新技術を搭載したBMWのレーザーヘッドライトと有機LED

未来の車を予感させるような新開発のBMWのレーザーヘッドライトと有機LEDを搭載したBMW M4のコンセプトカーがCES 2015で公開されました。BMWはi8に続いて、革新的な開発していきますね。

以下の動画は、公開されてから2週間で100万ビューを超えるほど注目を集めています。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=-WvK5WC4ns0

ナレーションの方の声をどこかの映画で聞いたことがあるのですが、忘れてしまいました。

ナレーションの説明を簡単にまとめてみましたので、動画とあわせてご確認いただければと思います。

新技術のレーザーヘッドライトは、単に革新的なデザインというだけでなく、ハイビーム時にLEDヘッドライトの倍の650ヤード(約594メートル)先まで照らすことができます。ハイビーム中は、対向車や先行車などの走行中の車を認識し、それ以外の場所を照らします。

通常運転時のLEDハイビームでは325マイル(約297メートル)先までが限界なのですが、運転中のドライバーが1時間に45マイル(72キロメートル)走行したことを検出すると、レーザーヘッドライトにより倍の650ヤード先までを照らします。

また、ヘッドライトはアシストシステムとつながっており、光の形状や照度をさまざまなセンサー情報を元に切り替えることができます。

たとえば、あらかじめ先の道のGPSデータやカメラの情報を用いて、次に進む道に適した形状の光を自動的に照らし出す機能があります。夜間の見通しの悪いカーブなどでは重宝しそうですね。事故も減少にもつながります。

また、歩行者や大きめの動物を識別すると、その部分を照らし出し、ドライバーに警告を与えます。この機能は、110ヤード(約101キロメートル)先まで有効とのことです。

さらに、狭い場所でも安全に運転できるように、走行線を示す2本線のレーザーが表示されます。運転に不慣れなドライバーや高齢者の方にとってもうれしい機能ですよね。

BMW OLED(有機LED)により、これまで実現が難しかったLEDのデザインが可能になりました。近い将来、どのような車が出てくるのか、ますます楽しみですね。

 

 


この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

Pocket
LINEで送る


車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、こちら(本ブログ記事)をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆関連記事☆

トップページに移動

最新記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.12.3 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ