おすすめ人気SUV 2016 ~ 国産車&輸入車~ 『総まとめ編』

CX-5frong2_small

2016年度のおすすめ人気SUVを価格帯別にご紹介いたします。国産車や輸入車の最新モデルだけでなく、1モデル前のお買い得な中古SUV(100万円~)についても漏れなくご紹介します。

SUVは独特のルックスや迫力、高級感が魅力的な車種であり、実用性と走りの良さも兼ね備えています。

セダンと比べるとスポーツ走行性能や快適性はやや劣るものの、着座位置が高いため見晴らしが良く、優雅なドライブを楽しむことができます

海沿いの道路や山道など、景色の良いところでのドライブが楽しい車種です。

SUVは車幅が広い車が多いのですが、見切りが良くて車幅感覚を掴みやすいので、女性のドライバーにも人気があります

一方、SUVはベースとなることが多いセダンタイプよりも車両重量が重く、これまで燃費があまり良くないことで敬遠されがちでした。

しかし最近の車はエコ性能が向上してきており、ハイブリッドモデルも充実しているため、燃費の優れた財布にやさしいSUVが増えてきています。

ここからSUVのカテゴリー・特徴などについてご説明しますので、すでにご存じの方はスキップしていただければと思います。

SUVを大分類すると、『ファミリータイプ』、『スポーツタイプ』、『ラグジュアリータイプ』の3つのカテゴリーに分けることができます。

それぞれのタイプごとの特徴は、以下のとおりです。


ファミリータイプ

居住スペースや機能性、積載量、燃費などが重視されます。

エクシーガ クロスオーバー7の斜めビュー(圧縮版)


スポーツタイプ

居住空間や実用性を確保しつつ、走行性能が強化されています。セダンやクーペのようなハンドリングや動力性能を持つSUVもあります。

tsl-bakc


ラグジュアリータイプ

高級感(プレミア感)や実用性に加えて、高級セダンのような快適性が求められます。

レクサスRX 斜めビュー3


SUVといえば、バウンドのしやすさ(跳ねやすさ)は宿命といえますが、ラグジュアリータイプのSUVではボディ剛性の強化やエアーサスペンション、高級サスペンションなどにより、フラットな感覚(平地を走っている感覚)で走ることができます。またスポーツタイプのSUVは、低重心を売りにしている車が多いです。

SUVのバリエーションと価格帯は、国産車と輸入車でかなり異なります。国産車の場合、200万円~400万円程度のラインアップがかなり充実していて、ファミリー向けSUVとスポーツタイプのSUVがはっきりしています。

さらに上の価格帯の国産ラグジュアリーSUVとしては、レクサスのSUVシリーズがラインアップしています。

輸入車は400万円台から購入できる、メルセデス・ベンツ GLAやBMW X1、アウディ Q3などの欧州SUVを筆頭として、高級スポーツカークラスのSUVや、3000万円超えの超高級SUVなどがあります。

SUVは価格帯のバリエーションが豊富なので、実は中古車の選択肢が多いところも見逃せませんね。

実はファミリー派からスポーツ派、ラグジュアリー派、そしてアウトドア派まで、幅広い用途に対応できるのがSUVの強みですので、SUVは今後に最も期待できる車種でもあります。

本記事ではSUVの総まとめとして、カテゴリー別にさまざまな人気SUVをご紹介していきます。一つの自動車メーカーにこだわらず、なるべくいろんなタイプのSUVを選出できるように工夫しました。

ご紹介する車は、ブログ管理人が1日以上借りたり、ディーラーで試乗した車が大半を占めます。輸入車については、北米自動車誌Motor TrendやCar And Driverなどの海外メディアの情報も積極的に取り入れています。

かなりボリュームのある記事ですので、目次を利用していただくと便利です。
 
2016年12月2日更新

本記事に記載しているカタログデータは、日本有数の掲載在庫台数を誇るカーセンサーを参照しております。

また中古車のリンクにつきましては、最新モデルを『安い順』に表示するように設定しております。バーゲンプライスの中古車も見つかりますよ☆

Pocket
LINEで送る


目次

ファミリーSUV

100万円~150万円

【スズキ】ハスラー

Osaka_Motor_Show_2013_(101)_Suzuki_HASTLER_X

(出典: ja.wikipedia.org)

新車価格:108万円~162万円

JC08モード燃費:23.4~32.0 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


SUVのエントリーモデルは、独特のルックスが人気のハスラーです。軽自動車の中で人気NO.1を誇るほど評判が高く、2014年度にはRCJカーオブザイヤーを受賞しています。その可愛らしいルックスから、女性受けも抜群です。

人気の秘訣はキュートなルックスだけでなく、大人4人が乗れる広々とした車内空間や、着座位置が高くて運転しやすい、最大リッター32キロの低燃費で維持しやすいなど、ファミリーカーとしてのツボをしっかり満たしていることにあります。

フルフラット(シートを寝かせて平面)にも出来ますので、車中泊も可能です。オフロードの走りにも対応できる器用さも備えていますので、アウトドア派の方々にもおすすめです。

軽自動車の欠点である加速発進時のパワー不足も、エネチャージ(モーターアシスト・システム)やターボ付きによりスムーズに行えます。

SUVとしては購入価格もお手頃ですから、若い人にも手が届きやすいところも◎です。

欠点らしい欠点といえば、凹凸の連続した道で跳ねやすいことぐらいですね。
 

この価格帯の主な競合SUV

オフロードの走りに特化したジムニーも熱烈なファンが多いです。

※2014年8月のカーセンサーのSUV人気ランキング(中古車)で1位を獲得しています。


目次に戻る

 

150万円~270万円

【スバル】XV
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=boNMjzfN-Ow


新車価格:228万円~264万円

中古車価格:146万円~279万円

JC08モード燃費:16.0~20.4 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


スタイルと走りの優れたSUVです。おすすめはアイサイト付きのモデルであり、安全性の向上に加えて、自動追従機能により渋滞も苦になりません。

ガソリンモデルは2リッターのボクサーエンジンらしいパワフル感があります。燃費は平均的ですが、ハイブリッドモデルは最大リッター20キロと良好です。

トランク容量が最大589リッターとミニバン並に広いところも魅力的ですね(⇒参考ページ)。

以前のモデルは乗り心地が良くない(荒れた路面で揺さぶられる)という欠点がありましたが、現行タイプ(D型)では大幅改善され、車全体の動きがフラットになっています。また静粛性も改善されています。

快適性を重視される方や比較的長時間運転される方は、C型以前の中古車は避けたほうが良さそうです。

逆に路面がフラットなところを運転される方であれば、値下がりしたC型以前を狙うという手もありますね。

 

【ホンダ】ヴェゼル

Honda_VEZEL_HYBRID_X_(RU3)_front

(出典: ja.wikipedia.org)

新車価格:192万円~239万円

JC08モード燃費:19.0~27.0 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


スタイルの良いコンパクトSUVです。長距離を運転される方向けのハイブリッドモデルもあり、燃費も最大リッター27.0キロと良好です。

コンパクトなボディではありますが、室内は大人4人が座れる広さがあります。荷室はCR-Vと比べると狭いです。

ファミリーSUVとしては足回りが引き締まっていて、旋回性能が良いです。ガソリンモデルはCVTではあるものの、スポーツモードでパドルシフトを操作すると、スポーツ感覚のあるドライブが楽しめます。

ヴェゼルには131馬力を出力するパワフルなエンジンが搭載されており、1.5リッタークラスのSUVの中では加速力がトップクラスです。

またハイブリッドモデルには走り好きも納得のDCTが搭載されていて、ダイレクト感溢れる運転を楽しむことができます。

気になる欠点は、乗り心地ですね。低速域ではちょっとした凹凸を乗り越えるときにバタバタします。普段荒れた路面を走る方は、一度試乗をされてみることをおすすめします。

リアビューも力強くてスポーティな印象があり、SUVとしてよく出来ていますね!

Honda_VEZEL_HYBRID_X_(RU3)_rear

(出典: ja.wikipedia.org)


目次に戻る

 

この価格帯の主な競合SUV

全体バランスの良いコンパクトSUVのダイハツ ビーゴ

迫力満点のスズキ エクスード

機能性と信頼性の優れたトヨタ ラッシュ


目次に戻る

 

270万円~450万円

【スバル】エクシーガ クロスオーバー7

エクシーガ クロスオーバー7の斜めビュー(圧縮版)

スバルディーラーにて撮影

新車価格:275万円

JC08モード燃費:13.2 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


スバルの名車と呼べるほど出来が良いSUVです。最大7人まで乗ることができ、後部座席もノイズが小さく快適です。

また視界が良く、直進安定性が優れているため、運転しやすい車です。アイサイト付きのモデルも選べるため、安全面でも安心な車です。

運転手にも同乗者にも優しい車ですので、長距離運転にも向いています。ファミリーSUVとして特に気になるのは、燃費ぐらいだと思います。

3列シートで7人乗りですので、ご家族向けの(スライドドア無しの)ミニバンとしてもイケてますね。

ファミリーカーとして実用的で走りも快適!祝日のお出かけが楽しくなるおすすめの車です。

ぜひディーラーで試乗されてみることをおすすめします。


目次に戻る

 

【トヨタ】ハリアー
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=k8AgxDPsUrA

 
※本ブログのオリジナル動画です。

新車価格:279万円~469万円

JC08モード燃費:14.8~21.8 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


高級感溢れるファミリー向けSUVです。迫力のエクステリアに加えて、タカのエンブレムがプレミア感を一層引き立てます。

内装の質感・センスが良く、同価格帯のSUVの中では際立って優れています。トヨタの高級セダンといえばクラウンですが、そのSUV版がハリアーと言えそうです。

クラウンとハリアーともに、トヨタエンブレムではなく、独自のエンブレムを付けていることからも、特別な車として扱われていることがうかがえます。

静粛性や乗り心地などの快適性の面もさすがのクオリティです。上記の競合SUVはスポーティな走りを楽しむことができるタイプですが、ハリアーは快適で優雅なドライブを楽しむというイメージですね!

1日試乗した感想としては、加速力と機敏さが若干気になるシーンはあるものの、高速道路でも静かで心地よく、ラグジュアリーカーとしての完成度は相当高いと感じました。

特にムーンルーフは使用時の開放感が抜群でハリアーと相性が良く、リセールバリューも高くなりますので個人的におすすめです。

詳しくは、「ハリアーの評判&試乗レビュー:ラグジュアリーSUVの魅力に迫る!」をご覧ください。

現行のハリアーは、2リッターのガソリンモデルに加えて、最大リッター21.8キロのハイブリッドモデルがラインアップされています。


目次に戻る

 

【日産】エクストレイル ハイブリッド
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=ItLIe-f4SVM


新車価格:280万円~345万円

JC08モード燃費:20.0~20.6 km/L

カタログデータ / 中古車一覧(全モデル)


日産の人気ハイブリッドSUVです。同価格帯の5人乗りの競合車であるCX-5やハリアーと比べると、後部座席がかなり広々としていますので、ファミリーにピッタリの車といえます。

乗り心地も良いため、特に後部座席に座ると高級車に乗っている感覚があると思います。車両後部がややヘビーではりますが、直進安定性が優れているため、高速道路を走行される方も問題なしです。

ハイブリッド化のお陰で、JC08モード燃費(km/L)もリッター20キロを超えています。一方、ガソリンモデルと比べてお値段が30~40万円高くなるため、週末の運転がメインの方であれば、ハイブリッドモデルよりもガソリンモデルの方が結果的にお得かもしれませんね。


目次に戻る

 

【マツダ】CX-5

2015_Mazda_CX-5_(KE_Series_2)_Maxx_Sport_AWD_wagon_(2015-08-14)_01

(出典: ja.wikipedia.org)

新車価格:238万円~302万円

中古車価格:149万円~350万円

JC08モード燃費:14.6~18.4 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


日本カーオブザイヤーを受賞したSUVです。マツダの最先端技術を投入したSUVとして、発売時の2012年以降、SUVの中ではトップクラスの人気を誇ります。

アウディのような高級感のあるたたずまい(主観ですが)があり、街中を走っていると何かと注目を浴びます。これだけデザインセンスの良い車には、街中では中々お目にかかれませんね。

人気のディーゼルモデル(軽油を使用)は財布にも優しく、トルクが太くパワーがあります。

マツダの車と一体化した走りは伊達ではなく、意のままのハンドリングがドライブの楽しさを引き立てます。

デザイン性を重視している分、車内空間やトランクスペースは及第点+αぐらいですので、ファミリーSUVとスポーツSUVの中間的な車であると言えます。

この車のデザインとスポーツ性、そして燃費の良いディーゼルモデルに惹かれる方には買いだと思います。


目次に戻る

 

この価格帯の主な競合SUV

コンパクトSUVの中で世界トップクラスの評価を得ているホンダ CR-V。カタログ燃費は競合車にやや劣りますが、快適性や後部座席の広さ、トランクルームの実用性はコンパクトSUVの中ではピカイチです。

目次に戻る

 

スポーツSUV

150万円~250万円

【スズキ】SX4 S-CROSS

Suzuki_SX4_S-Cross_(11138621386)

(出典: ja.wikipedia.org)

新車価格:204万円~226万円

JC08モード燃費:17.2~18.2 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


欧州をメイン・ターゲットとしたスズキのコンパクト・クロスオーバーです。欧州仕様車を日本で販売している珍しい車であり、名車であると評判です。

特筆すべきは、抜群の乗り心地です。欧州仕様車らしく引き締まった足回りなのですが、凹凸をしなやかに乗り越える絶妙のセッティングとなっています。

また軽量ボディなのが特徴的であり、アクセルワークが軽く、コーナリングもスイスイ曲がります。1.6リッターエンジンは車体を力強く引っ張りますし、オフロードの走行もお得意様です。

車幅は1.76メートル、全長は4.3メートルであり、幅が広くホイールベースが長めでることからも、直進安定性を重視した作りであることがわかります。

最近の目立つルックスのSUVと違って、エクステリアや内装は至ってシンプルではありますが、室内のレイアウトが良く、落ち着いたデザインとなっています。


目次に戻る

 

【日産】ジューク
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=F4Kp-aWtft4


新車価格:162万円~347万円

中古車価格:70万円~292万円

JC08モード燃費:13.4~18.0 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


独特のルックスが特徴的な日産のコンパクト・SUVです。好き嫌いがはっきりしそうなルックスですが、他車と被らないルックスのためプレミア感があります。

1.5リッターエンジンを搭載したモデルから本格スポーツのニスモ・モデルまで、ラインアップが豊富なのが魅力的ですね。

特に200馬力オーバーのニスモRSはSUVとしてはかなりのパフォーマンスがあり、0-100km/hは6秒台と俊足です。

Motor Trendの旋回性能テストでは、アテンザなどのスポーツセダンを1クラス上回る性能を示しています。

ブレーキング性能も抜群であり、国産SUVとしては群を抜いて性能が良いです。

SUVの中では室内空間がタイトではありますが、内装も独特で凝った作りになっていますし、コンパクトSUVとしての実用性は備えています。

走りにとことんこだわりのある人には、予算は結構高くなりますが、ニスモRSがおすすめです。


目次に戻る

 

250万円~300万円

【スバル】フォレスター
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=nSKadYowlPE


新車価格:209万円~435万円

中古車価格:149万円~415万円

JC08モード燃費:13.4~16.0 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


走行性能と実用性を兼ね備えたスバルのSUVです。2リッターのNAモデル(XT以外)で街乗りは十分快適ですが、坂道ではエンジン音が大きめになります。

4輪駆動(4WD)が標準となっており、走破性が優れていることから、雪道での運転において特に重宝されているクルマです。

「2.0 XT」は最大280馬力、最高35.7kg・m(2500rpm~5600rpm)を出力する2リッターターボを搭載していて、スポーツセダン並の性能を発揮します。

北米自動車メディア『Motor Trend』の走行テストによると、XTの0-100km/hは6秒中盤、コーナリング限界性能も国産SUVの中ではかなり優秀です。

以下の動画は、2.0 XTの停止状態から時速220キロまでの加速シーンです。普通に速いですね!

https://www.youtube.com/watch?v=gC43i7Xlqqw

 
おすすめはアイサイト付きのモデルであり、標準でステアリング連動ヘッドランプを搭載しているため、夜間のコーナリングでも安全性が高いです。


目次に戻る

 

【マツダ】CX-3

CX-5

新車価格:238万円~302万円

JC08モード燃費:21.0~25.0 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


クリーンディーゼルエンジンを搭載した、マツダのコンパクトSUVです。小柄なボディとは思えないほどの迫力のある車です。

軽快なハンドリングとディーゼルエンジンのトルクフルな加速性能、優れた旋回性能が魅力的です。

個人的に気に入っているのが、内装のやわらかなイメージやメリハリの効いた色使いです。運転席に座っていて落ち着きます。

コンパクトSUVゆえに積載性や車内空間の広さはそれほどではありませんが、コンパクトで軽快に走るSUVが好みの方であれば、この車がおすすめです。

同価格帯のSUVと比べると燃費も良く、ディーゼルエンジンなので軽油を使用するため、ガソリン代をかなり節約できます。

エコなクルマですが、山道の下り坂では、意外なほどスポーティな運転を楽しめます。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=XFn47CAS2go

 
※本ブログのオリジナル動画です。

CX-3の詳細レビューにつきましては、以下の記事をご覧ください。

マツダ CX-3の魅力とは?ディーゼル SUVの良さを今すぐチェック!

目次に戻る

【スバル】エクシーガ クロスオーバー7
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=xFnEuSp35Cs


新車価格:275万円

JC08モード燃費:13.2 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


スバルの名車と呼べるほど出来が良いSUVです。走りが良くて、多人数が快適に乗れて、かつ乗り心地・快適性も優れているSUVをお探しの方にピッタリの車です。

最大7人まで乗ることができ、後部座席もノイズが小さく快適なので、実用性の面でもバッチリです。

また視界が良く、直進安定性が優れているため、運転しやすい車です。アイサイト付きのモデルも選べるため、安全面でも安心な車です。

スポーティながらもロードノイズが小さくて、静粛性も優れていますので、高速道路を利用して長距離ドライブをする方にも向いています。


目次に戻る

 

300万円~350万円

【スバル】レガシィ アウトバック
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=j6eMkfFe0WA


新車価格:313万円~346万円

中古車価格:238万円~358万円

JC08モード燃費:14.6 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


走りの良さで評判のレガシィシリーズのSUVです。堂々とした高級感のあるエクステリア、優れた旋回性能やブレーキング性能、アイサイトによる運転サポート機能などが魅力的ですね。

インテリアはシンプルではあるものの、静粛性や乗り心地が良く、長距離ドライブにも向いています。

スポーツ・ラグジュアリーSUVと呼ぶに相応しいレベルに達していると感じています。


目次に戻る

 

500万円~800万円

【ポルシェ】マカン
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=8TXFxZPMwgU


新車価格:616万円~997万円

JC08モード燃費:10.0~13.0 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


ドライバーズカーとして、世界中の車好きから人気の高い、「ポルシェシリーズ」の人気SUVです。

マカンは「アウディQ5」のアーキテクチャを基盤としながら、より速くてオンロード・オフロードともに優れた性能を発揮します。

またポルシェ独特のエクステリアや質感に加えて、ポルシェシリーズ共通のハンドリングや足回りの素晴らしさ、そして実用性はマカンでも健在です。

Motor Trendの性能テストによると、マカンターボの0-60 mphは4.2秒をマークしており、ブレーキ性能や旋回性能もSUVトップクラスです。

ついついドライブに出かけたくなる、運転して楽しい車です。

 

【レクサス】NX 200t Fスポーツ

LEXUS_NX300h_Japan_2014_Front

(出典: ja.wikipedia.org)

新車価格:492万円~518万円

JC08モード燃費:12.4~12.8 km/L

カタログデータ / 中古車一覧(全モデル)


高級ブランド『レクサス』のラグジュアリーSUVです。このFスポーツは、レクサスのスーパーカーであるLFAを頂点として、走りに磨きをかけたモデルです。

迫力満点のLEDヘッドライトやエッジの効いた造形などにより、遠くからでも一目でNXとわかるようなデザインになっています。

着座位置が高くて見晴らしがよく、またコンパクトなので少々狭い道に入り込んでも運転しやすいです。

スポーツモードでパドルシフトを使ってドライブするのも楽しい車です。ワインディングや峠道でのドライブも楽しめますよ。

レクサスNX Fスポーツの魅力: スポーツセダンより速いSUV?
 

【アウディ】Q3 RS
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=PTgvTL9oE9c


新車価格: 771万円

JC08モード燃費:13.0 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


アウディのエントリーSUVであるQ3の高性能モデルです。コンパクトSUVの中では最高峰の走行性能を備えています。

たとえば最高出力340馬力(最大トルク45.9kg・m)を出力する直列5気筒エンジンを搭載していて、0-100km/hは約5秒という俊足を誇ります。

トランスミッションは7速Sトロニックであり、電光石火のごとくギアチェンジが決まります。もちろんブリッピング機能付きです。

北米『Consumer Report』によると、アウディはトヨタ、レクサスのつぎに車の信頼性が高いと評価されていて、ここ数年で品質が大きく向上しています。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=s-1Q2a2O9go

 

この価格帯の競合SUV

アウディQ3 RSと同等クラスの走行性能を誇るBMW X3 (※35i シリーズ)


目次に戻る

 

800万円~1800万円

【ランドローバー】レンジローバースポーツ
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=h2l-6mMDjhI


新車価格:846万円~1605万円

中古車価格:268万円~1340万円

JC08モード燃費: 7.3~8.4 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


ジャガー・ランドローバーのプレミアム・ラグジュアリーSUVであるレンジローバーのスポーツモデルです。

レンジローバーシリーズは、快適性の優れた万能SUVとして、世界的に高い評価を受けています。飛ばしても静かです。

エアーサスペンションの出来がとても良く、同価格のSUVの中ではトップクラスの乗り心地の良さがあります。

高速道路でも至って静かで快適ですし、内装には腕や肘をサポートするパーツが多くリラックスできますので、長時間のドライブも楽です。

一方、レンジローバーから200キロ以上も軽量化されており、軽快な走りも魅力的な車です。

スポーツ走行性能ではBMW X6 Mやポルシェ カイエンターボには劣るものの、V8エンジンを搭載したモデルの0-100km/hは約5秒と俊足です。


目次に戻る

 

【BMW】X6 M
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=dh6VXzopcW0


新車価格:1588万円~1619万円

カタログデータ / 中古車一覧


世界最速クラスの超高性能SUVです。BMW X6シリーズに高性能Mモデルのチューニングが施されていて、最大575馬力(ps)に76.5kg・mの最大トルクを発生するV8ツインターボエンジンを搭載しています。

北米自動車誌Motor Trendのテストデータによると、0-60mph(≒0-100km/h)テストで3.7秒をマークしています。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=g9S-xnboigI

 
またFigure 8と呼ばれる旋回テストやブレーキ性能テストにおいても、SUV最高クラスの記録を出しています。

最近のSUVは、数年前のスーパーカーに迫るほど高性能化してきていますね!今後が楽しみです。

最新SUV・クーペの限界性能はどれぐらい高いのか~BMW X6 M 対 Gメルセデス・ベンツGLE 63 AMG S

 

この価格帯の競合SUV

BMW X6 Mと双璧をなす、メルセデス・ベンツの超高性能SUVモデルであるGLE S 63 4マチック

車好きに人気の高いポルシェの高性能SUVモデルであるポルシェ カイエンターボ
 

ラグジュアリーSUV

300万円~400万円

【トヨタ】ハリアー
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=k8AgxDPsUrA

 
※本ブログのオリジナル動画です。

新車価格:279万円~469万円

JC08モード燃費:14.8~21.8 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


ラグジュアリーSUVのエントリーでありながら、高級感が抜群に優れているのがハリアーです。

存在感のある上品なエクステリアに加えて、内装の質感・センスが良く、癒しの室内空間と言えるほどくつろげる車に仕上がっています。

また高級SUVの中では街乗りでの取り回しが良く、高速道路や峠道など、シーンを問わずに優雅なドライブを楽しめます。

エンジンパワーではターボ付きのレクサスNXに劣るものの、室内空間はNXより広くて、ムーンルーフをつけるとさらに開放感が高まります。

ハリアー前席から後部座席への眺め縮小版

詳しくは、「ハリアーの評判&試乗レビュー:ラグジュアリーSUVの魅力に迫る!」をご覧ください。


目次に戻る

 

400万円~550万円

【レクサス】NX

2014_Lexus_NX_300h_(AYZ15R)_F_Sport_wagon_(2015-07-09)_01

(出典: ja.wikipedia.org)


新車価格:428万円~582万円

JC08モード燃費:12.4~21.0 km/L

カタログデータ / 中古車一覧(全モデル)


高級ブランド『レクサス』のラグジュアリーSUVです。彫刻のような造形のエクステリアがひと際目立ちます。

また世界トップレベルのレクサスの塗装技術により、ボディコーティングによる美しさが映える車です。

レクサスの車は世界トップの信頼性があるため(※北米 Consumer Report 調べ)、長年にわたって維持しやすいのも魅力的ですね。

レクサス車のオーナーになると、レクサス流のおもてなしや手厚いサービスを受けることができます。またブラックカード・ルックスのレクサスカードを所有することができます。

>> レクサス車の価格はなぜ高いのか?その理由を説明いたします。

ちなみにスポーツ性能にこだわりのある方向けのFスポーツが人気です。

レクサスNX Fスポーツの魅力: スポーツセダンより速いSUV?
 

この価格帯の競合SUV

アウディ特有の統一感のある洗礼されたデザインが魅力的なQ3

走りにこだわりのある方におすすめのBMW X1

日産の伝統スカイラインシリーズのSUVモデルであるスカイライン クロスオーバー
 


目次に戻る

 

550万円~1000万円

【アウディ】Q7
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=AJCIp2J_iMw


新車価格:804万円~929万円

JC08モード燃費:11.7~12.6 km/L

カタログデータ


2016年3月からフルモデルチェンジとなった、アウディのプレミアムクラスのSUVです。

注目を集めるLEDヘッドライト、ラグジュアリーカーに相応しいエクステリア&内装、静かで乗り心地の良い室内など、アウディの最先端の技術が詰まった車です。

2トンを超える車両重量のSUVですが、低回転から力強いエンジン、俊敏なハンドリング、8速ティプトロATのスムーズな変速、さらには強力なブレーキ性能もあって、走りも結構楽しめる仕上がりになっています。

2リッターもしくは3リッターのターボエンジンを搭載したクワトロ(4輪駆動)モデルがあり、2リッターでも十分トルクフルではありますが、さらなる余裕のドライブを楽しむ車として、3リッターのモデルがおすすめです。

以下の動画は、最先端のマトリックスLEDヘッドライトを搭載したQ7の夜間ドライブのシーンです。ハイビームで遠方までクリアなだけでなく、対向車のドライバーがまぶしくならないように光線が調整されます。

この車で夜景を見にドライブとか、最高に良さそうですね。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=4dMEZWBwLKk

 


目次に戻る

 

【BMW】X5
https://www.youtube.com/watch?v=-h4nrpifTjU


新車価格:792万円~1270万円

JC08モード燃費:8.6~14.0 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


ジェントルでパワフルなBMWの人気SUVです。この価格帯のSUVのベンチマークとして、世界的に高い評価を得ています。

お馴染みの迫力満点のBMWルックスや、高級車としてふさわしい内装、走り好きも満足のハンドリング・走りが特に魅力的です。

パッケージングも充実していて、2リッター~4.3リッターのエンジンモデルや、ディーゼルエンジンモデル、スポーツモデル(Mスポーツ)など、お好みに合わせて選択肢が広いです。


目次に戻る

 

【レクサス】RX
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=qF9NTslNGpY


新車価格:495万円~743万円

JC08モード燃費:11.2~18.8 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


高級ブランド『レクサス』のミドルサイズ・ラグジュアリーSUVです。レクサスNXやISなどと比べて、内装の質感がより一層向上しています。

レクサスのシンボルであるスピンドルグリルはメリハリがあり、レクサス全車種の中でも特に似合っていると思います。

また3眼LEDヘッドライトや彫刻のようなボディラインが特徴的です。

レクサスRX 正面 縮小版

ラインアップとしては、ハイブリッドモデルの「450h」や2リッターターボの「200t」、スポーツモデルの「Fスポーツ」、装備面が充実した「バージョンL」などがラインアップされています。

ご参考:レクサスRXの試乗レビュー: 圧倒的な存在感を放つラグジュアリーSUV

この価格帯のSUVについては、車のクオリティや快適性、サービス、信頼性を重視される方であればレクサスRX、スポーツ走行性能にこだわりのある方であればBMW X4やマカンターボがおすすめです。


目次に戻る

 

この価格帯の競合SUV

ジャガー・ランドローバーのプレミアム感抜群のSUVであるレンジローバー イヴォーク

洗礼されたデザインが魅力的なアウディ Q5

非常にタフで利便性が高いオフロードSUVのトヨタ ランドクルーザー200(435万円~692万円)


目次に戻る

 

1000万円~2000万円

【メルセデス・ベンツ】GLクラス
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=3OGXVxVGbLI


新車価格:1000万円~1426万円

JC08モード燃費:8.1~11.4 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


ラグジュアリーカーのパイオニア『メルセデス・ベンツ』の7人乗り高級SUVです。

雲の上を走っているかのような快適な乗り心地や、滑らかな変速が特徴的です。最高級クラスのファミリーカーですね。

3リッターのターボエンジンを搭載したモデルに加えて、4.6リッターのV8ターボエンジンを搭載したパワフルなモデルがラインアップしています。


目次に戻る

 

【ランドローバー】レンジローバー
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=Fj3-zFHTS4Y


新車価格:1230万円~2609万円

JC08モード燃費:7.4~8.5 km/L

カタログデータ / 中古車一覧


世界中のセレブに人気の高級SUVです。本格オフロードSUVながらも、街中を優雅に走る姿が映える車です。

ラグジュアリーSUVトップクラスの静粛性、凹凸を軽やかに乗り越える乗り心地の良さ、ターボラグを感じさせないスムーズでトルクフルなスーパーチャージド・エンジンなどが特徴的です。

この価格帯の競合SUV

プレミアムブランド『レクサス』の大型SUVであるレクサスLX(1100万円)

ポルシェらしいスポーティな走りが魅力的なポルシェ カイエン(748万円~2235万円)

最高級車の自動車メーカー『ベントレー』初のSUVモデルであるベントレー ベンティガ(約2700万円)


目次に戻る

 

SUVの厳選中古車

100万円~

【三菱】アウトランダー

Mitsubishi_Outlander_Roadest

(出典: ja.wikipedia.org)

新車価格:200万円~319万円

中古車価格:42万円~238万円

おすすめ年式:2007年12月~2012年10月モデル

JC08モード燃費: 11.6~13.4 km/L

カタログデータ


三菱のミドルサイズSUVです。SUVとしての走り・快適性・走破性のいずれもかなり出来の良い車です。

現行のガソリンモデルよりも、前モデルの方が好きなオーナーの方もおられるほどです。

内装のクオリティはハリアーなどのライバル車には劣りますが、それ以外の面ではおすすめの一台です。

横から見たときの感じがスポーティで独特の雰囲気を醸し出しています。

中古車市場では、100万円前後から程度の良さそうな車が見つかります。


アウトランダーの中古車在庫をチェック!

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=NXLEDCBQ2mk

目次に戻る

 

【トヨタ】ハリアー / (ハイブリッド)

2003_Toyota_Harrier_01

(出典: ja.wikipedia.org)

新車価格:261万円~571万円

中古車価格:45万円~279万円

おすすめ年式:2003年2月~2013年7月モデル

カタログデータ


上質感の優れたSUVです。トヨタ車の共通エンブレムではなく、タカのエンブレムが付けられている特別な車です。

スポーティに走る車ではなく、静粛性や乗り心地を重視した仕上がりになっています。目的地まで落ち着いてドライブするのが似合う車ですね。

人気のSUVではありますが、中古車市場では100万円前後から程度の良さそうな車が手に入ります。

燃費を重視される方であれば、ハイブリッドモデルも値下がりしてきていますので、調べてみてはいかがでしょうか。


ハリアーの中古車在庫をチェック!

ハリアー ハイブリッドの中古車在庫をチェック!

2003_Toyota_Harrier_02

(出典: ja.wikipedia.org)


目次に戻る

 

【スバル】フォレスター

1280px-2009_Subaru_Forester_X

(出典: ja.wikipedia.org) ※写真は北米仕様車です。

新車価格:200万円~362万円

中古車価格:80万円~240万円

おすすめ年式:2007年12月~2012年10月モデル

JC08モード燃費:9.8~15.2 km/L

カタログデータ


スポーツ走行性能の優れたスバルの人気SUVです。またオフロードでの走破性能も世界中で高く評価されています。

一つ前の2007年12月~2012年10月モデルは、中古車市場において100万円程度から購入できるようになってきています。

走りの良さもさることながら、フロアMTモードが搭載されていますので、スポーティな走りも楽しむことができます。

2リッターターボのXTを選択すれば、国産SUVトップクラスの加速を楽しむこともできます。

内装の高級感はあまりありませんが、後部座席やトランクルームの実用性はSUVとして十分にあります。


フォレスターの中古車在庫をチェック!


目次に戻る

 

【トヨタ】ランドクルーザープラド
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=i3D8gvPpYXs


新車価格:294万円~437万円

中古車価格:97万円~598万円

おすすめ年式:2002年10月~2009年8月モデル

カタログデータ


悪路走破性と信頼性が抜群に優れたSUVです。砂漠を走りまわる姿がとても似合う車です。

乗り心地や静粛性が良く、車内スペースも広々としているため、オフロード以外でもラグジュアリーなドライブを楽しめます。

2トン超えのボディですので、車の流れが速い街中や高速道路を運転される方であれば、排気量の大きめのモデルがおすすめです。

ランドクルーザープラドの中古車在庫をチェック!


目次に戻る

 

200万円~

【レクサス】RX
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=agpvIdF6r3M


新車価格:415万円~578万円

中古車価格:219万円~488万円

おすすめ年式:2009年1月~2015年9月モデル

カタログデータ


高級ブランド『レクサス』のミドルサイズ・ラグジュアリーSUVです。

2015年10月からのモデルチェンジに伴い、前モデルであれば新車時の半額程度から購入できるまで値下がりしています。

特にハイブリッドモデルは値下がりが大きく、今がお買い得になっています。

レクサスの不人気中古車がわかる!お買い得ランキングTOP7!

2009年からのモデルもまだまだ新しく、レクサスクオリティの車として、とても快適に目的地までドライブすることができます。

リアにはダブルウィッシュボーン式のサスペンションが採用されており、旋回性が良く、乗り心地も高級セダンのような上質感があります。

世界トップクラスの信頼性を誇るレクサス車ですので、2009年式であればまだまだこれからといったところです。中古車市場では、比較的低走行の車も見受けられます。

2009年1月~2012年3月生産モデルはスピンドルグリルではありませんので、あまり押し出し感が強くない方が好みの方にもおすすめです。


レクサスRXの中古車をチェック!


目次に戻る

 

【BMW】BMW X5
https://www.youtube.com/watch?t=1&v=FWKY1spQvc4


新車価格:753万円~1123万円

中古車価格:178万円~729万円

おすすめ年式:2007年6月~2013年10月モデル

カタログデータ


『駆け抜ける歓び』を思う存分に体感できるミドルクラスSUVです。新車価格が700万円を超える高級SUVですが、中古車市場では200万円程から購入できます。

BMWらしく非常にかっちりした足回りとなっており、荒れた路面ではバタつくこともありますが、舗装の良い道では抜群の安定感があります。

レクサスRXがラグジュアリー寄りなのに対して、BMW X5はスポーツ寄りと言えます。

5人乗りと7人乗りのモデルがあり、特に5人乗りは大人がゆったり座れるスペースあり、収納スペースも広いです。

最高355馬力、最大トルク48.5kg・m(3400~3800rmp)を出力する4.8リッタ-のNAエンジンを搭載しているモデルもあります。

もう一回りコンパクトなのが好みでしたら、BMW X3(100万円台~)もおすすめです。


BMW X5の中古車在庫をチェック!


目次に戻る

 



Pocket
LINEで送る

総まとめ

 

世界中のSUVを3カテゴリーに分類して、評判の良いおすすめSUVをフルボリュームでご紹介しました。

最近のファミリータイプの国産SUVは、ラグジュアリーSUVに迫る快適性・高級感のある車が増えてきています。

スポーツタイプのSUVは、一昔前のスポーツセダンを超える性能を備えてきており、コンパクトSUVであれば街中を軽快に走りますし、ミドルサイズ以上のSUVは高速道路においても快適です。

ラグジュアリータイプのSUVについては、プレミアムブランドのレクサスのSUVが快適性・信頼性の面で優れていて、欧州SUVは走りにこだわった車が多いのが特徴的です。

SUVは自動車メーカーが特に力を入れている分野の一つであり、今後どのようなSUVが登場するのか楽しみですね!

ところで、新車をお探しの方は、「オートックワン」をご存知でしょうか?自宅に居ながら、オプション価格や税金込みで、正規ディーラーから新車の見積もりが取れる便利なサービスです。

中古車をじっくりとお探しの方は、中古車業界大手のカーセンサーが一押しです。意外と便利なのが「旬ネタ」!いまお買い得な中古車がすぐにわかります。

中古車選びの際には、あまりにも安すぎる車は基本的に避けて、ある程度安くて程度が良さそうなクルマを選ぶのがオススメです。

また中古車探しが初めての方やお急ぎの方には、保証が手厚いガリバーも便利です

目次に戻る


本記事が参考になりましたら幸いです。


この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

Pocket
LINEで送る


車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、こちら(本ブログ記事)をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆関連記事☆

トップページに移動

最新記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.12.3 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ