ハイパースポーツセダン対決の行方は? ATS-V 対 AMG C63 S

2011-best-drivers-car-on-runway

『Motor Trend』のHead To Headシリーズの第69弾として、セダントップクラスの走行性能を誇るメルセデス・ベンツAMG C63 SとキャデラックATS-Vのレビュー動画・記事が公開されました。両車ともに、高級車としてのラグジュアリー性や快適性を維持しつつ、ベースモデルよりも著しく走行性能を高めています。

このクラスのスポーツセダンでは、これまでBMW M3がベンチマークとして、そしてある意味王者として君臨していました。しかし今回の刺客であるメルセデスAMG C63 SとキャデラックATS-Vはかなりのつわものです。

果たして、BMW M3を超えるセダンが登場したのでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=OEJYD6PS9q0

 

Pocket
LINEで送る

スペック比較

C63&ATS-V

BMW M3は、3リッターのツインターボエンジンを搭載しており、最大431 ps(以下、馬力)を出力します。そして車両重量はわずか1590キロに抑えられています。

メルセデス・ベンツAMG C63 Sは、ミドルクラスと呼ばれるセグメントに属するCクラスの高性能モデルです。63の文字が示すとおり、6リッター超えのエンジンを搭載しており、最大510馬力を出力します。車両重量は1789キロであり、BMW M3よりも約200キロ重いです。

キャデラックATS-Vは、3.6リッターのV6ツインターボエンジンを搭載しており、最大470馬力を出力します。車両重量は1722キロです。

 

セダントップクラスの走行性能

C63AMGS

まず0-100km/h加速(=0-60 mphとします)の性能をチェックしてみましょう。Motor Trendのテストデータによると、BMW M3とAMG C63 Sは4秒ジャスト、ATS-Vは3.7秒とやや優位です。日本の街中を走っている車は、たいてい10秒以上ですから、凄まじい加速力ですね。ゼロヨンは3台とも12.1~12.3の間であり、ほとんど僅差と言えます。

参考までに、ジャガーFタイプ Rクーペの0-100km/h加速は3.6秒、ダッジ チャージャー SRT Hellcatは3.7秒、カマロ ZL1は3.9秒、アウディRS5は3.9秒です。

次にブレーキ性能を見てみましょう。まずフロントにカーボンセラミックブレーキを装着したAMG C63 Sは30.8メートルです。AMG C63 Sはフロントが重く、フロントに強力なブレーキを装着しています。リアは鉄ブレーキです。参考までに、国産乗用セダンの大半は40メートル以上です。

ATS-Vは30.2メートルであり、これはフェラーリ458イタリアと同じ記録ですから、かなり優秀ですね。一方、前後にカーボンセラミックブレーキを装着したBMW M3は31.7メートルにとどまっています。M3の車両重量を考慮すると、もう少し健闘したほうが良い、といったところでしょうか?

参考までに、国産車のランサーエボリューションXは32メートル、WRX-STIは32.3メートル、レクサスRC-Fは32.6メートル、GT-R ニスモは29.6メートル、ジャガーFタイプRクーペは28.7メートルです。

続いてコーナリング性能を見ていきましょう。これはフィギュアー8と呼ばれるMotor Trendの8の字コースのテストタイムで示されます。まず、AMG C63 SとM3は同タイムの24.1秒でした。これに対して、ATS-Vは23.7秒とライバルにコンマ4秒の差をつけています。

参考までに、カレラ 911 4Sは23.9秒、フェラーリ458イタリアは23.6秒、GT-R ニスモは23.1秒です。

以上のことを考慮すると、基本的な走行性能ではキャデラック ATS-Vが優位であり、2位がAMG C63 S、3位がM3であることがわかります。

次に、”運転の楽しさ”や”レース場での性能”をチェックしましょう。

 

運転が楽しい車はどっち?

 

今回は、エクステリア&インテリア、峠道とレース場の3つのケースでレビュアーが評価をしています。まずはエクステリア・インテリアについてみていきましょう。

 

エクステリア&インテリアのレビュー:

★キャデラックATS-Vの評価

エクステリアについては、威圧感のあるフロントのルックス、まずまずのリアビュー、跳ね上がったスポイラー、4本出しマフラーなどがポイント。とにかくアグレッシブなスポーツセダンという印象がある。

インテリアについては、包まれ感の高いシートが良い。ノブではなく、タッチパネル式で使い勝手が良くないのが欠点。

ATS-V

 

★メルセデス・ベンツ AMG C63 Sの評価

Sクラス似のルックスは良い。ヘッドライトは(このレビュアーの)好みではない。インテリアは素晴らしいの一言。カーボンを使わず、ウッド・メタル・皮を上手く使用したエレガントで流れるようなデザインが良い。

少しプラスチッキーだけれど、Cクラスであることを考慮すると問題なし。アルカンターラ張りのハンドルの握り心地は抜群。

C63AMGS2

 

峠道のレビュー:

★キャデラックATS-Vの評価

ずば抜けたシャシー、ハンドリング、グリップ性能がある。おそらく世界で一番ハンドリング性能の優れたセダン。8速ATのトランスミッションの出来もかなり良い。ブレーキはカーボンセラミックではないけれど、素晴らしくよく効く。

エンジン音はごく普通で物足りない。ツインターボエンジンを搭載している車としては、高揚感溢れるサウンドが欲しい。

総合的に見ると、BMW M3のタイトルを奪えるレベルに達していると考えられる。

 

★メルセデス・ベンツ AMG C63 Sの評価

V8気筒のエンジンサウンドがとにかく良い。アグレッシブな感じが上手く演出できている。鉄のこぶしのような凶暴な車というイメージ。ハンドリングについてもすごくアグレッシブ。フロントヘビーであるためタイヤがロールするけれど、それゆえにぐいっと曲がれる。

ワインディングでは、ATS-VやBMW M3よりも(運転に)自信を持つことができ、おそらく速い。

フロントのみカーボンセラミックブレーキなのが疑問だけれど、ブレーキ性能自体は(ATS-Vのほうがほんの少し上だけれど)素晴らしい。

総合的に見ると、ATS-Vよりも良い。

 

レース場でのレビュー:

★キャデラックATS-Vの評価

トラックモードに設定して、スタビリティー制御などをオフにして走行。シャシーからのフィードバックが素晴らしい。ややオーバーステアがあるけれど、怖くはない。

オートマのプログラムは良好。ブレーキペダルが少し長め(踏み込む必要がある)。あまり跳ね上がる感じがせず、乗り心地は良好。シャシーのバランスが良く、ボディのロールも小さく、安定している。ハンドリングも良い。

ブレーキ性能はもうすこし欲しいところ。CTS-Vのような強烈なトルクはないけれど、滑らかでトルクフルなエンジンも好感触。

ATS-Vはレース場ではジェントルというイメージ。

 

★メルセデス・ベンツ AMG C63 Sの評価

レースモードに設定して、スタビリティー制御をオフにして走行。でも(レース場以外で)真似しちゃだめのとのこと。

伝統的なAMGのエンジンサウンドはやっぱり良い。トルクフルなエンジン。ATS-Vと同じくロールが小さく、バランスが良いため車体をコントロールしやすい。

ATS-Vよりもオーバーステアリング気味であり、車体のバランス感もやや劣る。ブレーキ性能はATS-Vよりも優れており、余裕があるように感じる。

ステアリングはATS-Vよりも正確でフィードバックも優れている。全体的にオーバーステア気味だけれど、車体の動きが予測しやすいし、あえてオーバーステア気味にして曲がるのが楽しい。

レース場においては、ATS-Vよりも強烈なドライブフィールを楽しむことができる。

C63AMGS-race

 

※動画の21分40秒から両者を比べたタイムアタックが始まります。その結果は、ぜひご自身の目でご確認ください。

 

Pocket
LINEで送る

まとめ

 

今回の対決では、メルセデス・ベンツAMG C63 Sの勝ちとなりましたが、キャデラックATS-Vの出来も素晴らしく、両者ともにBMW M3よりも『イイ!』という評価を得ました。

今後ともスポーツセダンの熾烈な競争には目が離せませんね!

 

<価格>

キャデラック ATS-V: 990万円~1090万円

BMW M3: 1104万円

AMG C63 S: 1325万円 ⇒ カーセンサーの在庫車


この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

Pocket
LINEで送る


車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、こちら(本ブログ記事)をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆関連記事☆

トップページに移動

最新記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.12.3 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ