでは同門のアウディ RS3に劣りますが、スポーツカーの専門家の間では一目置かれるほど完成度が高い車です。

人気北米自動車メディア『Motor Trend』のテストデータによると、0-100km/hは4.5秒、ゼロヨンは13.1秒を記録しています。

コーナリング性能やブレーキング性能についてもハイパフォーマンスカーといっても良い仕上がりになっています。

ちなみに2015年度のスバル WRX STIと比較すると、以下のとおりビックリするほど基本性能が似ています。最初は何かの間違いかと思いました。

0-100 km/h: 4.6秒(WRX STI), 4.5秒(ゴルフR)

ゼロヨン: 13.1秒(WRX STI), 13.1秒(ゴルフR)

60-0 mph: 108フィート(WRX STI), 108フィート(ゴルフR)

Figure 8: 24.9秒(WRX STI), 24.9秒(ゴルフ R)

性能指標についてはこちらのページをご確認ください。

以下は、時速257キロまでの加速シーンです。こちらのテストでは、0-100km/hで5.2秒を記録してます。

https://www.youtube.com/watch?v=1bTIoXzsezk

 

 

目次に戻る

【マツダ】 アクセラスポーツ 2.3 マツダスピード

https://www.youtube.com/watch?v=eLnuRGHm_Ew


新車価格: 268万円

年式:2009年~2011年

カタログデータ


マツダのハイパフォーマンス・ハッチバックです。MTモデルのみのスポーツ仕様の特別車であり、最高264馬力、最大トルク38.7kg(3000rpm)を出力する2.3リッターのターボエンジンを搭載しています。0-100km/hは約6秒です。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=VYC4wdKchQA

 
前幅は1.77メートル、全長は4.51メートルですから、ある程度コンパクトなサイズに収まっています。

車両価格が抑えられていて、年式もまだまだ新しいため、硬派なスポーツカーの中古車をお買い求めの方におすすめです。若い人が購入・維持しやすいスポーツカーの一つですね。

新車は生産中止となっていますので、カーセンサーNETのこちらのページなどから中古車を探すことになります。

 

目次に戻る

【ホンダ】 シビック タイプ R 

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=bPr9lhN7u4s


新車価格: 428万円

年式:2015年12月~

加速性能:B+

カタログデータ


FF車として、ニュル最速のラップタイムを記録したことのあるスポーツカーです。

最高310馬力、最大トルク40.8kg・mを出力する2リッター4気筒ターボエンジンを搭載しています。

以下の動画では、アウトバーンで290キロまで加速しているシーンを確認できます(平地ではメーター読みで276キロ出ています)。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=Vhx_wC1pve8


2015年モデルの新型車は400万円をオーバーしていますが、前モデルの在庫車(2007年3月~2010年8月)は200万円程度から購入できます。

※全幅1.88メートル、全長4.39メートル、最小回転半径は何と5.9メートルですので、個人的にはコンパクトとは呼べないと思いますが、コンパクトカーと言われることもありますので、参考までに追加しておきました。

 

目次に戻る

【プジョー】 208 GTI

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=itjjKPxcmww


新車価格: 322万円

年式:2012年11月~

カタログデータ


プジョーのコンパクト・ハッチバックである208シリーズの高性能モデルです。

GTIには208馬力/6000rpm、30.6kg・m/3000rpmを出力する1.6リッターの4気筒ターボエンジンが搭載されています。

自動車メディア『Auto Express』の0-60mph(≒0-100km/h 加速)テストでは7.2秒を記録しています。探せば6.6秒という記録もあります。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=a9tVo8YbNRA

 
車両重量1200キロ、全幅1.74メートル、全長3.97メートルなので高性能コンパクトカーの中では割とコンパクトな部類に入ります。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=a1_V37NQsH0



Pocket
LINEで送る

その他


日本で正規に販売されている車以外では、フォード フォーカスRSとセアト レオン クプラがとにかく速いです。

平行輸入車として購入できるそうなので、レアな車がお好みの方はチェックされてみてはいかがでしょうか?

ニュル8分切り、セアト レオン クプラ 280を並行輸入いたします

新型フォード フォーカス RS MK3を並行輸入いたします。


この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

Pocket
LINEで送る


車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、こちら(本ブログ記事)をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆関連記事☆

トップページに移動

最新記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.11.1 by Dr. Poni


2 Responses to “抜群に速いコンパクトカーを一挙公開!ホットハッチの底力とは?”

  1. 匿名 より:

    コンパクトカーの定義で幅1.8までっていうのはちょっと大きい気がします。
    クラウンと同じですし、、、

    • Dr. Poni より:

      コメントありがとうございます!幅だけを考慮すると、幅1.8メートルはやや大きいですよね!私もそのように感じています。

      実際のところ、私が普段運転している車の全幅が1.79メートルですので、以前の5ナンバーのコンパクトセダン(幅1.695メートル)と比べると、すれ違いなどで気を遣うケースが少し増えた感じがします。

      個人的にはコンパクトカーの定義として全幅1.7メートルぐらいに抑えたいところでしたが、国産車・輸入車に限らず、スポーツタイプの速いコンパクトカーの車幅は1.7メートル(5ナンバー上限)を超えているのが現状です。

      一般にゴルフやアウディA1シリーズ、メルセデス・ベンツAクラスなどもコンパクトカーとして広く認識されているようですが、やはり車幅は1.8メートル近くありますので、『コンパクトと言えるの?』と疑問に思ったことがあります。

      ただ上記欧州車はハッチバックタイプですので全長が短いですし、最小回転半径も5メートル+αぐらいですので、取り回しで困るような方は少ないのではと思います。

      また立体駐車場の上限幅の制限も全幅1.8メートル~がほとんどのようですので、コンパクトカーとして許容できるギリギリのラインといったところではないでしょうか。

      クラウンは現行ですと全長は4895mmもありますが、最小回転半径はFRのモデルであれば5.2メートルですし、小回りは割と良いですよね。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ