格安輸入タイヤが意外とおすすめな理由

輸入タイヤ

スポーティセダン・クーペにお乗りの方で、スポーツ走行は楽しみたいけれど、維持費も節約したいという方は、スポーツ走行用の高性能な輸入タイヤ+インチアップが意外とおすすめです

また、スポーティセダン・クーペに限らず、スポーツ性能を高めたい方にも、高性能な輸入タイヤ+インチアップは選択肢としてありだと思います。

街乗りメインであれば、格安輸入タイヤに切り替えて維持費を節約するという手もあります。

最近のスポーツ走行用の輸入タイヤは、侮りがたい性能があります。また、輸入タイヤの最大手AutoWay(オートウェイ)では、これまで1000万本以上のタイヤを販売した実績があることから、輸入タイヤは少しずつ一般的になってきていると思います。

しかしながら、「輸入タイヤ(アジアンタイヤ)って本当に大丈夫?」と思われる方も多いと思います。実際、私も同じように考えておりました。

一方、輸入タイヤは国産タイヤと比べて半額以下で買えることが多く、インチアップをしてもお買い得なので、購入したいと考えている方もおられると思います。

インチアップをすると路面の凹凸を拾いやすくなりますが、走行安定性が若干増しますし、何よりもカッコよく見えるのが大きいですね。

そこで本記事では、スポーツ走行用の輸入タイヤのメリット・デメリットについて詳しく説明いたします。さらに、スポーツセダンのレクサスISに輸入タイヤを履いたときのレビュー動画も公開いたします。

やはり文章でどれだけ良いことが書いてあっても、不安になりますよね。何せメーカーのホームページには良いことしか書いてなかったりします。

 

それでは本題に移りたいと思います。高性能な国産タイヤって、けっこうなお値段ですから、維持費に占める割合は意外と大きいですよね。

しかもタイヤは消耗品ですから、どれだけ良いタイヤであっても、スポーティな走りをするほどタイヤの溝が減ってしまいます

しかしタイヤ代のことを考えていたら、せっかくのスポーツ走行の楽しさが半減してしまいます(経験済です)。

街乗りで高性能な国産タイヤを通勤などで履いていると、グリップが良い分、右左折でタイヤがガンガン磨り減っていきます。

特にスポーツタイプの車を購入したからには、維持費のことを忘れてスポーツ性能を思う存分楽しみたいですよね

そこで、高性能かつお買い得な輸入タイヤの出番です。ちなみに、エコタイヤの性能に不満な方が、スポーツ走行向けの輸入タイヤを装着されるのもおすすめです。

 

Pocket
LINEで送る

輸入タイヤの特徴

 

高性能な輸入タイヤの場合、国産タイヤと比べて半額前後でかなり安く購入できます。

たとえば、レクサスIS用の17インチの標準タイヤであるDUNLOP SP SPORT MAXX TT 225/45R17.Z 91Wは約1万円ですが、17インチのNANKANG NS-2 225/45R17 94V XLは約5千円です。 タイヤ4本では約2万円の差があります。

なぜこんなに安く購入できるかというと、広告の競争が激しい大手メーカーと比べて、マイナーな輸入タイヤのメーカーは広告費にお金をかけていない分、コストを安く抑えることができるからです

輸入タイヤで実績のあるタイヤは、台湾製のNANKANG(ナンカン)とFEDERAL(フェデラル)、および韓国製のNEXEN(ネクセン)です。

ここで、『輸入タイヤって本当に大丈夫なの?』、あるいは『輸入タイヤの性能はどうせたいしたことがないだろう』と思った方も少なからずおられると思います。

しかしながら、台湾製や韓国製の輸入タイヤは、もとは日本のタイヤメーカーが技術指導をしていたため、最近では技術力がかなり上がってきています。

それでもやはり不安ですよね。私も当初は不安に思っておりました。

そこで、インターネットで信頼性の高そうなブログやレビューをとことんチェックしたところ、以下のことがわかりました

・ 走行時のノイズ音はある程度大きくなること (デメリット)

・ 燃費は若干低下する傾向があること (デメリット)

・ 意外にもグリップ性能で不満を持っている人が少ないこと (メリット)

・ 国産タイヤよりもタイヤが長持ちするケースがあること (メリット)

・ 国産タイヤよりもエア漏れや変形などの不良品率が高いこと (デメリット)

調査によりメリット・デメリットがはっきりしましたので、思い切って、私のレクサスIS350に輸入タイヤ(NEXENのスポーツ性能の優れたスタッドレスタイヤ)を履いてみました(内心不安でしたが)。

タイヤの入れ替えは、以下のような手順でした。

DUNLOP SP SPORT MAXX TT 225/45R17.Z 91W (サマータイヤ)

⇒このタイヤはグリップ感がとても高く、車の限界性能を引き出すような走り方をする方に適したタイヤだと思います。乗り心地は△です。

MICHELIN(ミシュラン) PRIMACY 3 225/45R17 94W XL 低燃費タイヤ (サマータイヤ)

⇒前輪の溝が減ってきたので、試しにコンフォートタイヤに交換。グリップ感は若干落ちましたが、轍に足が取られることがなくなり、路面の凹凸を上手くいなすようになり、乗り心地が大幅に改善されました。

NEXEN WINGUARD SPORT 225/45R17 94V XL スタッドレス(スタッドレスタイヤ)

⇒冬のためスタッドレスタイヤに交換。試しにお買い得な輸入タイヤを購入。

輸入タイヤの最大手AutoWay(オートウェイ)からホイール付きのスタッドレスタイヤ4本を購入し、タイヤが届いたときの様子です。

autoway

autoway2

レクサスIS350に装着すると、こんな感じです。純正ホイールとかなり似ています。というか、意外とカッコ良かったです。

※ナットは付いていません。私の場合は、オートバックスでタイヤ交換をする際に、ナットも一緒に購入しました。

スタッドレスIS

 

NEXEN WINGUARD SPORT(スタッドレスタイヤ)のカーブと加速の走行シーンをアップロードしましたので、ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=p4a7WumaKPA


WINGUARD SPORTに交換後、普段の街乗りでのIS350の性能には十分満足しています。

これまでブログ管理人が公開してきた動画についても、大半がWinguard Sportでの走行です。

少なくとも0-100km/hまでの領域では、アクセルを踏み込んでも安定感があります。

DUNLOP SP SPORT MAXX TTが街乗りでグリップが効きすぎで、前輪外側の磨耗が激しかったのに対して、WINGUARD SPORTは程よい感じです。

スタッドレスタイヤでもスポーツ走行ができるということがわかり、感心したほどです。

スタッドレスタイヤ特有のふわふわ感はなく、相変わらず地面を這うような感じのフィーリングを保てています。

このため、スタッドレスタイヤにもかかわらず、乾燥路面ではスポーティな走りが楽しめます。この点はとても評価できます。

良い点としては、DUNLOP SP SPORTではわだちに足をとられることがよくありましたが、WINGUARD SPORTでは意外にもわだちでハンドルを大きく取られていたところもスッと乗り越えられるということです。

一方、WINGUARD SPORTは通常のスタッドレスタイヤと同様に、高速道路での限界性能はあまり高くありません。

普通に運転する分(制限速度+α程度)には問題ないのですが、ガンガン飛ばす方には向いていないと思います。

スタッドレスタイヤはそもそも高速走行向きではないのですが、それでも飛ばしたい方もおられるでしょうから。

また、ロードノイズについては気にならないです。私が鈍感なのかもしれませんが、少なくとも大きな差はないと思います。

一方、ウェットな路面の走行性能は評判以上に良かったです。水溜りに足を取られることなく乗り越えてくれますし、ブレーキを踏んだときの効きは意外と良いです。

アイスバーンでの走行については、FRのレクサスIS350でアイスバーンの坂道を走行している動画をご用意しましたので、ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=4EBFSbQJpOk

また、この動画の詳細につきましては、以下の新しく追加した記事をご覧ください。

FRのスポーティセダンで圧雪アイスバーン上(坂道)を走行(使用車:レクサスIS350)

NANKANGのスタッドレスタイヤについては、以下のYahoo知恵袋の情報がバイアスが少なくて参考になります。

⇒ スタッドレスタイヤについてお願いします。

さて、話を戻しますと、輸入タイヤで値段も手頃なサマータイヤは、NANKANG NS-2です。このタイヤの上位版のNANKANG NS-2Rも値段は上がりますが評判がとても良いです。

また、アジアンタイヤの中でも最もグリップが高いと評判のFEDERAL 595RS-Rもおすすめです。ただし、値段は国産タイヤ並なのが欠点です。

輸入タイヤ選びのポイントとしては、街中であまり飛ばさない場合には一番安いグレードを選ぶのもありで、高速道路で走る場合には安全性を考慮して、そこそこの値段のスポーツタイヤがおすすめです。

あとは車に乗る頻度や距離によりますが、輸入・国産に限らず、2週間~月1程度で空気圧チェックをすれば安心ですね。

追記:NANKANG NS-2RとFEDERAL595RS-Rを比較されている動画が公開されていましたので、興味がありましたらご覧ください。

20141011袖ヶ浦 595RSR vs NS2R

BMW E46 M3に輸入タイヤを装着してレース場を走行している動画になります。

 

Pocket
LINEで送る

まとめ

以上をまとめると、輸入タイヤを購入するのに向いている方は、

・ タイヤ代を節約したい方 (半額以下になります)

・ 維持費を気にせずスポーツ走行を楽しみたい方

・ タイヤのインチアップをお手軽価格で行いたい方

であると思います。

また、国産タイヤおよび欧州タイヤが向いている方は、

・ とにかくスポーツ性能の高いタイヤが欲しい方

・ 静粛性の優れたタイヤが欲しい方

であると思います。

輸入タイヤを購入される際は、AutoWay(オートウェイ)のような大手で実績のあるタイヤ販売業者が一押しです。

AutoWayでは、これまで1200万本以上のタイヤが販売されており、実績抜群&ネット上の評判も上々です。結構心配性の私が輸入タイヤの購入に踏み切れたのも、AutoWayの信頼性があってこそだと思います。

楽天の検索でも中古の輸入タイヤなどが引っかかるのですが、中古の輸入タイヤは減りがかなり早いですし、リスクがどうしても大きくなります。

中古タイヤを購入される場合は、保管状態が良い国産のタイヤで、溝が十分に残っているもであれば良いと思います。

NANKANG NS-2などの輸入タイヤをAutoWayで購入される方は、下準備として「タイヤのサイズ」と「ホイール付きにするかどうか」をあらかじめ決定しておきましょう。

まず、タイヤのサイズにつきましては、通常は車の取扱説明書に記載されています。たとえば、私のレクサスIS350であれば、

IS350 タイヤサイズ

となっています。まず重要なのがタイヤのインチです。これは、225/45R17であれば、17インチとなります。また、225はタイヤ幅、45は扁平率です。

取扱説明書が手元になれけば、車のタイヤを見れば同じ形式の文字が書かれています。それをメモしておきましょう。

電話でディーラーに問い合わせるのもありかと思います。

AutoWayで輸入タイヤを検索する場合には、メニューの「サマータイヤ(一般タイヤ)」から「サイズで探す」で適合インチを選びましょう。

そうすると、225/45R17のような表記の一覧が表示されますので、適合しているものを選択すると商品の一覧が表示されます。

そこからお好きなタイヤを選べばOKです。なお、AutoWayでは、万が一不良品が送られてきた場合でも、1週間以内で未使用であれば返品可能です。

このため、タイヤが届いてから1週間以内にディーラーもしくはオートバックスなどでタイヤ交換を行ってもらい、そのときに不良箇所がないかをチェックしてもらうと安心です。

また、乗り出してから万が一のエア漏れがあるかもしれませんので、1週間ほど経ってから空気圧を確認されるとよろしいかと思います。

輸入タイヤかどうかにかかわらず、スポーツタイヤを履いている方であれば、空気圧チェックは1カ月に1回程度はしたほうが良いです。

意外なタイミングで空気圧が減っていることがありますから。

本記事が皆様の参考になりましたら幸いです。

 

 


この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

Pocket
LINEで送る


車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、こちら(本ブログ記事)をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


 

☆関連記事☆

トップページに移動

最新記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.12.3 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ