現行型レクサス車のスタイリッシュな外観とその問題点

レクサスRC-F

街中でレクサスの車を見かけられた方であれば、その外観の美しさに目を奪われたことがある人は少なからずいるはずです。

レクサス車は塗装クオリティがとても高く、遠くから見ても何とも言えない美しさがあります。あまり洗車していない(ように見える)レクサス車でも、遠くから見ればそれなりに美しいほどです(笑)。

実は、私がレクサスの車がほしくなったきっかけは、レクサスLS(2009年モデル)の上品な外観が気に入ったからです。レクサス車は、色合いに深みが出るコーティングをしておけば、さらに美しくなります。

一方で、現行レクサス車のスピンドルグリルが採用される以前は、パッと見でレクサス車であるかどうかわかり難いことが指摘されていました。

このため、現行車では、共通のスピンドルグリルとL型のアクセント(デイライトなど)を付けることで、レクサス車であることが一目でわかるようになりました。

スピンドルグリルは、先進的なデザインであり、見慣れるとけっこういい感じに見えてきますし、L型のデイライトは一目でレクサス車であるとわかるという点では良いですよね。

しかしながら、レクサスが現行車に共通のスピンドルグリル(フロントグリル)を採用するようになってから、せっかくの塗装の良さが目立たないようになったと感じています。

私はL型のヘッドランプなどは単体で見ると中々良いんじゃないかと思います。ですが、もともとすっぴん(塗装)が美しいのに、厚化粧をすることによって元の良さが半減してるのではないでしょうか?

たとえば、Lマークの横にL型のヘッドランプを付けることにより、Lマークが目立たなくなっています。

BMWやベンツ、ポルシェはそれぞれ目立つシンボルをつけていますが、それ以外のパーツはあまり目立ちません。

一方、現在のスピンドルグリルもL型のパーツについても、好きな人もたくさんいるはずです。せっかくの高級車に乗っているのですから、よく見かける外観なのは好ましくないと考える人もいるでしょう。

私も単体で見たときには良いと思える部分もありますので、スピンドルグリルはオプションとして追加できるようにしてほしいなぁ、と思う次第です。

レクサスのスポーツセダン・クーペについては、ライバルのBMWと互角に近づきましたから、外観についてももう一歩といったところではないでしょうか?

なお、個人的には、車高の高いSUVにはスピンドルグリルが似合っていると思っています。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=6uYmuQdH03c

 

本記事が皆様の参考になりましたら幸いです。

 

 


この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

Pocket
LINEで送る


車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、こちら(本ブログ記事)をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆関連記事☆

トップページに移動

最新記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.12.3 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ