ムラーノの評判・レビュー: 低年式の中古車がお買い得!

中古車の魅力をお伝えするシリーズの第2弾として、上質なサルーンのような乗り心地を持つSUVのムラーノをご紹介します。

SUVはどちらかといえば人気車種に該当しますので、中古車市場でも値下がりしにくいのですが、ムラーノの低年式はかなりのお手頃価格になっています。

ムラーノの最上位グレードはオプション込みで500万円を超えるほどの高級クラスですが、カーセンサーの相場を見ると、初代モデル(2004年9月~)が平均67万円、2代目モデル(2008年9月~)が平均167万円程まで値下がりしています。

ムラーノの評判

ムラーノは海外戦略車としてアメリカでベストセラーとなり、日本では海外よりも2年遅れて2004年から発売されるようになりました。

ワイドでスポーティなサルーンとして日本でも期待されていたSUVですが、日本では思いのほか売れず、惜しくも2015年3月に新車販売が終了しています。。

日本国内では不人気車となってしまったムラーノですが、海外では今なお高い評価を得ています。

北米自動車メディア「BEST CARS」のムラーノの総合評価では、ミドルクラスのSUV18台の中で堂々の1位を獲得しています。

特に評価されているポイントは、上級セダンクラスの快適なシートと、プレミアムSUVとしての洗練されたインテリアのクオリティが挙げられます。

またJ. D. Powerの信頼度評価でも高い数値を得ていることから、長距離走行での安心感や快適性が肝となるアメリカで高い評価を得ている点も頷けます。

ムラーノの特徴

ムラーノはLサイズの大きなSUVです。全幅が1.9メートル近くあり、全長が4.8メートル少々、全高が1.7メートル少々あります。競合車のハリアーよりも一回り大きいです。

ただ運転席からのビューでは、着座位置が高く広範囲を見通せる分、実際の大きさよりも小さい感じがします。

エクステリアはフロント部分が丸みを帯びているのが特徴的で、どちらかといえば大人なスッキリ感があります。迫力のある大きなSUVが好みの方にもオススメできます。

ボディの大きさゆえに取り回しの面では場所を選びますが、後席が広く、ラゲッジルームのボリュームがたっぷりなのも魅力ポイントです。

ムラーノといえば内装のクオリティが特筆ものです。インテリアはシンプルかつモダンなデザインとなっていて、背丈のある広々とした空間に、厚みのあるシートが心地良いです。

ムラーノ内装ベージュ

ムラーノは背の高いSUVですが、セダンのような走りの安定感を持たせるために横剛性が高められており、コーナリングでもロール(傾き感)が小さく、高速コーナリングでも落ち着いて運転することができます。

ハンドリングはスポーティなエクステリアとは異なり、ゆるやかに動くような特性を持ちます。

これはセダンと比べて重心が高い分、「急な挙動変化を抑えることで転倒を防止する」という安全性を考慮したためなのですが、それでもゆったりしすぎて退屈になりにくい絶妙なセッティングになっています。

エンジンは2.5リッターの直列4気筒と、3.5リッターのV6の2タイプがあります。特に3.5リッターの方はサルーンとしての落ち着き感があり、高速道路を利用した遠出が非常に楽になります。

静粛性も高級セダンクラスになりようにコストがかけられており、制振材・遮音材・吸音材といったパーツが要所要所に配置されています。

ムラーノの相場

ムラーノは2008年にフルモデルチェンジが実施されており、2004年9月~2008年8月発売の初代モデルと、2008年9月~2015年3月発売の2代目モデルに分かれます。

カーセンサーの相場を見ると、初代モデルは平均約67万円、2代目の2008年9月~2015年3月発売モデルは平均約168万円まで値下がりしています。

車両のお値段はグレードにより異なりますが、3.5リッターの方が標準の装備面で豪華な仕様になっています。

グレードと追加オプションにより装備面はさまざまですが、このクラスに必須のバックモニターはもちろんのこと、本革シート、クルーズコントロール、サイド・カーテンエアバッグ、ムーンルーフ、シートヒーターなどがあります。

お手頃なお値段でラグジュアリーな装備一式をそろえることができるのも、中古車選びの醍醐味ですね!

燃費が最大の欠点?

ムラーノにはプレミアムSUVに相応しいエンジン出力を備えたエンジンが搭載されています。ムラーノのカタログ燃費は、初期モデルの2.5リッターエンジンを搭載したグレード「250XL」でリッター10.6キロ、3.5リッターエンジンを搭載したグレード「350XL」でリッター9.3キロとなっています。

これは燃費計測に有利な10・15モード燃費ですので、今時のJC08モード燃費換算ではリッターマイナス1キロぐらいになりますが、それでもLサイズのSUVとしてはけっして悪くない数字です。

e燃費のムラーノの実燃費をチェックすると、FFのグレードでリッター9キロぐらいはあるようですから、実燃費は結構良い部類に入るのではと思います。

とはいっても、この燃費と、ボディの大きさが相まって、人気カテゴリーのSUVとしては不人気となっているのではと思います。

もしあまり荷物を積まない方であれば、同じLサイズでありながら、JC08モード燃費でリッター30キロの低燃費を誇るハイブリッドセダンである、「アコードハイブリッド」もオススメできます。

詳しくは、「中古のアコードハイブリッドがお勧め&お買い得です」をご覧いただければと思います。

まとめ

アウトドア用途に使えるSUVとして逞しさと、高級セダンのような快適性を備えた、プレミアムSUVのムラーノをご紹介しました。

アメリカンサイズのボディの大きさや、車両重量の重さにより燃費がかかる部分さえクリアすれば、結構気に入る方もおられるのではと思います。

初代・2代目ともに、デザイン面もモダンな造りとなっているため、内装面の古さがあまり感じられないところも良いですね。


【ムラーノの中古車データ(カーセンサー参照)】

ムラーノのカタログデータ

ムラーノの中古車相場

ムラーノの中古車一覧


◎ ムラーノ(2代目モデル)のインテリア&エクステリア

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=3rXwOd55IH0

 

◎ ムラーノ(初代モデル)のインテリア&エクステリア

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=nO3e9qLpSio

 

以上になります。皆さまに良いクルマが見つかることを願っております。

以下の記事もオススメです。

この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。



車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の売却 ・ 買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している「カーセンサーの一括査定」が一押しです!詳しくは、「車の買い替えを検討されている方へ」をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆最近の関連記事☆

トップページに移動

最近のおすすめ記事


以下の記事もよく読まれています(今週のトップ15)


icon-medal-1-16 低予算で買える不人気中古車 35選~2017年版~


icon-medal-2-16 国産車・輸入車の0-100km/h加速 etc.!


icon-medal-3-16 高級車の人気ランキング 2017 ~国産車&輸入車~


スポーツカーの人気ランキング 30選 ~価格帯別~


おすすめ人気SUV 2017 ~ 国産車&輸入車~


おすすめ人気コンパクトカー 2017 ~国産車&輸入車~


抜群に速い国産車・輸入車ランキング 2017


抜群に速いコンパクトカーを一挙公開!ホットハッチの底力とは?


100万円以下のおすすめ中古セダン・クーペ 2017


0-100km/h 加速の世界ランキング TOP10+α


国産スポーツカーの加速性能をまとめてチェック!0-100 ランキング TOP18


2017年度のおすすめの車はコレ!~価格帯別~


おすすめ人気ミニバン 2017 ~ 国産車&輸入車~


国産スポーツセダンの評価ランキング 2017


レクサスのクルマはどれぐらい速い?全車種の加速ランキングを一挙公開!


車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。また、研究で培ったデータ分析ノウハウを活用して、なるべく偏りがなく、信頼できるデータを利用しています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.12.4 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ