スズキの不人気中古車 7選 ~2017年度版~

スズキの全車種の中から、ここ一年間で中古車市場において大幅に値下がりしているお買い得なクルマをご紹介いたします。

スズキの不人気車

スズキはバイクおよび軽・コンパクトカーなどの小型自動車の販売で広く知られていますが、数は少ないながらもSUVやセダン、ミニバンなどもラインナップしています。

これらは日本だけでなく海外においても評価されているものの、中古車市場では不人気車気味のクルマとしてお買い得価格で販売されています。

ぜひ掘り出しもののクルマを見つけていただければと思います。

2017年5月5日更新

本記事に記載しているデータは、日本有数の掲載在庫台数を誇るカーセンサーを参考にしております。

SX4

sx4%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88

  • 年式:2006年7月~2014年9月
  • 新車価格:149~206万円
  • 中古車平均価格:62万円
  • 10・15モード燃費(km/L):12.0~16.4
  • カタログデータ / 中古車一覧

欧州をターゲットにつくられた、スズキのコンパクトSUVです。コンパクトカークラスの中では、乗り心地や走りが優れていて、遠出でも疲れにくいクルマです。

デザインが何気に洗練されていて、あまり見かけないクルマですので、さりげなくプレミア感があります。

全幅が5ナンバー上限の1.7メートルを若干超えた3ナンバーサイズとなっていて、後部座席に大人が乗っても遠出できるサイズであり、頭上スペースにも余裕があります。

またさりげなく積載スペースが大きく、SUVとしては小回りもそこそこ効きますので、街乗りから遠出までこなせる実用的なクルマです。

スズキの力作であり、海外でも評判は上々なのですが、やはり知名度が低い不人気車ということで値下がり幅が大きく、お買い得な価格で販売されています。


目次に戻る

 

ランディ

suzuki_landy_2007

(出典: ja.wikipedia.org)


日産のミニバン「セレナ」の兄弟車です。ファミリー向けの5ナンバーサイズの扱いやすいミニバンです。

コンパクトサイズではありますが、背が高く、大人6人が乗れるぐらいの広い室内空間があります

セレナは売れ筋のクルマですが、OEM車であるランディは知名度が低めですので、ミニバンの中では値下がり幅が大きく、お買い得プライスとなっています。

中身自体はセレナで信頼性のあるクルマですので、中古車として長く乗りやすいのも◎ですね。


目次に戻る

 

ソリオ

suzuki_solio_2013_01

(出典: ja.wikipedia.org, photo by CEFICEFI)

  • 年式:2011年1月~2015年7月
  • 新車価格:138~206万円
  • 中古車平均価格:108万円
  • JC08モード燃費(km/L):18.0~25.4
  • カタログデータ / 中古車一覧

ファミリーに人気のある、背の高いハイトワゴンタイプのコンパクトカーです。

全幅1.62メートル、全長3.71メートルのコンパクトで運転しやすいサイズですが、室内空間が広くて開放感があります。

後部スライドドアが両側にあり、インテリアの収納スペースが豊富にあります。

どちらかといえば高速走行は不得手であり、子供のお迎えから日頃の買い物など、街乗りでの使い勝手に特化したファミリーカーです。


目次に戻る

 

エスクード

suzuki_escudo_x-adoventure_salomon_tda4-6_0101

(出典: ja.wikipedia.org, photo by DY5W-sport)

  • 年式:2005年5月~2015年9月
  • 新車価格:176~273万円
  • 中古車平均価格:105万円
  • JC08モード燃費(km/L):9.6~10.6
  • カタログデータ / 中古車一覧

スズキのロングセラーのSUVです。2015年10月にフルモデルチェンジされたことにより、先代の2005年~のモデルは平均100万円近くまで値下がりしています。

先代モデルとはいっても、デザイン賞を取るほどエクステリアのセンスが良く、古さを感じないところが◎です。

2005年~のモデルは本格的な4WDのみですので、雪道や悪天候時においても安定感抜群の走りを楽しむことができます。

全幅1.81メートル、全長が最長4.3メートルのサイズは、街乗りから遠出まで快適にこなせるバランスタイプといえます。

後部座席も広々としていて、後列シートを倒せばフルフラットにでき、広大なラゲッジスペースを確保できます。

初期モデルは100万円を軽く切る価格帯まで値下がりしています。


目次に戻る

 

セルボ

2007_suzuki_cervo_01

(出典: ja.wikipedia.org)

  • 年式:2006年11月~2011年1月
  • 新車価格:99~159万円
  • 中古車平均価格:41万円
  • JC08モード燃費(km/L):19.0~20.2
  • カタログデータ / 中古車一覧

セルボは、デザインセンスの優れたスポーティ感のある軽自動車です。

スマートなルックスで、全幅1.47メートル、全長約3.4メートルの小柄なボディのクルマです。

4速ATのモデル以外にも、7速マニュアルモード付CVTが搭載された、直噴ターボの「SR」もあります。

既に生産が終了したクルマですが、中古車の在庫は豊富にあります。


目次に戻る

 

キザシ

suzuki_kizashi

(出典: ja.wikipedia.org, photo by CEFICEFI)

  • 年式:2009年10月~2015年12月
  • 新車価格:278~308万円
  • 中古車平均価格:163万円
  • 10・15モード燃費(km/L):11.4~12.6
  • カタログデータ / 中古車一覧

キザシは、3ナンバーサイズのレアなセダンです。

エクステリアはスポーティ、インテリアは本革シート・ステアリングなど上質感にもこだわったつくりになっています。

全幅1.82メートル、全長4.65メートル、全高1.48メートルのサイズでゆったりした室内空間になっています。

最小回転半径は5.5メートルでやや大回りなかわりに、直進安定性を重視したつくりになっています。

希少なクルマで覆面パトカーとしても利用されています。


目次に戻る

 

スプラッシュ

2007_Suzuki_Splash_01

(出典: ja.wikipedia.org)


スプラッシュはスイフトの兄弟車であり、欧州仕様で足回りが抜群に良く、高速走行を利用した遠出もそつなくこなせるコンパクトカーです。

クラスを超えた重厚感があり、地に足が付いた安心感のあるドライブを楽しむことができます。

スイフト同様に後部座席はあまり広くありませんが、トランクスペースは開口が広くて使いやすくなっています。

知名度の高いコンパクトカーの陰に隠れている分、お買い得なプライスで購入することができます。

ご参考:定番は外したいけど派手すぎはちょっと……そんなあなたにオススメするスズキ スプラッシュ


目次に戻る

 

以上になります。皆さまに良いクルマが見つかることを願っております。

以下の記事も人気があります。

この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。



車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の売却 ・ 買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、「車の買い替えを検討されている方へ」をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆最近の関連記事☆

トップページに移動

最近のおすすめ記事


以下の記事もよく読まれています(今週のトップ15)


icon-medal-1-16 低予算で買える不人気中古車 35選~2017年版~


icon-medal-2-16 国産車・輸入車の0-100km/h加速 etc.!


icon-medal-3-16 高級車の人気ランキング 2017 ~国産車&輸入車~


スポーツカーの人気ランキング 30選 ~価格帯別~


おすすめ人気SUV 2017 ~ 国産車&輸入車~


おすすめ人気コンパクトカー 2017 ~国産車&輸入車~


抜群に速い国産車・輸入車ランキング 2017


抜群に速いコンパクトカーを一挙公開!ホットハッチの底力とは?


100万円以下のおすすめ中古セダン・クーペ 2017


0-100km/h 加速の世界ランキング TOP10+α


国産スポーツカーの加速性能をまとめてチェック!0-100 ランキング TOP18


2017年度のおすすめの車はコレ!~価格帯別~


おすすめ人気ミニバン 2017 ~ 国産車&輸入車~


国産スポーツセダンの評価ランキング 2017


レクサスのクルマはどれぐらい速い?全車種の加速ランキングを一挙公開!


車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。また、研究で培ったデータ分析ノウハウを活用して、なるべく偏りがなく、信頼できるデータを利用しています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.7.27 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ