レクサスIS、およびレクサスGSの250と350はどちかの方が良い?-250と350のモデルの違いについて詳しくご説明します

RC-F

本記事では、レクサスIS、およびレクサスGSの250と350のモデルの違いについて詳しくご説明します。インターネット上で調べても、250と350の違いが良くわからず、お困りの方も多いと思います。

本ブログの管理人(Dr. Poni)もレクサスISを購入する際にインターネット上のいろいろな意見を参考にしつつ、三日三晩、寝る間を惜しんで悩んだことがあります。

私は結局のところレクサスIS350を購入しました。ちなみに、私はレクサスIS250(現行型)およびレクサスIS300hにも試乗したことがあります。いずれも良い車だと思います。

本記事では、レクサスRCとレクサスIS、レクサスGSともに同じV6エンジンを積んでいる3車種なので、私がより詳しいISを例にしてご説明します。

まず基本的なことですが、レクサスの250モデルは2499ccの最高出力215ps、最大トルク 26.5kg・mのエンジンを積んでいます。

また、350は3456ccの最高出力318ps、最大トルク 38.7kg・mのエンジンを積んだモデルです。

IS350とIS250の主な違いは、エンジン出力とトルク(加速力)以外には、車両価格と車両重量が挙げられます。

たとえば、ISの現行型では、350が250よりも103ps高く、12.3kg・m トルクが高く、50kg重いです。

本記事では、まず車両価格について考えてみます。車両価格は、新車か中古車かによって大きく異なります。

新車の場合、IS350はIS250よりも100万円近く高くなります。この差はかなり大きいですよね。

ただし、単にエンジンの違いだけでなく、IS350はより高出力に耐えうるようにタイヤのインチアップ等、パーツが調整されています。

一方、維持費については、年間1万キロ程度の運転であれば、かなりアバウトですが、月4000円程度のガソリン代の差になります。車両価格と比べると、維持費のコストは微々たるものですね。

中古車の場合には、IS350とIS250の価格差は一気に縮まり、ほとんど無くなります。この理由は、中古車市場では維持費のより安いIS250が好まれるためです。

したがって、中古車の場合にお買い得なのは、IS350になります。

次は、エンジン出力について考慮してみたいと思います。IS250とIS350では、加速感が大きくことなることはありません。なぜなら、エンジン出力が滑らかになるように調整されているためです。

普段乗りでは、よほど飛ばさない限り、IS250の加速で十分満足できるものと考えられます。

IS250の0-100km/hは7秒台で、最近の燃費重視の車のようにガツンとくる不自然な加速ではなく、滑らかに加速します。エンジン音も心地良いです。

IS350と比べて、街乗りではエンジン回転数をそれなりに回す必要がありますから、こちらのほうが車を操っている感じがすると思います。パドルシフトとの併用がマッチします。また、燃費もIS350と比べて20%ほど良いです。

一方、欠点としては、IS250のオーナーのコメントでよく見かけるのが、坂道でのパワーがもう少しほしいという声です。また、登板車線や高速道路での追い越しなどで、IS250ではもう少しパワーが欲しいところです。

0-100kmh加速が7秒台のセダンは国産車でもけっこうありますので、個人的には6秒台の加速力が欲しいところではあると思います。

一方、IS350の良さは、なんといってもアクセルを踏み込んだときの加速感です。特に、信号待ちからの加速は癖になる人も多いのではと思います。

レクサスISはボディ剛性の高い車ですから、アクセルを踏み込んでも安定しています。

また、追い越しや合流地点での加速では、IS350の加速力はとても便利です。追い越し車線での走行にも余裕があります。

IS350以上の加速力を誇る車は街中ではあまり走っていないので(場所によりますが)、プレミア感もあると思います。

IS350はアクセルを踏み込んだときのパワーはかなりのものですが、けっして扱いづらいわけではありません。加速力がある分、先行車との距離を余裕をもって取ることができますので、乗り方次第ではありますが安全性も高まります。

ただし、アクセルワークに慣れないうちは、うっかり加速しすぎてしまうことがあるかと思いますので、注意が必要です。

私の場合には、2004年式のカローラ1.8lのほうがアクセルワークが難しく(踏み込むと飛び出る感じです)、IS350に慣れるまでに時間は掛かりませんでした。

個人的には、運転の楽しさの点からすれば、IS250とIS350は甲乙つけがたしだと思います。車と一体感を感じるという点においてはIS250のほうが上で、ハイパワーを上手く使いこなす楽しさではIS350のほうが良いです。

車両重量については、50kgの差はそれほど気になりませんが、やはり軽い方が発進時の運転フィールは良いです。

また、コーナリング性能については、特にレクサスRCとレクサスISはコーナリング性能が抜群ですから、50kg程度の差があっても限界性能を引き出すようなシーンはほとんどないと思います。

以上となります。本記事が皆様のお役に立ちましたら幸いです。

 

 


この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

Pocket
LINEで送る


車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、こちら(本ブログ記事)をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆関連記事☆

トップページに移動

最新記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.12.3 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ