国産車・輸入車の走行性能が一目でわかる指標

ムーンルーフ2

車の走行性能が一目でわかるような指標があれば、車を選ぶときに何かと役立ちますよね? そこで本ブログでは、走行性能に大きく関わる『加速性能』、『ブレーキ性能』、『コーナリング性能』の3項目について、SS~Hまで10段階で評価しています。

車の走行性能を客観的に評価するためには、なるべく定量的なデータ(数値)を用いるのが良いと思います。そこで本記事では、米国の自動車誌『Motor Trend』や公式データなどの信頼のおけるデータを利用して、走行性能を評価しております。

 


加速性能

 

停止状態からアクセル全開で100km/hまで到達するまでのタイムとします。TRCなどの制御機能はOFFにして、なるべく早く100km/hに到達できるようにセッティングされるケースがほとんどです。

また、速度計測ではGPSを使用します。Motor Trendでは、2つの計測システムを使ってデータ精度を高めています。

本ブログでは、0-100のタイムを以下のようにクラス分けしています。

SSクラス: 2秒台

Sクラス: 3秒台

Aクラス: 4秒台

Bクラス: 5秒台

Cクラス: 6秒台

Dクラス: 7秒台

Eクラス: 8秒台

Fクラス: 9秒台

Gクラス: 10~12秒

Hクラス: 12秒以上

街中では、一般にはFクラス以上の性能があれば、加速性能は十分にあると言えます。詳しくは以下の記事をご参照にしてください。

【2015】 国産車・輸入車の0-100km/h加速 etc.!

 

各クラスにおいて、前半0.3秒未満であればマークを付与します。たとえば、3.2秒であればS+と表記します。

参考までに、SSクラス、Aクラス、Cクラスの代表的な動画をご紹介いたします。

SSクラス: ラ・フェラーリ

システム最高出力963psのスーパーカーです。

Aクラス:

レクサスの伝統となりつつある”F”シリーズの高性能モデルです。

Cクラス:

車好き待望の4代目ロドスタさんです。世界中で絶賛されています!

 

ブレーキ性能

 

60mph(96.6km/h)からフルブレーキで停止するまでの距離とします。Motor Trendでは、フルブレーキをかけて減速し始めたところを起点としています。

また、ブレーキの温度を考慮して、複数回にわたって距離を計測し、ベスト記録が選択されています。

本ブログでは、以下のようにクラス分けをしています。

SSクラス: 30メートル未満

Sクラス: 30~31メートル

Aクラス: 31~32メートル

Bクラス: 32~33メートル

Cクラス: 33~34メートル

Dクラス: 34~36メートル

Eクラス: 36~38メートル

Fクラス: 38~40メートル

Gクラス: 40~42メートル

Hクラス: 42メートル以上

この記事を書く前にMotor Trend シリーズの動画(Ep.とIgn.)を100本ほどチェックしましたが、その中でも特に印象に残っているのがキャデラックCTSです。

SSクラス: キャデラックCTS

この車は、2014年度にMotor Trendのカーオブザイヤーに選ばれています。

ブレーキ性能につきましては、国産車の大半が30メートル後半以上であることから、40メートル未満は優秀であると考えられます。詳しくは、JNCAPのブレーキ性能試験(リンク先は最新モデル一覧)をご覧ください。

JNCAPは時速100キロメートルから停止までとなっており、Motor Trendは96.6km/hからとなっておりますので、その分数メートルの差があることにご注意ください。

 

コーナリング性能

 

Motor TrendシリーズのFigure 8 と呼ばれるテスト用コースのラップタイムとします。

テスト計測は専門のドライバーが行い、気候によるコンディションの有利・不利を調整するためのプロトコルが適用されています。

本ブログでは、以下のようにクラス分けをしています。

SSクラス: 23秒未満

Sクラス: 23秒台

Aクラス: 24秒台

Bクラス: 25秒台

Cクラス: 26秒台

Dクラス: 27秒台

Eクラス: 28秒台

Fクラス: 29秒台

Gクラス: 30~32秒

Hクラス: 32秒以上

この記事を書く前にMotor Trend シリーズの動画(Ep.とIgn.)を100本ほどチェックしましたが、その中でも特に印象に残っているのがポルシェボクスターSです。

ポルシェシリーズの911とケイマンは、ベストドライバーズカーとして毎年トップ3に入っています。

運転が楽しい国産車・輸入車の世界ランキング

 


この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。



車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の売却 ・ 買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、「車の買い替えを検討されている方へ」をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆最近の関連記事☆

トップページに移動

最近のおすすめ記事


以下の記事もよく読まれています(今週のトップ15)


icon-medal-1-16 低予算で買える不人気中古車 35選~2017年版~


icon-medal-2-16 国産車・輸入車の0-100km/h加速 etc.!


icon-medal-3-16 高級車の人気ランキング 2017 ~国産車&輸入車~


スポーツカーの人気ランキング 30選 ~価格帯別~


おすすめ人気SUV 2017 ~ 国産車&輸入車~


おすすめ人気コンパクトカー 2017 ~国産車&輸入車~


抜群に速い国産車・輸入車ランキング 2017


抜群に速いコンパクトカーを一挙公開!ホットハッチの底力とは?


100万円以下のおすすめ中古セダン・クーペ 2017


0-100km/h 加速の世界ランキング TOP10+α


国産スポーツカーの加速性能をまとめてチェック!0-100 ランキング TOP18


2017年度のおすすめの車はコレ!~価格帯別~


おすすめ人気ミニバン 2017 ~ 国産車&輸入車~


国産スポーツセダンの評価ランキング 2017


レクサスのクルマはどれぐらい速い?全車種の加速ランキングを一挙公開!


車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。また、研究で培ったデータ分析ノウハウを活用して、なるべく偏りがなく、信頼できるデータを利用しています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.12.4 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ