よくわかる高級セダンと大衆セダンの違い

IMG_0697

「いつかはクラウン」と昔から言われるように、高級セダン・クーペに憧れを持つ人は多いと思います。しかし、高級セダンと大衆セダンの違いは意外と知られていないんですよね。

インターネット上では架空の議論がなされていたりしますが、やはり実際に両者をそれなりの月日を経て乗らなければ、その違いを比較することは難しいと思います。

私は幸運にも、たまたま両方の車を所有しています。そこで本記事では、大衆車の典型例であるカローラとラグジュアリー感とスポーツ性能を合わせ持ったレクサスISを比較してみました。

 

レクサスISと比べてしまうと、カローラの評価は低くなってしまいますが、私は価格の割にはカローラも良いと思っています。

 

カローラとレクサスISの基本スペックは、以下のとおりです。

カローラ luxel レクサス IS350 versionL
 年式 2003年 2006年
 車両価格(オプション込み) 約200万円 570万円
 中古価格(車両のみ) 40万~60万円(2003年式) 100万円~250万円(2006年式)
車両重量  1100kg  1630kg
エンジン出力(トルク)  132ps (17.9kg・m) 318ps (38.7kg・m)

カローラと比べて、レクサスISの価格幅が大きいですよね。これは、レクサスISについて、以下の要因によるものです。

・ グレード: バージョン S、L、該当なしの違いが大きいです。

・ オプション: 数万円のスカッフイルミネーションから数十万円のBOSSサウンドシステムなどオプション価格が幅広いためです。

・ 車体の色:白・黒とシルバーでは10万円以上の差があったりします。

・ 車体の状態: カローラよりも、走行距離、タイヤの残り溝、傷やへこみの程度による価格差が大きいです。

 

カローラとレクサスISを比べると、以下のような違いがあります。主観的な評価となりますので、あくまでも参考程度にとどめていただければと思います。

カローラ 1.8l レクサス IS350
見た目(外観) 小柄なセダンというイメージ スタイリッシュで美しい
内装 プラスチックを多用していますが、ぱっと見は悪くありません 素直に『おおっ』と思える良さ
ドアの厚さ 薄いですが、気になるほどではありません 重厚感たっぷり
運転フィール 60km/hまでは軽快でかなり良いです 地面に張り付いているような感覚
エンジン出力 燃費重視 レスポンスや自然な加速感を重視
オプション装備 基本的に必要最低限 ありすぎて使いこなせない人もいるかもしれません
車幅 狭くて取り回しが良い カローラより10cm広いため、慣れないうちは気を遣います
乗り心地 60km/hまでは良好 凹凸の多い道以外はとても良いです
直進安定性 加速や高速道路で多少ふらつきます 抜群の安定感
コーナリング 意外と良いです 地面に張り付いて曲がるような感覚があります
運転の楽しさ シフトノブを使ってメリハリのある運転が楽しめます コーナリング、モード切替、パドルシフトによる運転が楽しい
燃費 ゆったりとしたアクセルワークであればGOOD 3.5lの割には良いですが、カローラより良くなることはほぼ無いです。

 

以下に上記ポイントの一部をピックアップしてみました。

 

Pocket
LINEで送る

<ドアが分厚い>

レクサスISのドアは、カローラと比べてかなり分厚いです。ドアの重さも相当違います。

同じクラスの輸入車と比べても、レクサスISのドアは分厚く、重いです。女性の方やお子様には、重すぎるかもしれません。例えるならば、デパートに入るときの分厚くて重いドアをイメージしていただければとよろしいかと思います

このようにドアが分厚く重い理由は、安全性の面だけでなく、高級感と車体剛性を高めるためです。レクサスISの場合、ドアを閉めたときの重厚感のある音が心地良く、最初のほうは何度も開け閉めしたくなります(おそらく)。

ドアの付近には衝撃を緩和する素材がたくさん使われていて、ドアを閉めたときの音は低い音を奏でる楽器のような感じです。

ドアを少し押して閉めても、ズドンという音が聞こえるので、自分がスーパーマンになった気分になります。もしかして、こう感じるのは私だけかもしれません(笑)。

ちなみに、レクサスISは、ドアだけでなくトランクやボンネットの開け閉めにおいても高級感を演出するようになっています。

ドアが分厚いと、高級感があるように思えるのですが、この感覚って不思議ではあります。

 

<車幅が大きく迫力がある>

高級セダン・クーペは1.8mを超えることが多いです。これは単に迫力の面だけでなく、車幅が広いと直進安定性が高くなるからでもあります。

高級セダンは基本的に車長が長いのですが、クーペやスポーツセダンの一部は車長が短めです。この理由は、ホイールベース(前輪から後輪までの長さ)が短くすると、旋回性能を高めることができるからです。

車幅の広さは、高級セダン・クーペのデメリットにもなります。車幅が1.9m以上を超えてくると、狭い駐車場などでは左右のスペースを作ることができる場所を探す必要がでてきます。

この点では、カローラの車幅は約1.7mなので有利なのですが、レクサスISの車幅は約1.8mと高級スポーティセダンの中でもコンパクトですので、駐車で困ったことはいままでありません。

1.8mを超えると、立体駐車場に入らないなどの不便が生じてきます。

意外にも、レクサスISにはバックモニタとオプションのクリアランスソナーがあるため、バックでの駐車が安全かつ楽にできます。

 

<ハンドルの質感と操縦性が良い>

高級スポーツセダン・クーペのこだわりとして、とても重要なのがハンドルの握り心地です。ハンドルのフィーリングが良くないと運転も楽しめないでしょうから、メーカーとしてもかなり力を入れているはずです。

さて、レクサスISのハンドルは握り心地がソフトで、高級感もあります。運転席に座ってハンドルを握った瞬間、これから楽しい運転が始まることを予感させます。

一方、カローラのハンドルはツルツルしているため、ハンドルを回しているときの安定感が微妙です。ハンドルも軽くてクルクル回ります。これはある意味楽しいといえます。

 

上記以外にも、気づいたことがあれば追加したいと思います。

 

なお、中古車のカローラとレクサスIS250の維持費の差は、年間走行距離に依存するのですが、年間1万キロで月2万円ほどです。

中古の高級セダン・クーペに関心をお持ちの方は、その良さと維持費の差を考慮した上でご購入を考えられてはいかがでしょうか?

今がお買い得のおすすめ中古セダン・クーペ

中古の高級車(外車・輸入車)はお買い得なのか?

 

また、高級車(主にセダン・クーペ)の新車であれば、以下のページがご参考になるかと思います。

高級車の人気ランキング 2016

 

他にも、参考にしていただけそうな記事をピックアップいたしました。ご覧いただけますと幸いです。

新車・中古車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由

高級セダン・クーペを中古で購入・維持するときの注意事項

100万円以下のおすすめ中古セダン・クーペ 2016

 

 

 


この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

Pocket
LINEで送る


車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、こちら(本ブログ記事)をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆関連記事☆

トップページに移動

最新記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.11.1 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ