中古車のおすすめ検索方法&サイト

life_16_mikarika

インターネット上で中古車を検索する場合、検索サイトはたくさん見つかりますが、どのサイトが良いのかわからなくてお困りではないですか?

中古車サイトのレビューをしているようなページって、意外と見つからないんですよね

中古車選びにおいて、検索サイトは窓口のようなものです。この窓口がしっかりしているかどうかによって、良い車が手に入る確率が大きく変わります。

また、どの検索サイトにも得手・不得手があるため、貴方の要望に沿った検索サイトを利用することが重要です。たとえば、スポーツ走行性能の優れた車(セダン・クーペなど)をお探しであれば、走行距離の少ない、程度の良い車が良いですよね!

また、車を日常の道具として使用される方であれば、なるべくお買い得な車をお探しかと思います。

 

上記のことを踏まえて、本記事では、意外と知られていない、おすすめ検索方法をご紹介します。

 

まず、以下の表に代表的な中古車検索サイトを分類しました。この表では、4つの項目について最高5つ星で評価しています。

検索件数 お買い得度 専門性 リスクの低さ
大手検索サイト(カーセンサーnetGoonetなど) ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★☆☆  ★★★☆☆
専門販売店(ロペライオ、高崎自動車販売など)  ★☆☆☆☆ ★★★★☆  ★★★★☆ ★★★★☆
 認定中古車  ★★☆☆☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ ★★★★★
 個人売買(オークション含む)  ★★★☆☆ ★★★★★ ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆
 買取&販売兼業 ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆

※★の数が多いほどその項目の評価が高いことを示します。

まず、中古車を検索していると、必ずと言ってよいほど検索でヒットするのがカーセンサーnetGoonetです。この2社は、ほかのサイトと比べて、取り扱っている販売車数が数十万台と圧倒的に多いです。このため、検索件数は5つ星(★★★★★)としました。

ほかの項目については、検索で引っかかった自動車販売サイトに依存するため、3つ星としました。販売台数が多いと、好みのモデルやオプション、ボディカラーの車を選ぶときに便利です

 

上記2社に続いて販売台数が多いのが、車選び.comです。このサイトでは、販売車数がおおむね10万台を超えていますね。

 

カーセンサーnetは、中古車に限らず、車情報を調べていると何かとヒットすることが多いですよね。このサイトは検索エンジンで上位表示される傾向が高いです。このため、ほかの検索サイトが埋もれてしまうデメリットもあります。

そこで本ブログでは、他の有力な中古車販売サイトにもスポットライトを当てたいと思います。

 

検索で上位表示されない分、良い車や良いサービスを提供して頑張っているサイトもたくさんあります小~中規模の中古車販売サイトでは、口コミによる評判がとても重要です

評判の良い中古車販売サイトでは、お買い得かつ程度の良い車が見つかる可能性が高いです。

 

まず、特定の車種を専門に扱う中古車販売店は、専門性が高く、数は少ないのですが程度の良い車をそろえています。専用の工場を持っているような中古車販売店であれば、保証が充実していたり、故障時の対応も迅速であるといったメリットもあります。

高級輸入車であればロペライオ、レクサスであれば高崎自動車販売、国産車であれば各自動車メーカーが運営している中古車専用サイトがあります。たとえば、トヨタであればGAZOO.com、日産であればGet-U、ホンダであればHondaオープンテラス、スバルであればSUGDAS‐スグダスがあります。

私は最近まで、これらのサイトのことを知りませんでした。たまたまかもしれませんが、検索で中々引っかからないように思います。

 

次に、とにかく程度の良い中古車が良い場合には、認定中古車がベストチョイスになります。認定中古車は、各ディーラーが新車と同等の扱いをしていたりします。

認定中古車では、消耗したパーツが新品に取り換えられているなど、新車に近いレベルの車を手に入れることができます。たとえば、レクサスであればレクサス認定中古車、BMWであればBMW PREMIUM SELECTIONなどがあります。

認定中古車の欠点は、車両本体価格が割高なのと、購入後のディーラーでのサービス料金が割高なことです。ある程度車のメンテナンスに関する知識がないと、どのサービスの値段が高いのかわからないですよね。

 

また、掘り出し物の車が期間限定で販売されているガリバーもチェックしてみましょう。程度の良さそうな車がお買い得価格で売られていることがあります。実はここで売られなかった車が、オークションで他の車販売業者に買い取られます。

 

とにかく安い車を、という場合には、Yahooの中古車オークションなどの個人売買という選択肢もあります(リスクは大きいです)。

 

ざっと代表的な検索サイトを挙げただけでもこれだけあります。これだけたくさんの中古車検索サイトがあると、どのサイトを利用して良いのかわからなくなりますよね?本ブログの管理人もすごく迷った経験があります。

そこで、それぞれのサイトの特徴を考慮して、以下のように目的別に分類してみました。中古車検索の際には、本記事をご活用いただければ幸いです。

 

とにかくお買い得&安い車を購入したい方

上記の表より、個人売買(ヤフオクの中古車オークションなど)がとにかく安く購入できます。この理由は、売買に関与する業者が少ないほどお安く車を購入できるからです。

ただし、安く購入できる分、リスクを考慮する必要があります。中古車の購入価格が安くても、故障が続出して維持費が高くついてしまっては、目もあてられませんよね。

個人売買では、事故車などのはずれの車を引く確率がどうしても高くなってしまいます。ですので、程度の良い車を見極めるための知識が必要になってきます。

 

お買い得だけれど、程度も良い車を購入したい方

お買い得な車を選ぶ際には、リスクが高くなるというのも困りものですよね。安い車がほしいけれども、リスクはなるべく低い方が良いというのが本音ではないでしょうか。

そこで、リスクをなるべく低くする方法として、売り手と買い手の間にプロの査定が仲介しているような購入方法がおすすめです。

 

次に、中古市場は人気で車体価格が決まりますので、不人気車がねらい目となります。不人気車だからといって、決して車自体がよくないわけではなく、むしろ性能や内装などの優れた車がお買い得価格で販売されています。

不人気の原因としては、購入層の好みに一致しなかったり、ライバル車との競合により売れ行きが芳しくなかったケースなどがあります。これらのケースでは、車自体には問題がないのでかなりおすすめです

特に、セダンやクーペは人気がいまいちなのですが、走行性能や利便性の面では優れており、購入層の年齢も高めなので程度が良いことが多く、ねらい目です。セダンとクーペは、知る人ぞ知る、お買い得車種なのですね。

一方、不人気の理由が『故障のしやすさ』など維持費や安全性に直結する場合には、注意が必要になってきます。特に、輸入車を購入される予定の方は、2000年以前に生産された中古車にご注意ください。

不人気車は販売台数もあまり多くなかったりしますので、取り扱い台数が最も多いカーセンサーnetが有力です。そこから絞り込みを行い、口コミ情報を参考にして良い中古車販売店を見つけましょう。

 

自動車は年々故障率が下がってきていますから、安いからと言って故障するリスクが格段に高くなるようなケースは少なくなってきました。ですので、とにかく安い車を、という考え方もありだとおもいます。何かとお金のかかる昨今、車にお金をかけないというスタイルも良いと思います。ただし、故障時に備えてある程度の予備金を蓄えておきたいですね。

 

<※補足事項>

中古車市場では、基本的には『車の買い取り価格』+『法定費用など』+『販売店の利益』が車の販売価格となります。

中古車の流通では、多くの場合、売る人⇒買取店オークション販売店⇒買う人の流れとなります。このとき、上記の太字のそれぞれの段階で車体価格に+αの料金が追加されます。

したがって、上記の太字の段階が少ないほど安く車を購入できるというわけです。

その分、デメリットとしてトラブル時のリスクが問題となります。たとえば、売る人⇒買う人の『個人売買』では、故障時や車の不良による事故が発生した際に、売り手と揉めることがあります。これは法律も絡んできますので、相当大変です。

一方、売る人⇒買取店⇒買う人のように一段階を踏めば、売る人の車をプロが査定することになるため、車の不良部分などが明確になります。また、故障時には経験豊富な販売店が対応してくれます。

このように、価格の安さとリスクを天秤にかけて車の購入を検討することが大変重要です。

 

なるべく程度の良い中古車を購入したい方

中古車をなるべく長く乗りたい方や、スポーツ性能の高い車をお買い求めの方などが該当します。上の表より、専門性とリスクの評価が最も高い認定中古車がベストチョイスです。

認定中古車は、普通の中古車販売店と比べて数十万程度高く、割高感があります。ですが、その分信頼性が高く、長く車を乗る方であれば、トータルコストで見たときにお得になることもあります。

信頼性が高い理由は、販売前に厳密な整備が実施され、基準に満たないパーツが新品に取り換えてあるからです。また、新車と同様の保証が付いたりする点が大きなメリットとして挙げられます。

欠点としては、ディーラーのサービス料は、人件費などがかかる分、高めに設定されていることです。認定中古車以外には、特定の車種を専門として車を販売している店で、ネット上の評判も良好な販売店が良いです。

特に、整備施設を独自に持っており、故障時のトラブルにしっかり対応してもらえる車販売店が◎です。

 

たとえば、数十万円~100数十万円の輸入車をお探しの方は、良質の車を揃えているロペシティというオンライン車販売サイトが一押しです。このサイトに掲載されている輸入車はたしかに安いのですが、輸入車販売のプロですので、信頼できる点が大きなメリットです。

輸入車は、国産車と比べて故障のリスクが高くなりますので、なるべく信頼のおける車販売店から購入したほうが良いです。

また、レクサス車であれば高崎自動車販売が実績豊富でおすすめです。

 


 

中古車をお探しの方は、こちらのページから期間限定の掘り出し物の中古車在庫をチェックしてみるのもおすすめです。

納車後100日まで返品可能ですので、いざというときにも安心です。

 

お気に入りの一台が見つかることを願っております。

 


この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

Pocket
LINEで送る


車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、こちら(本ブログ記事)をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆関連記事☆

トップページに移動

最新記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.11.1 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ