新型 CX-5の評判・レビュー :クラストップレベルの走行性をチェック!

2017年2月にフルモデルチェンジが実施された、新型CX-5の評判・レビューをお伝えいたします。

スポーティな走りが持ち味のCX-5ですので、競合車との性能データも比較してみました。

まずはCX-5のレビュー評価を確認していきましょう!

新型CX-5ソウルレッドクリスタル

新型CX-5の評価

新型CX-5の画像

まずはCX-5の海外でのレビュー情報をチェックしてみましょう!多数の有力メディア情報を統合した、北米自動車メディア「BEST CARS」のコンパクトSUV部門では、2017年モデルのCX-5は8.7ポイントで18台中の2位に位置しています(2017年9月時点)。

コンパクトSUVといっても、CX-5のボディサイズは全幅1.84メートル、全長4.54メートル、全高1.69メートルあり、日本ではミドルクラスに相当します。

コンパクトSUV部門の第1位は8.8ポイントでホンダのCR-Vとなっています。また、スバルのフォレスターは8.1ポイント、日産のエクストレイルは8.0ポイント、トヨタのRAV4は7.6ポイント、三菱のアウトランダーは7.1ポイントで、ほとんどの競合ライバル車を大きく引き離しています

CX-5が評価されている項目は、飛び抜けて優れた走行性、スムーズな乗り味、高級感のある内装、広くて快適なシート、そして優れた安全性の5点です。

新型CX-5の内装画像

特に走行性の9.1ポイントは、18台中ダントツの1位となっています。同じく走行性の優れたCR-Vやフォレスターでさえ、8.2ポイントに留まっています。

一方で欠点としては、エンジン性能が平均的であることと、J. D. POWERの信頼度スコアが低いこと、が挙げられています。

前者については、日本ではあまり知られていない「シボレー エクイノックス」や「フォード エスケープ」などの海外勢のSUVがパワフルなエンジンを積んだグレードを持つためです。後者の信頼性については、個人的に気になるところではあります。

ちなみに人気SUVのハリアーは、同じクラスではあるものの、日本専用で発売されているため、今回のランキングには入っていません。

CX-5の走行性能をチェック!

新型CX-5走行シーン

次に、CX-5の走行性能をチェックしてみましょう!日本で人気のXD(ディーゼル)はひとまず置いておいて、まずは2.5リッターのガソリンモデルのテストデータ(CAR AND DRIVER参照)を参考にします。

CX-5の2.5S L Packageには、最高出力190PS/6000rpm、最大トルク25.6kg・m/3250rpmを出力する2.5リッターのエンジンが搭載されています。

0-96.5km/h(停止状態からフル加速で時速96.5キロまでに到達するまでの時間)は7.8秒となっていて、このクラスとしては十分な加速性能があることがわかります。

このグレードのJC08モード燃費は14.8 km/Lで、実燃費はリッター11キロほどのようです。

以下は、CX-5の加速シーンです。FFではなく4WDなので60キロほど重くなっていまずが、加速感を体感することができます(加速シーンは2分55秒~)。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=PjZ7siDQopk

 
時速100キロからのブレーキングでは40.7メートルで止まっていて、このサイズのSUVとしては安心して走れるレベルですね。

次にディーゼルグレードXDの加速性能をチェックしてみました。XDは最高出力こそ170PSですが、最大トルクが42.8kg・m/2000rpmとかなりパワフルです。

こちらは時速175キロまでフル加速している動画が公開されていましたので、張り付けておきます。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=BPNWUfTL30Q

 
0-100km/hは8.5秒とのことで、他の動画もおおむねこの値を前後しています。

私の方でもレンタカーでCX-3やデミオのディーゼルに試乗したことがありますが、加速時のパワー感がある分、体感的には実測値よりも速く感じるのではないかなと思います。

また1.5リッターのディーゼルと比べて、中速域からも加速の伸びがあり、エンジン音にも上品さがありますね。ハンドリングの良さも含めて、出足の加速以外はかなり気持ちよく運転できそうです。

クルマの挙動をサポートする「G-ベクタリング コントロール」は、私はアクセラで体感しましたが、まるで運転が上手くなったかのようにハンドリングが自然で、クルマの動きを滑らかにしてくれます。

路面の凹凸を通過したときにも、ハンドリングで微調整する必要がないため、CX-5のように長距離ドライブに適した車と「G-ベクタリング コントロール」とは相性がかなり良いと感じます。

ディーゼルのJC08モード燃費は、エントリーグレードのXDで18.0 km/L、実燃費はリッター14キロほどのようです。

CX-5には2リッターのガソリンエンジンを搭載したグレードもあります。こちらは0-100km/hで11.1秒とのことです。

CX-3であれば2リッターでちょうど良いのですが、重量のあるCX-5の場合にはやはりパワー不足感がありますね。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=FoLKxT5xj-c

 

次に旋回性能に着目すると、コーナリング時の限界性能を示すスキッドパッドのテストでは0.82g を記録しています。

高速旋回においても、粘り強いハンドリングを体感できるレベルです。

競合車をチェックすると、フォレスターのXT(4WD)で0.75g、新型CR-Vで0.82g(日本では未発売)、ローグ(エクストレイル)が0.81、RAV4で0.75となっています。

スキッドパッドの目安として、本格スポーツカーのトヨタ 86で0.9g、ファミリーセダンのカローラで0.82g、スポーティな新型シビックで0.93g(3車とも2017年式)などがあり、背の低いスポーティな車ほどの曲がり方は禁物、ということがわかります。

CX-5よりもスポーツ走行性能で上回るSUVとなると、BMW X1のxDrive25i Mスポーツ(614万円)やメルセデス・ベンツ GLA250 4MATIC(513万円)などがありますが、価格帯が跳ね上がります。

CX-5の走行性能は、数値で見ると飛び抜けた項目はありませんが、エンジンパワーに対して余裕の旋回・減速性能があり、トータル面で高水準であるところが評価されているのではと思います。

CX-5の中古車はどうか?

初代CX-5の中古車

CX-5は2016年12月生産モデルからフルモデルチェンジ版が発売されましたので、2012年2月発売~のCX-5は旧型となりました。

といっても、性能面で大きな変化はなく、デザイン的にもこちらの方が好みの方は少なくないはずです。

カーセンサーで初代CX-5の中古車一覧を調べると、平均価格が200万円以内で、おおよそ160万円程度から中古車在庫が豊富になっていることがわかります。

まとめ

CX-5の評判と走行性能についてサクッとまとめてみました。CX-5のオススメグレードは、ディーゼルのXD(FF:280万円、4WD:303万円)です。

XDは新車価格が280万円~となっており、CX-5のトータル性能を考慮すると、新車のSUVの中ではコストパフォーマンスで頭一つ抜けているように思います。

あとは安全快適装備の有無で、L Package(FF:329万円、4WD:352万円)もしくはPROACTIVE(FF:300万円、4WD:320万円)を選択することになるかと思います。


CX-5の公式ページ


以上となります。本記事が皆さまの参考になりましたら幸いです。

以下の記事も人気があります。

 

この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。



車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の売却 ・ 買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、「車の買い替えを検討されている方へ」をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆最近の関連記事☆

トップページに移動

最近のおすすめ記事


以下の記事もよく読まれています(今週のトップ15)


icon-medal-1-16 低予算で買える不人気中古車 35選~2017年版~


icon-medal-2-16 国産車・輸入車の0-100km/h加速 etc.!


icon-medal-3-16 高級車の人気ランキング 2017 ~国産車&輸入車~


スポーツカーの人気ランキング 30選 ~価格帯別~


おすすめ人気SUV 2017 ~ 国産車&輸入車~


おすすめ人気コンパクトカー 2017 ~国産車&輸入車~


抜群に速い国産車・輸入車ランキング 2017


抜群に速いコンパクトカーを一挙公開!ホットハッチの底力とは?


100万円以下のおすすめ中古セダン・クーペ 2017


0-100km/h 加速の世界ランキング TOP10+α


国産スポーツカーの加速性能をまとめてチェック!0-100 ランキング TOP18


2017年度のおすすめの車はコレ!~価格帯別~


おすすめ人気ミニバン 2017 ~ 国産車&輸入車~


国産スポーツセダンの評価ランキング 2017


レクサスのクルマはどれぐらい速い?全車種の加速ランキングを一挙公開!


車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。また、研究で培ったデータ分析ノウハウを活用して、なるべく偏りがなく、信頼できるデータを利用しています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.7.27 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ