高級セダン・クーペを中古で購入・維持するときの注意事項

中古の高級セダンは値落ちが大きく、新車時の10%の値段で購入できることも珍しくありません。中古市場では、車の価格は買い手の需要で決まるため、人気は無いけれど、状態が良くお手頃価格の車が見つかることがあります。

中古で車を購入する方は、たいていの場合なるべく維持費を抑えたいですよね。そのため、維持費が安く済む車は人気が高く、維持費が高くなるかもしれない車は値落ち額が大きいです。

本ブログの管理人のおすすめとしては、故障のリスクを考慮した上で車体価格がお買い得になっている程度の良い車を購入することです。車の維持については、工夫次第でかなり安く済ませることもできます。

車の維持費はどこまで節約できる?(使用車:レクサスIS350)

 

購入時の注意事項

中古の高級車を維持できる年収の目安は、維持費以外にも、故障率が大きくかかわってきます。たとえば中古車の場合は、国産車か輸入車で維持費が大きく変わってきます。

国産車の中古車は故障率するリスクが比較的小さいので、メンテナンスさえしっかりされていた車であれば、維持費もあまり高く付かないことが予想されます。

一方、低年式の輸入車はある程度故障するぐらいで気構えているのが良くて、数十万円程度の修理代を用意しておくと気が楽です。

中古の高級車(外車・輸入車)はお買い得なのか?

また車を購入するときには、長年放置されていた車よりも、少し前までオーナーが乗っていたような車の方が良いです。

というのも、車は動かさないよりも、ある程度定期的に動かしているほうが長持ちするためです。人が体を動かしていたほうが健康なのと同じですね。
 


この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

Pocket
LINEで送る


車の購入・維持などでお悩みの方は、「車の購入費&維持費は、年収で決めない方が良い理由」もぜひご一読ください。

また、車の買い替えを検討されている方であれば、リクルートが運営している『カーセンサーの一括査定』が一押しです!詳しくは、こちら(本ブログ記事)をご覧ください。

たとえ低年式の車や事故歴ありの車であっても、下取りよりも数十万円も高く売れることがありますので、まだチャンスがあります!


☆関連記事☆

トップページに移動

最新記事


以下の記事もよく読まれています (今週のトップ15)

車種別のオススメのクルマ

SUV | コンパクトカー |
ミニバン | 軽自動車 | ハイブリッドカー | オープンカー


本ブログにお越しいただきありがとうございます。本ブログでは、ブログ管理人がさまざまなタイプのクルマに試乗したときの体験を踏まえて、毎日がより楽しくなるようなワクワクする車を中心にご紹介しています。特に、車選びが初めての方であっても、車の魅力が伝わるように『どのように工夫したらよいのか』を常々考えています。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!

自己紹介ページはこちらです



2016.12.3 by Dr. Poni


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ