BMW 320i の試乗レポートとレクサスISとの比較

BMW試乗

100万円~200万円で程度の良さそうなBMW 320iが買えるようになってきましたね。本記事では、BMW中古認車(BMW Premium Selection)のBMW 320i Mスポーツを試乗してきたときのインプレッションを述べたいと思います。

また、せっかくですので、レクサスISとの比較についても述べたいと思います。

 

Pocket
LINEで送る

試乗

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=byHFdfuEFrY

※動画では、当時のBMW初心者の私が感じたことを述べております。

 

今回訪れたのは、石川県野々市市にある「ISHIKAWA BMW Premium Selection 金沢」です。

当日は、BMW Z4がお目当てで訪ねたのですが、あいにくZ4の展示車は売れたところでした。

しかし、幸いにも、本ブログの記事でも紹介しているBMW320i Mスポーツの展示車が置いてありました。

ディーラーに訪ねる際は、お目当ての車が売れてしまっていたり、別のディーラーの元にあるケースがありますので、電話であらかじめ予約を取ったほうが良いですね。

 

さて、ディーラーに到着すると、ディーラーの気さくな方からいろいろとBMWについて教えていただきました。

私は正直なところ、BMWについては知識がほとんど無かったため、「おー」と思えることが多かったです。

興味深かったのは、BMWのディーラーに訪れる人のうち、約7割は車のことをほとんど知らない人だということです。

 

当日は試乗予約もしていなかったので、試乗できるとは思っていなかったのですが、ありがたいことに「試乗してみますか?」と誘われました。

当然ながらYESとお答えしました。BMWといえば「駆け抜ける歓び」が魅力ポイントであって、やっぱり運転してみないと、ということですね。

試乗の準備をしていただいている間に、アンケート用紙(住所・氏名・希望車種など)に記入しておきました。

BMW試乗説明

今回試乗したのは、上の画像のBMW320i Mスポーツ(2010年式)です。比較的小柄ながらもBMW独特の迫力があります。BMWシリーズは、年式関係なくルックスが統一されているところが良いですよね。
 

お話を伺っていると、車を購入される方の7割がローンとおっしゃっていました。最近のBMWは故障が少なくなったことや、BMWの認定中古車が100項目以上の整備を受けており信頼性も高いことから、昔と比べて維持が容易になってきているとのことでした。

 

BMW320iは2リッターのエンジン積んでおり、車両重量は1450kgと決して軽くありません。ですが、低速からのトルクが太く、加速感がとても心地よかったです。

停止状態から時速96.6キロまでの加速タイムは7秒台(最新モデルの320i(セダン)で6.6秒という記録も!)です。

個人的には6気筒エンジンの方が好みですが、街中でストレスなく走れる加速力と、燃費効率、そして6気筒モデルと比べて鼻先の軽さでアドバンテージがありますので、お好みで選ばれるのが良いと思います。

試乗ではこの車の性能を発揮できませんでしたが、また乗ってみたくなる何かがありますね。試乗車にはパドルシフトが付いていなかったので、今度はパドルシフト付きのモデルに試乗してみたいと思います。

また、もう少しパワフルなエンジンを積んだモデルにも乗って、乗り比べてみたいと思います。

 

レクサスISとの比較

BMW320iは、レクサスISと比べてどうなのか気になっている方がいると思います。私は普段レクサスIS350(2006年式)に乗っていますので、30分程度の試乗時間ではありますが、気づいた点についてご説明いたします。

※試乗では、普段のコースとは異なり、特別に長めに時間を取っていただきました。

 

評価の際には、なるべく両方の車の良いところに着目いたします。主観評価になる点についてはご了承願います。

まず、発進加速やハンドル操作性については、レクサスISよりもBMW320iのほうが洗練されている感じがしました。

BMW320iは、車の中にいながら路面状況がダイレクトに伝わってくるため、臨場感(車を操作している感じ)が優れているように思います。

その点、レクサスISはコンフォートよりになっていたり、よくわからない電子制御が介入することがあり、車を運転している感が薄いように思います。

その代わり、レクサスISは運転していて安心感が抜群に高いです(つまり、落ち着いて運転できます)。

 

足回りについては、レクサスISの足回りは硬めに設定されているのですが、BMW320i Mスポーツの足はあきらかにかたいです。

溝を乗り越えたときの突き上げには驚きました。でもその分躍動感があり、不快な感じではなかったです。

ただし、ハンドルが大きく取られてしまうことが多々あったため、荒れた路面のある道路上では路面状況に常に気を配る必要があり、これははっきりいって欠点だと思います。

ちなみにBMWでは「ハンドルは両手で回すもの」だと定められているそうですが、最近のBMWは日本に合わせてハンドルも軽くなってきているとのことです。

 

内装や塗装のクオリティについては、やはりレクサスISのほうが優れています。レクサスISは、細部まで美しいところがポイントです。

私は2006年式のIS350 version Lを所持していますが、正直なところ、BMW320iの内装を見たときはかなり質素な感じがしました。

※BMWは5シリーズからラグジュアリー度が大幅にアップします。

 

Pocket
LINEで送る

まとめ

 

以上より、レクサスISとBMW320iの違いがはっきりしてきましたね。

レクサスISは、普段は落ち着いて運転したいけれど、スポーツ走行も楽しみたい人に向いていると思います。内装の質感や塗装のクオリティは◎。

BMW320iは、普段乗りで整備された路面を走行する場合や、休日のドライブで本格的なスポーツ走行を楽しみたい人向けだと思います。

またBMW 3シリーズは、メルセデス・ベンツCクラスやアウディA3などの競合車と比較すると、後部座席は広めでファミリー向けのつくりになっています。

レクサスとBMWは何かと比較されがちですが、方向性が違いますよね。私はどちらも気に入っています。

 

本記事が皆様の参考になりましたら幸いです。

 

BMWやレクサスの車の走行性能について興味がございましたら、以下の記事も参考になるかと思います。

レクサス車とライバル車(BMW等)の性能を一挙公開&比較 2015!

 

BMW 320i の中古車はカーセンサーNETのこちらのページからチェックできます。認定中古車も含まれますので、お好みの一台を見つけられるかと思います。

ちなみに『これだ!』と思うような理想的な車が見つかった場合、早めに問合せをされた方が良いです。カーセンサーNETは最大手なのでチェックする人が非常に多く、本当に良い車には問合せが殺到します。

私が一昨年に購入した中古車は、カーセンサーNET経由で見つけたのですが、同時に十件近く問合せがあり、即決したおかげで購入できました。※逆に何かしっくりこない場合には、早まらないほうが良いです。


この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

Pocket
LINEで送る


車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、こちら(本ブログ記事)をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆関連記事☆

トップページに移動

最新記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.11.1 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ