【アルファロメオ】ジュリアの評判&レビュー

日本での発売が年内に迫った、4ドアのパフォーマンス・セダンであるアルファロメオ ジュリアの評判&レビューをお伝えいたします。

ジュリアは既に国外で発売されていることから、大手メディアによる評価は勿論のこと、走行性能などもバッチリ公開されています。

まずはジュリアの海外での評価・特徴を見ていきましょう!

2017年8月11日更新

※ランキングデータは、記事作成時点の内容となります。

評価・特徴

まず、北米自動車メディア「BEST CARS」によると、総合ポイントは8.8ポイント(10点満点中)の高得点となっていて、ラグジュアリー・スモールカー部門では20台中の第2位となっています。

(※BEST CARSの評価値は、多数のメディア評価値を統合して算出されており、公正性が高いです。)

スモールカーといってもコレは海外基準であり、同クラスにはBMWの3・4シリーズ、アウディA3・A4、メルセデス・ベンツのCクラスなどのミドルサイズの車があります。

第1位はBMW 4シリーズの8.9ポイント、第3位はアウディ A4の8.7ポイントとなっていて、ドイツ御三家の高級車が上位を占める中、ジュリアはとても高く評価されているといえます。

評価の内訳を見てみると、走行パフォーマンスが9.5ポイントとなっていて、同クラスでは2番目に高い9.0ポイントを獲得している4シリーズを大きく引き離しています。

BMW 4シリーズもスポーツ要素の強い車ですが、ある意味ジュリアの一台だけ、スポーツカーの領域に達しているようなイメージですね。

ジュリアは強みもハッキリとしていて、以下の項目が挙げられています。

  • 優れたエンジン性能
  • 鋭いハンドリングと強力なブレーキ性能

一方で、弱みの部分としてリアシートが窮屈であること、トランク容量が大きくないこと、そして安全装備やインフォテイメントシステムが先進的ではないことなどが挙げられています。

参考サイト:BEST CARS

エクステリア&内装

ジュリア赤フロントビュー

ジュリアは、盾のフロントグリルをシンボルとした、アルファロメオのイタリアン・デザインを踏襲しています。

エクステリアは好き嫌いがハッキリしそうですが、街中に溢れたドイツ御三家の高級車と差別化できることは間違いないですね。

ジュリア内装

内装は、ラブリーなイタリアンデザインが魅力ポイントであり、本革の質感が高く、ソフトタッチの素材に囲まれています。

後席やラゲッジルームは狭く、ここは妥協点となります。

モデルラインナップ

 
ジュリアのグレードは、2.2リッターの4気筒ディーゼル(最高150PS or 181PS)と、ガソリン仕様の2タイプがあります。

ガソリン仕様は、ベースグレードですら42.3kg・m/2000rpmの強力なトルクを発生させる2リッター・ターボのエンジンを積んでいます。

日本でのジュリアの価格はまだ発表されていないものの、海外では同価格帯のライバル車と比べても1ランク上のパワフルさがあります。

もう一つのハイパフォーマンスグレードである「クアドリフォリオ」は、最高510PSを出力する2.9リッターのツインターボ付きのV6エンジンを積んでいます。

このクアドリフォリオは、ニュルブルクリンクで4ドアセダン最速の7分39秒を叩き出したことでも有名です。

◎ クアドリフォリオのニュルタイムアタック走行時のオンボード映像

https://www.youtube.com/watch?v=5gEdJmIVqLY&t=3s

 

走行パフォーマンス

続いて、ジュリアの走行性能をチェックしてみましょう!

まずは0-60 mph(停止状態から時速96.5キロまでかかる時間)をチェックすると、2リッター・ターボのガソリンエンジンのMTグレードで5.1秒(Motor Trendより)を記録しています。

タイム的には、BMW 4シリーズの428i(5.2秒)やアウディA4の2.0T(5.1秒)と同じぐらいです。

一方、8ATの方は、CAR AND DRIVEの0-60 mphテストでは5.7秒を記録しています。

ジュリアは旋回性能の限界を示すスキッドパッドでは0.88 gを記録(※スタビリティコントロールはOFFで計測)しており、コーナリングは相当粘り強いです。

ちなみに同テストでは、BMW 330iが0.84 g、A4 2.0Tが0.90 g、IS Fスポーツが0.84 g、新型シビックが0.93 gを記録しています。

そして目玉のクアドリフォリオは、0-60 mphで3.6秒、ゼロヨンで11.9秒、70-0 mphで143フィート、スキッドパッドで1.0 gを記録しています。

◎ アルファロメオ クアドリフォリオの0-290 km/h

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=w3iMF78wtuE

 

競合車のBMW M3が0-60 mphで4.0秒、ゼロヨンで12.2秒、70-0 mphで146フィート、スキッドパッドで0.98 g、C63 S AMG(クーペ)が0-60 mphで3.8秒、ゼロヨンで12.0秒、70-0 mphで151フィート、スキッドパッドで0.98 gですから、高性能な欧州ハイパフォーマンスカーに基本性能で若干勝っていることがわかります。

ニュルブルクリンクのラップタイムはもちろんのこと、Motor TrendのHead To HeadでもM3、C63 AMG S、ATS-Vなどのハイパフォーマンスセダンよりも上、という評価が得られています。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=WGAU7aFMFwQ

 

また独特のエンジンサウンドも、魅力ポイントかと思います。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=OWGXO8CJEV0

 
 

まとめ

 
新型ジュリアについて、走りの良さに焦点を置いてご紹介しました。

欧州のハイパフォーマンスカーを超えるほどの性能を持ち、個性もアピールできるアルファロメオの新型ジュリア。

また一つ、ハイパフォーマンスセダンの選択肢が増えたことは嬉しい限りです。

なお、日本で発売されるジュリアのグレードや価格などの詳細などは、9月6日に公式で発表されるようです。


◎ アルファロメオ クアドリフォリオのドライブシーン

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=Gi3eYkRbFSs

 

アルファロメオ ジュリアの公式ページ


以上となります。本記事が皆さまの参考になりましたら幸いです。

 

この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。




車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の売却 ・ 買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、「車の買い替えを検討されている方へ」をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆最近の関連記事☆

トップページに移動

最近のおすすめ記事


以下の記事もよく読まれています(今週のトップ15)


icon-medal-1-16 低予算で買える不人気中古車 30選~2017年版~


icon-medal-2-16 国産車・輸入車の0-100km/h加速 etc.!


icon-medal-3-16 高級車の人気ランキング 2017 ~国産車&輸入車~


スポーツカーの人気ランキング 30選 ~価格帯別~


おすすめ人気SUV 2017 ~ 国産車&輸入車~


おすすめ人気コンパクトカー 2017 ~国産車&輸入車~


抜群に速い国産車・輸入車ランキング 2017


抜群に速いコンパクトカーを一挙公開!ホットハッチの底力とは?


100万円以下のおすすめ中古セダン・クーペ 2017


0-100km/h 加速の世界ランキング TOP10+α


国産スポーツカーの加速性能をまとめてチェック!0-100 ランキング TOP18


2017年度のおすすめの車はコレ!~価格帯別~


おすすめ人気ミニバン 2017 ~ 国産車&輸入車~


国産スポーツセダンの評価ランキング 2017


レクサスのクルマはどれぐらい速い?全車種の加速ランキングを一挙公開!


車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。また、研究で培ったデータ分析ノウハウを活用して、なるべく偏りがなく、信頼できるデータを利用しています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.7.27 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ